Breakfast at a Hotel|ホテルでの朝ごはん

こんにちは!世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です。

Good morning! It has been quite hectic few weeks and now it is calming down. Just to treat myself, I am having a breakfast at a nice hotel before meeting a client. Hotel breakfast reminds me of the time I did training and consulting for hotels in Vancouver, Canada. My old sweet memories. Hope you have a wonderful day!

おはようございます(^^ だいぶ予定のつまった週でして、そろそろやっとちょっと一息つけそうかな。少しゆったりとした時間を自分に、と思ってクライエントさんとの約束の前にホテルで朝食をいただくことに。ホテルの朝食って、カナダのバンクーバーでホテルの研修やコンサルティングの仕事をしていた頃を思い出すのです。私の古き良き思い出。皆様今日も素敵な1日を!

***************
quite:結構
hectic:忙しい
calm down:落ち着いてくる
to treat myself:自分自身へのご褒美で
remind me of:私に〜を思い出させる
training:研修
consulting:コンサルティング

あなたの世界へ発つ日も近い!?

こんにちは!
世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です。

英語レッスンやコーチングをしていて何が楽しいって、
生徒さんの人生が変わっていくのを目の当たりにするのが楽しい。

今の人生がよくないとかでは全然ないのですが、
もともと変化とか成長とかが好きで、
ずっと同じことの繰り返しが苦手な性格。
「人生が変わるようなとびっきりの経験」と聞くと
ワクワクしちゃうのです。

そんな私がレッスンやコーチングを提供していて、
生徒さんが変わっていき、その方の人生が変わっていくのを
見るのがとても楽しいのです。

先日、とある生徒さんと英語レッスンをしていました。
英語レッスンでは、一通り話せるようになったら、
実戦練習としてその方の興味のあることについて
いろいろ話を楽しむ手法を取っています。

そして、英語で話すためだけに会話するのではなく
私と話をするために英語を使っていただくのです。

その方は英会話始めて1年ほど、ビジネスをお持ちなので、
ビジネスについていろいろな話をしていました。
その中でとある売買の案件があるとのこと。

ほう、面白い。話を聞くと金額が数億。ほうほう。
そして、思いついた。あ、その案件投資したい人知っているかも。
それは今年初め参加した英語のビジネス交流会
投資したいビジネス探している外国人投資家がいたっけ。
わーい、繋げてみよう♪そうしよう♪

その生徒さん、特に海外とのつながりがないビジネスをしている方なんです。
でもあれよあれよと、ヨーロッパ系の投資家さんと交渉が始まり、
うまくいったら、きっとヨーロッパからの投資が流れるんだろうな。
しかもその方から、海外展開しないか持ちかけられているようで。

うふふ、この変化、見てて楽しくないですか?

1年前、「英語全くできないんです。苦手なんです。
でもなんかやっておいたほうがいいかなと思って。」
そんな感じで始められた方。
ご本人はまさか1年後に欧米人相手にこんな交渉しているなんて
夢にも思っていなかったと思います。
でも、今はなんだか、投資プラスアルファで海外展開する勢い(笑)

それってなんでかな?って思ったんです。

普通、この手の人生が変わる変化って、意識の変化が必要なのです。

欧米人と交渉する可能性とか、
ヨーロッパからの投資を受けるという発想とか、
そもそもそんなことができるのか!?という疑問に対し、
やってみたらできるものだと思える姿勢とか。

その意識の変化が起こるからこそ、
目の前の現実が変化していくのです。

別に意識の変化を教えているわけでもないしなぁ・・・
そして気がつきました。

それってもしかしたら私がそれらのことが
「普通に当たり前にできるもんだ!」と思っているので、
その私の発想=意識が伝染しているのではないかと(笑)

欧米人との交渉?ありあり!
え?投資家が必要?海外から探しちゃおうよ!
え?外国人とビジネスしたことない?
何事も初めてがあるからとりあえず会ってみたら(^^

そんなこんなで、「そうかその手もありか」と
小さな可能性が生徒さんの中で芽生えるのです。
そして、その芽がむくむく大きくなっていくのです。
そしたら、想像していなかったものすごい花が咲いちゃった!
なんてことが起こるのです(笑)

英語を話すこと、英語でやりたいことやること、海外に行くこと、
日本のものを海外に持っていくこと、海外のものを日本に持ってくること、
海外でビジネスすること、外国人とビジネスすること、
外国人の知人友人を作ること、外国人の方とお話しすること、
海外旅行、海外移住、海外留学、
そんなこと全部私はできると思っています。

