【Thoughts about Hugs |ハグについて考えた】

こんにちは!世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です♪

In Japanese culture, greetings are easy. We bow or wave with smiles. No biggie. When one culture meets the other, it is a little more complicated. 日本文化なら挨拶はシンプル。お辞儀をするか、笑顔で手を振するかで、そんなに複雑にはならないですよね。しかし、二つの文化が混じったとき、もう少し複雑になってくるのです。

こんなお昼食べながら考えてみた(^^

Although I got used to hugs in Vancouver, it still does have its difficulties. First of all, you don’t know you which side you should tilt your head to. Most of the times, you figure out in the split second and adjust. Sometimes you and the other person start tilting in one direction and then quickly adjusting to the other side together and bang! It is a comedy. バンクーバーで私はハグに慣れたのですが、それでも難しい点がいくつかあるんです。まず、どちらに頭を傾ければいいのかわからない。ほとんどの場合、相手の出方を瞬時に判断して調整するのですが、時々相手と同じ方向に傾けてしまって、お互い慌てて反対方向に傾けて、ごっつんと(^^; コメディーにしかならない(笑)

Then, there is a pressure concern. In Canada, my host families and friends used to give me good heartfelt bear hugs. I remember at my first arrival to Vancouver a little short of two decades ago, my host father gave me a big hug and it was a big culture shock. lol Of course, I got used to it fairly quickly and didn’t have to freeze every time.  それから強さの問題もあります。カナダではホストファミリーも友人も温かみのあるぎゅっとしたハグをしてくれていました。約20年位前、始めてバンクーバーに行った時のホストファザーのむぎゅう!というハグにカルチャーショックを受けたのを覚えています。もちろん、それにもすぐ慣れ、毎回凍らなくても良くなりました。

However, as I got to know Francophones, I realized their hugs were lighter usually with putting hands lightly on the other person’s arms and with cheeks touching possibly with air kisses. These are also common in many parts of Europe, I believe. しかし、フランス系カナダ人と知り合うと、ハグがもっとふわっと軽いことに気づきます。相手の両腕に両手をそっと添え、頬と頬を合わせて、場合によってはエアキス。ヨーロッパの多くの場所ではこんな感じの挨拶が多いかなと思います。

Now kisses; not romantic kisses, greeting kisses, where two cheeks meet. If you are from non kissing/hugging country, nobody actually tells you how to do this, so you need to get used to it by being in the situation (which can be a little surprising) and figuring out what the heck is happening. You don’t actually kiss that much, simply two cheeks meet with or without the sound of a kiss. It is also tricky because there can be one, two or three kisses. You think you finish with two and end up “escaping” from the third. さて、このキス、ロマンチックなキスではなくて、頬と頬を合わせる挨拶のキスです。キスやハグの挨拶がない文化で育った場合、この挨拶キスを習う機会ってなかなかないのです。なので、そんな状況に身を置き(最初はびっくりします(^^;)一体何がどうなっているのか解明しつつ、慣れていくしかないのです。因みにキスといっても、そんなにキスはしません。単に自分の頬を相手の頬に合わせるか、時々キスの音を立てるだけ。難しいのは、キスが片方の頬だけの時もあるし、右左と両方の時もあるし、右左右と3回になることもあるのです。(左右のどちらが先かは、その時と場合によります)そして2回かなと思って身を引いたら、相手からの最後の1回に透かしを食らわせてしまうなんてことも。

Lastly, things get hilariously complicated in Tokyo because people I know are from various backgrounds and have been in various places and we don’t know what to do. I just met a Japanese lady today who lives in Spain, and the greeting was in Japanese with a lighter hug and two kisses. Who knew? With a Japanese person who has lived in the US for few years, we might give each other a bear hug. Sometimes, some Japanese friends give me hugs with arms wrapping but there still is a space in between possibly due to Japanese shyness? That, I consider a Japanese greeting hug. さて、この挨拶事情、東京にいるとめちゃくちゃ複雑になります(^^; 私は様々な文化背景出身の友人知人や、海外の多くの都市に滞在経験がある知人友人が多いのですが、お互い何をどうすればいいのかわからなくなってしまうのです。今日スペイン在住の日本人の友人に会ったのですが、挨拶は日本語で「お久しぶりです〜」といいつつ、ハグと両頬キッス。アメリカに数年住んだことがある別の日本人の友人とは、北米流のぎゅっとハグ。ときどき日本人の友人でハグをしてくれる人の中には、腕を回してのハグなんだけど、でも微妙に体は密着しない・・・のはシャイな日本文化かな?きっと日本式ハグと私は名付けています。

