Lunch in Omote Sando|表参道で哲学をしてみる

こんにちは(^^
世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です。
今日はちょっと長くなっちゃったよ〜(^^;

I had a pleasure of visiting an exquisite Japanese restaurant with a good acquaintance of mine the other day. Although it was on Omotesando Street and the entrance was wide open, it was somewhat hidden and hard to notice that there was a restaurant. It reminded me of a gallery or a private museum than a restaurant. 先日、よくしていただいている知人と素敵な和食レストランへ行ってきました。表参道沿いにあって入り口も大きく開いているのに、ちょっと隠れ家的でそこにレストランがあるとはわからない入り口。レストランと言うより、ギャラリーや私立の美術館のようでした。

店内はこんな感じ
お店からの眺め♪

During the meal, we got to talk about architectures, designs, businesses, creation processes etc. in relationship with the difference between Japan and the west. Then, the topic shifted to perspectives. Western architecture has the center of focus with a perspective and often symmetry, whereas Japanese architecture tends to have a asymmetry design and the center of focus, if any, is somewhat off balance. Western paintings has a clear perspective which is the foundation of western art, yet Japanese picture scrolls seem to continue forever without one specific perspective.  お食事の間、日本と西洋の文化の差に絡めて建築やデザイン、ビジネス、創造のプロセスの話などをしていて、視点の話に。西洋建築では視点と焦点がはっきりしていて左右対称なのに対し、日本の建築は非対称でもし焦点があったとしても微妙にずらしてある。西洋絵画も明確な視点がありそれが美術の基礎になっているのだけれども、日本の絵巻物などを見ると特定の視点があるわけでもなく永遠と続くように見える。

Then I realized. Languages too. In western languages, it is necessary to say the subjects such as “I” or “you.” Even if it is ambiguous, we still use “it” or “one.” On the contrary Japanese does not use subjects in most cases as they are understood by the context, or so explained in grammar books. These subjects are the perspectives. そこまで聞いて思ったのですね。言語も同じだと。西洋の言語では「I」や「you」などの主語を必ず述べなければいけなくて、曖昧な時ですら「it」や「one」を使って、とりあえずでも主語を置きます。一方、日本語は多くの場合主語を言わないのです。これは文脈から理解されるから。そう文法書には説明がなされています。この主語が視点そのものなんですね。

Now I question. Is it really that we Japanese imply subjects which are understood in the context or we simply don’t use them? In the metaphysical field, we often say that there is no “I” nor “you,” and the other person as well as the whole world are a mere reflection of you; they are you in essence. If Japanese language manages to capture and express the essence of the state of this universe, isn’t it an amazing language we have? ここまで考えて思いました。日本語って、本当に文脈から理解されうる主語が示唆されているのか、それとも主語そのものがないのででは?形而上学の世界では、「私」も「あなた」も実は存在していなくて、相手の人やそれこそこの世界そのものは単に私たち個人の投影なんだと。つまり、周りにいる人たちはみんな私なんですね。もし、日本語という言語、この宇宙の状態の本質を見事に捉えて表現している言語だとしたら、ものすごい言語を私たちは日々使っているのではないでしょうか。

“Je pense donc je suis.” (I think, therefore I am.) is the word by Descartes in French and of course it has “je, I.” It seems it only talks about Descartes himself, but what if this were to be in Japanese without any subjects. Does that mean “the universe thinks, therefore it exists?” 「我思う、故に我あり」とはデカルトの言葉で、もちろんフランス語では「我」に相当する「je」英語では「I」が使われています。この文は一見デカルト自身について話しているように見えますが、もしこれが日本語で書かれた文章で、主語がなかったら?「宇宙は考えて、故に存在する」に成るのかしら?

****************
pleasure:喜び
exquisite:素敵な、素晴らしい
acquaintance:知人
although…:〜にもかかわらず
somewhat:いくらか
hidden:隠れている
notice:気がつく
reminded me of…:〜を思い起こさせる

during…:〜中
meal:食事
got to talk about…:〜の話になった
architectures:建築
creation processes:創造のプロセス
in relationship with…:〜にからめて
shifted to…:〜に方向性がシフトした
perspectives:視点
the center of focus:焦点
symmetry / asymmetry:対象、非対称
Whereas…:〜である一方
tends to…:〜の傾向がある
somewhat off balance:いくらかバランズが外してある
paintings:絵画
foundation:基礎
yet:しかし、一方
Japanese picture scrolls:日本の絵巻物
seem to…:〜のようだ
continue :続く
forever:永遠に
without one specific perspective:一つの特定の視点

it is necessary to:〜する必要がある
subjects:主語
such as:〜のような(例をあげる時に使います)
even if:〜だとしても
ambiguous:曖昧
still:それでもまだ
on the contrary:反対に
in most cases:ほとんどの場合
as:〜なので
context:文脈
explained:説明される