なんで?だってできるんだもん!(笑)
これ全〜〜〜〜〜部、十分に実行可能なこと。

そしてあなたがやりたいと思っているんだったらできるんですよ♪

もし、やりたいけどできなさそうと思ったら相談してください(^^
国境をこえた枠のない発想と、妙な「できるよ♪」という自信
私のでよければいくらでもお貸しします。

あなたが日本を発つのはいつかなぁ〜
きっとあなたが思うより近い将来なんだろうなぁ〜

私はその人楽しみにしていますよ(^^

Love you!
Aiko

【どうやったら海外に住めるかシリーズ】その7 超強力な助っ人!移民コンサルタントさん

こんにちは!
世界を旅するコミュニケーター・英語コーチの藍子です♪
このシリーズも最終回になりましたね。

さて、今日は移住を考える方に知っておいて欲しい
移民コンサルタントという方の存在について。

移民コンサルタントとは、ずばりビザや永住権獲得に関しての
専門家の方達のこと。移民専門の弁護士の方もいらっしゃれば、
弁護士と一緒にお仕事をなさっているコンサルタントの方も
いらっしゃいます。

そして、移民コンサルタントと一口に言っても
いろいろな方がいらっしゃるのですね。

私の永住権ですが、カナダは実は5年のうち2年間カナダに
滞在しなければいけないという規定があります。
帰国してすでに8、9年経っている私、
永住権カードに書かれた有効期限も切れてるし
もう失効してしまっていると思っていたのです。

バンクーバーでツアーやるのに、向こうで堂々とビジネスできたら
超楽なのに!と友人にぼやいていたら、
移民コンサルタント紹介してあげるから相談してみては?

「ほう」と思い、私の帰国してからの履歴などを
メールで問い合わせてみたのですね。
そして、ものはついでと他のコンサルタント何人かにも
同じ内容で問い合わせてみました。

私のメール内容は、永住権が切れてしまったということに加え、
学歴、職歴、渡航歴、カナダ滞在歴、そして日本滞在歴。

そのうち、対照的だった二つの返答をざっくり。

コンサルタントSさん:
カナダのビザオプションを羅列し、
(内容はこのブログの就労ビザ&永住権のお話とほぼ同じです)
もう一度、今度は投資移民として申請するルート。
カナダでビジネスを成功させる実力のあることを立証証明し、
起業の為の多額の資金が必要。ビジネス計画書提出してください。

→ 藍子:うっひょ〜!!!超〜面倒!(笑)

コンサルタントIさん:
ん?宇多さんの永住権、確かにカードの有効期限は切れてるけれども、
カナダ国民と日本で生活していたんですよね。
書類さえきちんと揃えれば、例外適用で数ヶ月で確実に更新できますよ。
申請料100ドル(約9000円)です。

→ 藍子:え、例外適用!?なんだ更新できるの!?!?!?(@@

はい、実は更新できるんですって(笑)
すっかり忘れてた運転免許が更新できたみたいな感じ。

これって、移民コンサルタントの方の知識と経験なんです。
これこそ専門家の方にお願いするメリットだと私は思っています。

もし私がSさんにお願いしていたら、開業準備をして資金を工面し
何年もの年月をかけて申請が下りない可能性だってある。
でも実は更新可能だったなんて、知らなかったら分からないことなんです。

もちろん、私英語ができるのでコンサルタントの方に連絡する前に、
自分でカナダの移民局のウェブサイトで条件を全てチェックしていました。
Sさんがおっしゃってくださったことは、正しいのです。
もし私が永住権持っていなかったら、そのルートもありなのでしょう。

でも、Iさんは私の永住権がまだ切れていないという例外措置を知っていて、
解決策として提案してくださった。これぞプロの仕事と思いました。
ちなみに、私はその例外適用を見つけられなかったのです。
どこかに書いてあったのか、書いていないことなのか。
そこまでは私も知り得ません。

ということで、もし移住を考えていらっしゃる方、
なかなか解決策が見つからなかったら移民コンサルタントの方を
検討してみてください(^^

初回は無料相談に乗って下さるところも多いですし、
大体の点数をチェックして下さる方もいらっしゃいます。

そして、是非是非、何名かの方に連絡を取り、あなたにとって
本当に良い解決策を提示して下さるコンサルタントさんを選んでください。

もし、カナダへの移住をお考えなら、私のお願いしたIさんはこちらです。

カナダ移民コンサルタント
市村 隆様 Mr. Takashi Ichimura
Taknar Consluting, LTd.
http://www.taknar.com

あなたが本当に住みたいと感じられる場所で、
自由に楽しくハッピーに生き生きと暮らせることを願って!

藍子

【どうやったら海外に住めるかシリーズ】その5 永住権をゲットする!