On the contrary, non Japanese people in Tokyo might not hug at all because they are in Japan, aware of our culture and I am Japanese…… 逆に東京にいる外国人の方は、日本に住んでいるし、日本文化の理解があるし、私が日本人なので、ハグがないことも・・・

So the conclusion? We try to assess the situation and act accordingly in the very limited few seconds of the meeting! Don’t you think it is a lot of pressure to get it right?!?! 結局にどうするのかって?出会った瞬間の数秒で瞬時に状況判断し、行動に移すんです!結構大変なプレッシャーだと思うんですけど、どうでしょう???

***********************
greetings:あいさつ
bow:お辞儀する
wave:手を振る
No biggie.:No big deals.の省略形で「大きな問題ではないですね」と言う意味です
one … meets the other:〜がもう一つの〜に出会うと
complicated:複雑な

although:にもかかわらず
got used to…:〜に慣れた
hugs:ハグ
still:それでもまだ
difficulties:難しさ
first of all:まず第一に
should:べき
tilt your head:頭を傾ける
most of the times:ほとんどの場合
figure out:理解する、察する
in the split second:ほんの一瞬で
adjust:調節する
the other person:相手の人
in one direction:一つの方向に
bang:ごつん!

then:それから
there is…:〜があります
pressure:圧力、強さ
concern:懸念。問題
heartfelt :心の通った、温かみのある
bear hugs:ぎゅっとしたハグ
a little short of…:〜弱
two decades:20年、decadeは10年です
big hug:ぎゅっとしたハグ
of course:もちろん
fairly quickly:結構早く
didn’t have to…:〜しなくてよくなった
freeze:固まる

however:しかし
as…:〜につれて
I got to know:知り合う
Francophones:フランス系カナダ人
realized:気がついた
lighter:より軽い
cheeks:頬
possibly…:〜かも
common:よくある

now:さて、
two cheeks meet:二つの頬が出会う、頰と頬がくっつく
nobody :誰も〜しない
actually :実際に
tells you :あなたに教えてくれる
so :だから
surprising:びっくりする
figuring out:解明する
the heck:一体全体
tricky:難しい
end up …:〜ということになる
escaping:逃げる

lastly:そして最後に
hilariously complicated:面白いほど複雑な
various backgrounds:様々な文化背景出身
have been in various places:あちこちに住んだことがある
Who knew?:誰が知っていたの?
give each other a bear hug:お互いをハグする
with arms wrapping:腕を回して
space in between:間に空間がある
due to…:〜のせい
Japanese shyness:日本のシャイさ
consider…:〜と考える

on the contrary:逆に
might not hug at all:全然ハグしないかも
aware of…:〜について知っている

conclusion:結果
assess the situation:状況判断する
act accordingly:それに従って振舞う
seconds:秒

Tower of Babel at Ueno Park|上野公園でバベルの塔を見た♪

今日は!世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です。

この絵です♪

One weekend, I went to see a painting, Tower of Babel by Bruegel, to Ueno Park. It was a gorgeous spring day and the park was filled with people taking walks, meeting with friends, visiting museums and the zoo, picnicking… it was a really peaceful day. とある休日、ブリューゲル作バベルの塔を見に上野公園へ行ってきました。気持ちの良い春の日、散歩をする人、友人と待ち合わせている人、美術館や動物園を訪れる人、ピクニックをする人、そんな人々で上野公園は埋め尽くされていました。とっても平和なのどかな日。