I question:疑問を持つ。
Is it really that:本当に〜なの?
imply:示唆する
metaphysical field:形而上学の分野では
as well as:〜と同様に
the whole world:この世界すべて
a mere reflection:mereは単なる、単なる投影
in essence:本質は
manages to:なんとかして〜する
capture:つかむ
express:表現する
state:状態

therefore:ゆえに
seems:〜のように見える
Descartes himself:デカルテ自身
what if:もし〜だったらどうなんだろう?
universe:宇宙
exists:存在する

花冷えと言語と世界観

こんにちは!
世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です(^^

東京で桜の開花宣言があったと思ったら、真冬のような季節に戻り(^^;
行きつけの大好きなレストランのオーナーさんと
昨晩お話をしていたら、
「こういう天気をね、花冷えっていうんだよね。
本当に日本語はよくできているよ」
と教えてくださいました。

毎日の中の一つ一つの小さな事象に名前をつけて、
それを愛でる文化ってやっぱり素敵だなぁ。
日本人であるという幸せを噛み締めたひと時でした。

言語って、文化と切っても切れないものがあるのです。
だって、世界の一部を切り取って、そこに名前をつける。
それが言葉になり、その組み合わせで言語ができていく。

言葉では到底表現できないようなこの世界を
なんとた伝えようと、ありとあらゆる表現や言語ができてくる。

その中で、世界のどこをどう切り取るのか、
そしてそれにどんな名前をつけるのか、
その一つ一つに、その言葉を話している人が
どのようにモノを見て、感じているのかが
滲み出してしまうのですね。

桜が咲いて、そしてそのあとすぐ冷え込んでという、
時期もタイミングも本当に短いこの瞬間を切り取って
そこに「花冷え」という名前をつけた日本人の感性。
素敵だなと思います。

最近、とみに思うこと。
私は英語が好きというより、コミュニケーションが好き。
人とお話をすることが好きなんです。

私たち同じ世界に住んでいるように見えて、
実は一人一人違う世界観を持っているんですよね。
人が違えば、モノの見方が違い、見ている世界と
究極のところ生きている世界が変わってくるのです。

人と話すことの何が面白いのかって、
話をすることで、その人の世界観が見えてくる。

そしてその方の世界を垣間見させていただくことで、
私の見ている世界がより多面的になってくると思うのです。
面白いなぁ。いいなぁ、言語。

やっぱり英語大好きだ♪

Have a good day!
Aiko

空中に英文を書かないで〜!(笑)

こんにちは、世界を旅するコミュニケーター・英語コーチの藍子です。

昨日と一昨日の、「英語は身体感覚である」投稿で、
英語を話す時の時差をいかに短くするかというお話をしました。

時差を短くするという点で、もう一つ。

【英語を話す時に、空中に英文を書いて読み上げないで!!!】

これ、一瞬面白く聞こえるのですが、
よくよく考えると、結構みなさんやっているんです(笑)
あなたもやっていませんか?
ほら、思い当たるでしょう?(笑)

向かいから見ていてわかるんです。

だって、目が右から左へ動いて、途中で止まったり
後戻りしたりするんです(笑)

してませんか?してるでしょ?(笑)

では、今日はそれを解消しましょうね(^^

もちろん、このブログ読むだけでOKですよ。

ちなみに解消する前に一つ質問!
みなさん、日本語話す時に縦書きのセリフを読むように
上から下へ目を動かしながら読みますか?

そもそも、自分が話したい日本文を空中に空文字(?)で書いて
それを記憶しつつ、透明文字を読み上げながら話すという、
かなり大変な作業していますか?

していないでしょ?
大変そうでしょ?
結構労力とか気力とかいると思うんですよ(笑)

だから、英語で話す時も空中に英文を書いて読むという
大変なことをしないようにしましょう(^^b

ではどうすればいいのかって?