こんにちは!
世界を旅するコミュニケーター・英語コーチの藍子です♪

さて、このシリーズも佳境に入り、今日は永住権のお話です(^^

永住権って、永久に住むことができる権利なんですね。
アメリカの永住権は Green Card と呼ばれています。
聞いたことがある人も多いのでは?

これまでお話していたビザはこれをしていいですよ、という許可制なのに対し、
永住権は権利なので、住む権利を持っているのです。
そして、住むからには学校に行ったって、働いたって、
何をしてもいいのです。

昨日の就労ビザの場合、職種が専門職だったり、
この人しかできないという内容の職業じゃないとビザが下りない
なんてことがあるのですが、永住権の場合はなんの仕事でも構わないので
コンビニのバイトや、カフェでお小遣い稼ぎとかでも全然OK。

市民権ではないので選挙権だけありませんが、
それ以外はほぼほぼ国民と同じことができちゃうのが永住権♪

じゃ、これはどうやってゲットできるのか。
国によりますが・・・
発展途上国などは、お金があれば買えちゃうところも。
カナダなどでは、結構条件がきびしいのです(^^;

でも諦めないで!取る方法ざっくりと説明します(^^

多くの国では、永住権は点数制になっています。
学歴や職歴、収入や、語学レベルそんな項目が多々あり、
通信簿のように「最終学歴4年大卒だから何点、
英語の実力これくらいだから何点・・・」と点数化されて、
じゃじゃん!あなたの点数が出ます。

ちなみに英語圏にいく場合、英語の点数の割合が多いことも。
読む、聞く、話す、書くの4技能でチェックされることも多いので、
もし確実に点数を獲得しておきたい方、お手伝いしますよ(^^

↓短期集中英語のコーチング
http://www.univasteducation.com/33521354861246712540124811253112464.html
↓英語レッスン
http://www.univasteducation.com/125031252112452125051254012488335213548612524124831247312531.html

さて、あなたの点数が出たら大体の合格ラインという基準があるので、
それと照らし合わせて、満たしていそうなら申請して、
数ヶ月〜数年待って、無事永住権取得という流れになります。

もし移住を考えている方、自分の行きたい国の基準を調べて、
仮に今の自分がどんな点数なのか確かめてみるのがいいと思います(^^

また、国によっては、ビジネス移民や投資移民なんていう枠が
ある場合もあります。

大学入学に、一般入試で入る人もいれば推薦で入る人がいる、
似たようなシステムと考えていただければ(^^

「現地で○○の会社をやります。企業企画書はこれ。
これであなたの街の経済を活性化させますよ!」みたいな
企業家精神の方、向いています。

そうやって、自分の国の料理を提供するレストランを開店させて
滞在する人もかなり多いので、「日本人経営の日本食レストラン」などが
増えていくんですよ(^^b

さてさて、永住権取得にもうひとつ忘れていけない項目がありまして、
そのお話を明日いたしますね〜♪

藍子

【どうやったら海外に住めるかシリーズ】その4 海外で働くための就労ビザ

こんにちは!
世界を旅するコミュニケーター・英語コーチの藍子です♪

さてさて、「海外で住みたい!」というあなた。
海外で仕事をしてお金を得る方法を考えましょう(^^

実は選択肢が幾つかあるんですね♪

1.日本でお金を稼いで、海外で暮らす

例えば翻訳家さんや作家さんなど執筆関係で稼いでいる方や、
デザイナーやプログラマーなどネットなどで仕事ができる方、
自営業の会社で場所固定でなくてもできる方、
自分がその場にいなくても稼げるビジネスを持っている方、
自分の不動産や会社から収入が自動で入ってくる方、
こんな方は稼ぐのは日本で、暮らすのは海外という生活ができます。

最近働き方も多種多様で、フリーランス系の仕事が増えていく今の時代。
働き方を考えてみるのもてなのかな?

さすがにじゃ、不動産幾つか買おうか!といきなりそこまでは行けなくても、
オンラインでできる仕事やビジネスを立ち上げることは
アイデアしだいでできる時代(^^
可能性のひとつとして考えてみてくださいね。

2.就労ビザをもらう

就労ビザとは、働いていいですよ、という許可書ですね。
これを貰えば正々堂々と現地で仕事をすることができます。

就労ビザには各国いろいろな規定があり、
それぞれ条件もたくさんあるのですが、
よくあるパターンは、今の会社の海外支社に転勤のようなパターン。
この場合は、ビザが仕事と一緒にもらえるので、楽チンです。

そして、職種と今いらっしゃるポジションによっては、
今ある知識と経験を強みにして、海外での職をゲットし、
その会社にビザのスポンサーをしてもらうこと。

ビザのスポンサーとは、「この人を雇いたいのでビザ発行してください」と
会社から申請するパターンです。

職がない人が「働きたいから就労ビザください」と言っても
ほぼもらえないのが現状なので(^^;、会社のスポーンサー大切ですよ。

また、特技が現地の人が持っていないような特技で需要のあるもの
(よくあるのが寿司職人や、伝統的技術の持ち主、スポーツのコーチなど)
に当てはまる職種の人は、特化した就労ビザが降りる場合も。

さて、明日はいよいよ永住権のお話をします〜(^^

永住権ってなんぞや???お楽しみに!