上野公園
東京都美術館♪

Tower of Babel has its story. Once upon a time, people on this planet spoke one common language. Using their ability to communicate fully, they managed to build this enormous tower that was supposed to reach the sky, the heaven. Gods came to see it one day, feared that we were to achieve the goal and destroyed the tower. Also to prevent our further attempt, the gods scattered the people across the planet and made sure we did not share a common language. バベルの塔にはまつわる物語があります。昔々、地球上の人々は一つの共通言語を話していました。十分に意思疎通が図れる能力を生かし、この巨大な塔を建てることに成功、それは空へ、すなわち天国へ届くはずでした。世界の神々がある日その等を見に来たのですが、空へ到達するという目標に手が届きそうなことに恐れを抱き、バベルの塔を倒します。そして、私たちがふたたぶ挑戦するのを防ぐために、神々は人々を地球上のあらゆる場所へバラバラに配置し、共通言語を持たなくしてしまったのだそう。

(Let’s put the religious aspects of this story and the question of if really the gods will do that out of the discussion. 🙂  この物語の宗教的な部分や、本当に神々がそんなことをするかというところは、とりあえず置いておきましょう(^^;)

So, here we are inhabiting this planet speaking numerous languages and we do not share a common language to communicate fully with all. ということで、私たち人類は多言語を使いながらこの地球上に生息し、全人類と十分に意思疎通が図れる共通言語をいまだ持たないまま、現在に至ります。

From the first time I saw this poster in Tokyo, I was very drawn to this painting. I don’t know why. It intrigued me. I didn’t know the story at all but I still thought that I had to see. 東京でこのバベルの塔のポスター初めて見たときから、この絵画にとても惹かれました。なんででしょうね。なぜかとても好奇心をそそられました。この物語は知らなかったのですが、それでも見に行かなくちゃと思ったのです。

So, I went to see. My first impression? It was a lot smaller than I imagined! lol Not so sensational or anything, but it was a nice painting. ということで、見に行ってきました。第一印象?想像したよりちっちゃかったです!(笑)特にセンセーショナルだったわけでもなんでもなく、でも素敵な絵画でした。

Yet, now I imagine what will the world be like if we can fully communicate with anybody on this planet? I know what kind of change people experience when a person starts speaking another language and opens a door to the new world. They get to experience new possibilities in their lives they never imagined they had before. でも、今になって思うのです。もし私たちがこの地球上の誰とでも自由にコミュニケーションがとることができたら、どんな世界になるのでしょうか。たった一人の人がもう一つ言語を習得して、新しい世界への扉を開いたとき、その人たちがどんな変化を経験するのかを私は身を以て知っています。

If every single person on this planet can actually talk to anybody across borders, cultures and language barriers and come to an understanding….. That’s a world I would be thrilled to see. もし、この惑星の、全ての人が、実際に国境を越えて、文化を超えて、言語の壁を超えて話をすることができるようになって、互いを理解することができたら・・・それは私が期待してやまない世界なんじゃないかなと思います。

*********************

one weekend:とある週末(「one」は「ひとつの」ですが「とある」にも使われます)
painting:絵画(「painting」は筆で描いたもの、「drawing」はペンや鉛筆で描いたもの)
Tower of Babel by Bruegel:ブリューゲル作、バベルの塔
gorgeous:ゴージャス(女性などに使われる形容詞ですが、素晴らしい日というときにも使えます)
spring:春
was filled with…:〜で一杯になっていた、〜で満たされていた
take a walk:散歩をする
museum :美術館
zoo:動物園(上野にはひとつしか動物園がなく、皆さん「かの」上野動物園のことだとわかるので「 the」がついています)
picnicking:ピクニック(名詞はpicnic、動詞にするとkも入ります)
peaceful:平和な、のどかな

story:物語
Once upon a time, :昔々(昔話やおとぎ話の出だしのフレーズです「昔々あるところに」です(^^b)
this planet :この惑星、地球
common :共通の
language:言語
Using… :〜を使って、
ability to…:〜する能力
communicate fully:十分に意思疎通を図る、自由にコミュニケーションをとる
managed to :何とかして〜する
enormous :巨大な
was supposed to… :〜するはずだった
reach:手が届く
the heaven:天国
Gods:神々
feared:fearの過去形、恐れた
were to …:〜する予定だった、もう少しで〜するとことだった
achieve :達成する
destroyed :destroyの過去形、破壊した
Also :そして、
prevent :防ぐ
further:更なる
attempt:試み、挑戦
scattered :scatterの過去形、バラバラにする、てんで散り散りにする
across the planet:地球上全体に、全部に渡って
made sure…:make sureの過去形、〜であることを確実にした
share:共有する