簡単。

言いたいことを、そのまま一つ一つ言葉にして
話ようにしましょう。

自分のことを話すのであれば「I」
相手のことであれば「you」から。

その次に動作を表す動詞が入るので、
「have」でも「go」でも「get」でもなんでも。

一つ一つ思ったことを言葉に出して、
言葉に忘れたら忘れてしまっていいのです。

空中に書きつつ、記憶にとどめつつ、空文字を読み上げるという
スーパーミラクルな技なんてやらなくても英語は話せます。

いやぁ、しかし、そんな話し方を教えた日本の英語教育は、
いろいろな意味ですごいです(笑)
もちろん意図していたわけではないのでね。
誰もなにも悪くはないのですよ(^^;

ほんと、みなさんすごい英語の話し方にチャレンジしてるけど
その空中に書いて読み上げる方法はそろそろ卒業しませんか。

英語を話すということは思ったことを言葉にして表現するということ。
コツを掴めば、全然難しくないんですよ(^^

ただ、これは私の内的感覚なので、わかりずらいかな〜
感覚ってうまく言葉で説明するのが難しい(^^;
対面ならうまくお伝えできるんだけれども、、、
次回はもっとちゃんと説明できるように頑張ります!

もし体験して見たければ、無料体験レッスン受けてみてくださいね♪
藍子の英語レッスン

それではまた!
See you next week. 🙂
藍子

InterNations Official Event♪|インターネイションズに参加してきました〜♪

こんにちは!世界を旅するコミュニケーター・英語コーチの藍子です。
いよいよ暖かくなってきましたね〜

img_4128

Living in Tokyo, I appreciate an environment where English is spoken at a normal speed as it is quite challenging to keep up and brush up on my English communication skills. Yesterday was an InterNations’ official event night. Through this community, I made a lot of acquaintances and friends Japanese and otherwise. I enjoy their global mindsets; ideas and philosophies sprung from their life experiences; various occupations and backgrounds which I would not even begin to imagine of; and broader perspectives of life in general. For those whom I met, it was nice meeting you! If you haven’t been and want to go, come along next time!

先日、インターネイションズの定例会に参加してきました(^^

インターネイションズとは東京に住むexpats (expatriates) のコミュニティ。Expatとは、自国ではない場所で暮らしている人たちのことを指します。仕事や移住などで異文化に住む人たちが集えるインターネイションズは実は世界の大都市に支部があり、東京もそのうちのひとつ。毎週、大きなイベントから小さなイベントまでたくさんの集まりが開催され、人々が仲良くなったり、ビジネスをしたり、人脈を広げたり、友達作ったりしています(^^

この前は定例会。月に数回、木曜日の夜に開催されるイベントで、今回は200人以上の方が集まりました〜♪

定例会といっても、別に挨拶があるわけでもなんでもなく、適当に人がバラバラ集まってきて、各々好きな飲み物を買い、その場に居合わせた人と話す〜と言うだけの気楽な会。何回か行くと、前話したことがある人にまた出会ったりして、知人友人が増えていきます。

パーティーとも言えるのですが、20代の若者のパーティーと言うより、30〜40代が中心の落ち着いた大人の雰囲気。なので、お酒は入っていてもベロベロに酔ってしまう人もいないし、ダンスもしないし、立って気ままに好きな話をする大人の会です。

また皆さん、大企業や大使館などで働かれている方も多く、きちんとしたお仕事についていらっしゃるので、学生中心のパーティーとは一線を画しています。仕事も、出身国や住んだことある街も、経験も本当に十人十色。見ている世界が広い人たちなので話していて面白いです。

今回は、誰か一緒に行きませんか〜?というお誘いに乗ってくださったAquira氏もご一緒に。Aquira氏は写真家さんです。よくこうして、友人やクライエントさんなど「参加してみたいけど一人ではちょっと(^^;)」という方をお連れしています。どなたかご一緒したい方いらっしゃいますか?

私と一緒に行動していただいてもOK。一度中に入ったら、自由に歩き回ってみるのもOK。「一人の人には声をかけましょう」というのがインターネイションズのポリシーなので、私から離れてもいろいろな人が声をかけてくれますよ(^^

言語は?基本英語です!なので英会話中級〜上級者で、英語の会話ができる方。日本人の方もいらっしゃって、留学経験がある方や、外資系企業で働いている方、海外生活の長かった方などが多いです。

もし、挑戦してみたい♪と言うのであれば、メールかFBメッセージでお声がけくださいね。次回は3月第4、5週の木曜日(^^; 日程が出るのが遅いのです〜 決まったらニュースレターやブログで告知しますので是非チェックしてくださいね。