Let’s put ….out of the discussion.:〜のことは横に置いておきましょう。〜は今は話さないでおきましょう
religious :宗教上の
aspects:面、観点(複数形)

inhabiting :生息する、住み着く
numerous :数多くの

was drawn to…:〜に惹かれていた
intrigued :興味をそそられた
still:それでもまだ
had to…:must=have toの過去形、〜しなければならなかった

So,:そこで、それで、というわけで
first impression:第一印象
sensational:センセーショナルな

Yet:しかし、
Like…:〜ような感じ
anybody:誰とでも
experience:経験する
another language:もう一つの言語
get to…:〜するようになる
possibilities :可能性(複数形)
lives:life(人生)の複数形、なので発音は「リヴス」ではなく「ライヴス」

every single person:ひとりひとり(「every」と「single」を一緒に使うことで、「ひとりひとり、各々」と言う部分が強調されています)
actually :実際に
Across…:〜のいたるところで
borders:国境(複数形)
cultures :文化(複数形)
language barriers 言語の壁(複数形)
come to an understanding:相互理解に至る
be thrilled to…:〜することに対しワクワクドキドキする

【ニュアンスも知りたい!仮定法のミニ講座】

最後の2段落は仮定法を使っています。ちょっと省略して書きますとこの2文。

What [will] the world be like if we [can] fully communicate with anybody on this planet?
もし、私たちが地球上の誰とでもコミニケーションが取れるとしたら、どんな世界なんでしょう。

If every single person on this planet [can] actually talk to anybody across borders…..
もし地球上の全ての人が国境を越えて誰とでも話ができたとしたら・・・

これと、下の文を比べてみてください。

What [would] the world be like if we [could] fully communicate with anybody on this planet?
If every single person on this planet [could] actually talk to anybody across borders…..

上の文は[ ]の中が現在形になっているのに対し、下の文は[ ]の中が、過去形になっていますね。これはわたしが実現すると思っているかどうかが表れています。上の文、現在形はわたしが今後、そうなる可能性もあるんじゃないかなと思っている希望が見えています。

そして下の文、[ ]の中は過去形ですが、過去のお話をしているわけではありません。あくまでも仮定の話で、現実になるとは思っていないとき(文法用語で反事実と言います)に、使われる形です。

言語を教え、コミュニケーションの素晴らしさを伝えている私としては、テクノロジーの進歩でもなんでもいいけれども、言語の壁なく意思疎通が図れる世界が来たらな、と前向きに考えている。それを現在形で表しています。

空中に英文を書かないで〜!(笑)

こんにちは、世界を旅するコミュニケーター・英語コーチの藍子です。

昨日と一昨日の、「英語は身体感覚である」投稿で、
英語を話す時の時差をいかに短くするかというお話をしました。

時差を短くするという点で、もう一つ。

【英語を話す時に、空中に英文を書いて読み上げないで!!!】

これ、一瞬面白く聞こえるのですが、
よくよく考えると、結構みなさんやっているんです(笑)
あなたもやっていませんか?
ほら、思い当たるでしょう?(笑)

向かいから見ていてわかるんです。

だって、目が右から左へ動いて、途中で止まったり
後戻りしたりするんです(笑)

してませんか?してるでしょ?(笑)

では、今日はそれを解消しましょうね(^^

もちろん、このブログ読むだけでOKですよ。

ちなみに解消する前に一つ質問!
みなさん、日本語話す時に縦書きのセリフを読むように
上から下へ目を動かしながら読みますか?

そもそも、自分が話したい日本文を空中に空文字(?)で書いて
それを記憶しつつ、透明文字を読み上げながら話すという、
かなり大変な作業していますか?