ニュースレター(週1回月曜配信)
http://www.univasteducation.com/newsletter.html

ブログ告知ページ
https://blog.univasteducation.com/category/お知らせ/

******************
Living in Tokyo,:東京に住んでいるので(Because I live inの省略形です)
appreciate:感謝する、価値を感じる
environment:環境
where:(疑問文でないばあいにつかうwhereはどんな場所かの説明がそのあとに続きます。あえて訳すとしたら「where」のある場所に「どんなところかというと」と付け足すと訳しやすいです)
quite challenging:結構難しい(「difficult」はやる気がそげてしまう感じの「難しい」、「challenging」は「挑戦しがいのある」というポジティブな印象の残る「難しい」)
keep up:レベルを高い状態のまま保つ
brush up:さらに磨きをかける
official:公式
through:〜を通して(「ドライブスルー」の「スルー」です!「through this community」で「このコミュニティを通じて」)
acquaintance:知人
Japanese and otherwise:日本人の方もそうじゃない方も
global mindset:国際的な思考、考え方
idea:考え方、理想
philosophy:見解、人生観
sprung from:spring(湧く)という単語過去分詞形、「〜から湧いて出る」(「春」も「芽吹く」から「湧く」なのかなぁ。「湧き水」は「spring water」、「温泉」は「hot spring」です)
life experience:人生経験
various:様々な(「バラエティー番組」の「variety」の仲間です)
occupation:職業(簡単な単語は「job」ですね)
background:背景(この言葉は、教育、職業、民族、文化などその方の生い立ち全てを背景として捉えた広い意味です)
which:(疑問文じゃないのにwhichが文の真ん中に入っている時は、そのあとに詳しい説明がついています)
I would not even begin to imagine of:私が想像し始めることすらできないような(「would」には「もし想像しようとしても」という意味が含まれています)
broader perspective:より広い視野
life in general:人生全般において
those whom I met:私があった方々(「those who(m)…」で「〜な人々」という意味です)
it was nice meeting you:お会いできてよかったです!(「Nice to meet you.」を過去形で使ってみました(^^)
haven’t been:まだ行ったことがない
come along:一緒に来る

Have a good day! Thanks for reading. 🙂
Aiko

英語を話す時も「あなた」なんですよ(^^

こんにちは!
世界を旅するコミュニケーター・英語コーチの藍子です。

先日、ある方と英語にまつわる面白いお話をさせていただいたので
そのお話を共有させていただきますね。

それは、
英語を話すときもあなた自身なんですよ
ということ。

その方、英語が苦手でとおっしゃっていたのですが、
お話しているうちにこうおっしゃったのです。

「私あまり自分の話とかする方ではなく、
普段どちらかというと聞き手に回る方なのです。
だから自己主張とかする英語が苦手で」

おお?と私ピンときました。

確かに「英語話すときは、自己主張しなければ!」みたいな
イメージありますよね。

でもね、基本的には、
何語を話していても、あなたは変わらないんですよ(^^
ということ。

英語はあくまでも言語です。
言語というのは、個性でもキャラクターでもなく
あなたを表現するためのもの。

もちろん英語の文化と日本語の文化に差もありますし、
コミュニケーションの取り方にも差はあります。

でも、あなたは何語を話していてもあなたなんです。

だから、私はご提案させていただきました(^^
あなたが普段聞き手に回っているのなら、
それと同じことを英語でできるようにすればいいんですよ♪

相手の話を聞き出したり、
うまく質問をするテクニックを身につけたり、
相槌の打ち方を学んだり、ときに相手の言っていることが
聞き取れないときに聞き返す方法を身につけたり。

そうすれば、英語でのコミュニケーションも、
「あなたの」コミュニケーションになる。
そしたら、英語で話すのも楽しくなるでしょう?

きっと、英語が苦手と思っていたのは、
もしかしたらあなたらしくないコミュニケーションを
教わったのかな?見聞きしたのかな?

でも心配は無用です(^^
あなたには、あなたのコミュニケーション方法があって、
それを英語にするのも十分に可能です(^^
ちゃんとその方法をお伝えします。

私は普段日本語でお話するときの感じや雰囲気から、
あなたらしさを感じ取り、そしてそれを英語にして伝えられるよう、
レッスンを組んでいます。

英語の文法や単語は、もちろん変わらないけれど、
その組み合わせで、話し方や、話す内容、
コミュニケーションの取り方はいくらでも変わる。

自分の言葉を英語にして話せるように、
あなたらしさの表れる英語が話せるように、
そんな英語をレッスンではお伝えしています。
藍子の英語プライベートレッスン

みんなに気持ちよく、英語を自分の言葉として
話してもらえたら嬉しいな。

藍子

英語は身体感覚である その2

こんにちは!
世界を旅するコミュニケーター・英語コーチ、藍子です。

今日は昨日の「英語は身体感覚である その1」の続きのお話をします。
まだの昨日のブログまだ見ていないという方は、ぜひ見てみてくださいね!
英語は身体感覚である その1

さて、
英語話す時の時間差を無くしたい。
スラスラ出てくるようにしたい。
にお答えします。

英語の単語にも文にも全てに身体感覚や概念がくっついています。
一体どんな話かわからなかったら、
訳語である日本語のイメージを思い出してください。

例えば「information」という身体感覚と言われると難しいですが、
日本語で「情報」に関する記憶やイメージ、概念はいくらでもわきますよね。
それを思い浮かべて、それに「information」というラベルを
【直接】付けて欲しいのです!