していないでしょ?
大変そうでしょ?
結構労力とか気力とかいると思うんですよ(笑)

だから、英語で話す時も空中に英文を書いて読むという
大変なことをしないようにしましょう(^^b

ではどうすればいいのかって?

簡単。

言いたいことを、そのまま一つ一つ言葉にして
話ようにしましょう。

自分のことを話すのであれば「I」
相手のことであれば「you」から。

その次に動作を表す動詞が入るので、
「have」でも「go」でも「get」でもなんでも。

一つ一つ思ったことを言葉に出して、
言葉に忘れたら忘れてしまっていいのです。

空中に書きつつ、記憶にとどめつつ、空文字を読み上げるという
スーパーミラクルな技なんてやらなくても英語は話せます。

いやぁ、しかし、そんな話し方を教えた日本の英語教育は、
いろいろな意味ですごいです(笑)
もちろん意図していたわけではないのでね。
誰もなにも悪くはないのですよ(^^;

ほんと、みなさんすごい英語の話し方にチャレンジしてるけど
その空中に書いて読み上げる方法はそろそろ卒業しませんか。

英語を話すということは思ったことを言葉にして表現するということ。
コツを掴めば、全然難しくないんですよ(^^

ただ、これは私の内的感覚なので、わかりずらいかな〜
感覚ってうまく言葉で説明するのが難しい(^^;
対面ならうまくお伝えできるんだけれども、、、
次回はもっとちゃんと説明できるように頑張ります!

もし体験して見たければ、無料体験レッスン受けてみてくださいね♪
藍子の英語レッスン

それではまた!
See you next week. 🙂
藍子

英語を話す時も「あなた」なんですよ(^^

こんにちは!
世界を旅するコミュニケーター・英語コーチの藍子です。

先日、ある方と英語にまつわる面白いお話をさせていただいたので
そのお話を共有させていただきますね。

それは、
英語を話すときもあなた自身なんですよ
ということ。

その方、英語が苦手でとおっしゃっていたのですが、
お話しているうちにこうおっしゃったのです。

「私あまり自分の話とかする方ではなく、
普段どちらかというと聞き手に回る方なのです。
だから自己主張とかする英語が苦手で」

おお?と私ピンときました。

確かに「英語話すときは、自己主張しなければ!」みたいな
イメージありますよね。

でもね、基本的には、
何語を話していても、あなたは変わらないんですよ(^^
ということ。

英語はあくまでも言語です。
言語というのは、個性でもキャラクターでもなく
あなたを表現するためのもの。

もちろん英語の文化と日本語の文化に差もありますし、
コミュニケーションの取り方にも差はあります。

でも、あなたは何語を話していてもあなたなんです。

だから、私はご提案させていただきました(^^
あなたが普段聞き手に回っているのなら、
それと同じことを英語でできるようにすればいいんですよ♪

相手の話を聞き出したり、
うまく質問をするテクニックを身につけたり、
相槌の打ち方を学んだり、ときに相手の言っていることが
聞き取れないときに聞き返す方法を身につけたり。

そうすれば、英語でのコミュニケーションも、
「あなたの」コミュニケーションになる。
そしたら、英語で話すのも楽しくなるでしょう?

きっと、英語が苦手と思っていたのは、
もしかしたらあなたらしくないコミュニケーションを
教わったのかな?見聞きしたのかな?

でも心配は無用です(^^
あなたには、あなたのコミュニケーション方法があって、
それを英語にするのも十分に可能です(^^
ちゃんとその方法をお伝えします。

私は普段日本語でお話するときの感じや雰囲気から、
あなたらしさを感じ取り、そしてそれを英語にして伝えられるよう、
レッスンを組んでいます。

英語の文法や単語は、もちろん変わらないけれど、
その組み合わせで、話し方や、話す内容、
コミュニケーションの取り方はいくらでも変わる。

自分の言葉を英語にして話せるように、
あなたらしさの表れる英語が話せるように、
そんな英語をレッスンではお伝えしています。
藍子の英語プライベートレッスン

みんなに気持ちよく、英語を自分の言葉として
話してもらえたら嬉しいな。

藍子