どうやってつけるの?

簡単、思い浮かべて「information!」と思ってください。

それだけ?
はい、それだけです。

2日分もブログ書いてそれだけ?と、怒らないでくださいね(笑)

これは自分が考えていることや感じていることを
そのまま英語で話すという方法です。

慣れるだけですぐできるようになります。

今年1月にトライアル受けて1ヶ月くらいの方々も、
すでにどんどん話せるようになっています。

「全然話せないんです」と心配して、
日本語が話せる私を講師に選んでくださった皆様も、
毎日様々なことについて英語で語って笑って、
会話を英語で楽しんでくださっています。

【感じてそのまま英語にして話す】

そのために概念を思い浮かべてそこに英語をくっつける。
ぜひ試してみてしてくださいね。

それではまた明日。
Thanks for reading!
藍子

 

英語は身体感覚である その1

こんにちは(^^
世界を旅するコミュニケーター・英語コーチの藍子です。

暖かくなってきましたね。
いかがお過ごしですか?

今日は英語は身体感覚であるというお話を。

英語がなかなか話せない、
または言いたいことを日本語で考えて、
英語にするのに時差がある〜(><)
という方いらっしゃいませんか?

そんな方に役立つお話になるかなと思っています。

ちょっと自分が何か物を食べているとこを想像してみてください。
「私は食べます」と言う日本の文を言った時に、
体の感覚として思い出せることや、
思い出せる場面があると思うんです。

その体の感覚として思い起こせること、
シーンとして容易に想像できる部分を「身体感覚」としてくださいね。

その身体感覚に「私は」「食べます」という二つの「言葉」が
ラベルとしてついているのですね。

私はここ最近、英語を話そうとしている生徒さんを見ていて、
気がついたことがあるんです。

言いたいことが閃いてから、英語にして口に出すのに
時間がかかってしまう人と、比較的早く単語や文が出てくる人の差です。

私の落書きのようなイラストで申し訳ないのですが(^^;
ちょっとこれを見てみてください。
img_4033

この図は、「私」と「食べます」という身体感覚が
概念的に映像としてあなたの頭の中にあります。

そして、その二つを表す日本語の単語、「私」と「食べます」が
それに結びつけられているのですね。

さて、英語を話すのに時間がかかる人。
「I eat.」がさらっと出てこない人は、
この「私」という日本語単語に「I」という英単語が
「食べます」という単語に「eat」という単語が
ひも付けられています。

イメージで言うとこんな感じ。
img_4032

そりゃ、学校でそう習ったからね。
辞書にもそう書いてあるし。

そうなんです。そうなんです。でもね、本来あるべき姿はこちらなんです。
下の図を見てください。
img_4031

そう、「私」という日本語の単語にではなくて、
「私」というイメージや概念そのものに
「I」という単語が付いているべきなんです!

そして「食べます」の「eat」もそう。
日本語単語ではなくて、「食べる」という動作を思い浮かべて、
それを表す言葉として「eat」を関連付けて欲しいのです。

なぜかというと、言語って、そもそも訳語を表す言葉ではなくて、
それぞれの単語の裏に意味=概念があるのです。
その概念について話したいなと思った時に、
その単語が出るように、その概念と単語を頭の中で結びつけて欲しいのです。

そしてその概念こそが、身体感覚なのです。

「私」を思い浮かべてから、
それを「私」という日本語の単語に置き換えて、
それを「I」という単語に訳すから
英語で話すのが遅くなるのです。

そうではなくて、「わたし〜」と思う感覚を思い浮かべて、
その瞬間に「I」と思う!

食べている図を想像する => 食べます => eat

ではなくて

食べている図を想像する => eat

と思う。

そうすると、英語を話すスピードが格段に上がっていきます。
口調が早くなるのではなく、発話が早くなります。
思ったことが素直に英語で出てくるようになります。

えええ〜!?
一体それはどういうこと!?

もう少し続きがあるのですが、
ちょっと長くなってしまったので、また明日♪

Bye!
Aiko