藍子

日本脱出計画その6:えいっ!海外移住しちゃえ!(笑)

こんにちは、世界を旅するコミュニケーター・英語コーチの藍子です。

さて日本脱出計画も最終手段です。

そんなに気に入った街があるならいっそ移住しちゃいましょう!

人生短いんだから、あなたがあなたらしくあれる
そんな素敵な街があるなら、移住を考えてみて。

vancouver-754242_1280

全然、無理なことありませんよ(^^

さすがに明日引っ越します!とはならないかもしれませんが、
海外に移住することは誰にでも、いつでも可能なことなのです。

いろいろと計画を練らなくてはいけないかもしれないし、
ビザとか費用とか考えることももちろんあります。

簡単かと言うと、旅行や1ヶ月滞在に比べると難しいけれども、
でも全然、不可能ではありません(^^

もし、本気で行きたいなら、あなたにもできますよ。

私も以前カナダにいた時、最終的に所有していたのは永住権。
あ、しばらくカナダに帰っていなかったので、
永住権切れてしまいましたが(笑)

でも必要だったらまたいつでも取れると思っています(^^

本当にあなたが移住したいと思っているなら、道を探しましょう。
国によって、ビザや永住権のシステムも違います。

とりあえず英語を勉強しながら、将来の海外移住の道を探る
とってもいい計画だと思いますよ♪

全力で応援させてください(^^
もちろん海外移住まで私にできることがあればお手伝いいたします!

さて、ここまで6つに渡る日本脱出計画、いかがでしたか?
ここまでお話ししてもうひとつお話ししたいことがあります。
それは私が考える東京のこと。

日本に通ずるものがあると思うのですが、
私は東京以外住んだことがないので、
東京のお話しということで。

明日でこのシリーズ最終回。お楽しみに。

Thanks for reading!
藍子

日本脱出計画その4:海外に長期滞在してみる(ワーキングホリデー編)

こんにちは、世界を旅するコミュニケーター・英語コーチの藍子です。

海外で暮らして働いてみたいという方、
年齢制限があるのですが、ワーキングホリデーはいかがでしょう?
自分の好きな街と好きな環境で住んで働くことができます。

beach-1246646_1920

30代未満の方はワーキングホリデーが使える国もあります。
オーストラリアは35歳までワーキングホリデー可能だそうです。

ワーキングホリデーとは、
他国の文化を知って、語学を学び、働いてみたいという
若者を支援するためのシステム。

いくつかの国と日本が協定を組んでいて、
ワーキングホリデーというシステムを使うと、
1年分のビザが自動的に降りて、その間に勉強と仕事ができるという
とっても素敵なシステムなのです。

普通海外で仕事をするには、
仕事を見つけて会社を通してビザを申請するという手続きが必要なので、
真っ向から行くとハードルが高いのです。

一方、ワーキングホリデーの場合は、仕事見つける前にビザがもらえちゃう。
しかも、仕事はなんでもいいし、ビザがあるから仕事見つけるのも簡単。

そんな期間限定で若者向けに「海外暮らしお試しビザ」を
発行してくれるのがワーキングホリデーというシステムです。

年齢や、年間のワーキングホリデービザの発行部数が決められていたりと
いろいろ制限があるので、詳しくは各国大使館にお問い合わせを(^^))

私は、大学留学して、現地で仕事を見つけて
ビザ申請という流れを経たので
ワーキングホリデーを使用することはありませんでしたが、
カナダにいた時は、ワーキングホリデーを使って
滞在している人もたくさんいらっしゃいました。

バンクーバーで、2、3ヶ月語学学校に通い、
その後は、その人の興味や経験をもとに、
和食レストランで働いたり、ツアーガイドをしたり、
日本人経営の美容室で働いたり、職種は様々。
英語が得意な人は、日系企業でなくもっと英語な環境で働く人も。

そして、バンクーバーはウィスラーというスキーリゾートが近いのですが、
ウィスラーで冬季は特にリゾートの仕事につく人も多かったです。

特に冬はリフトの年間パスが付いてくるので、
スキースノボー好きの人は年間パスをもらい、
ホテルやゲレンデでアルバイトをしつつという方も
たくさんいらっしゃいました。

簡単に住んで仕事をしてみることができるワーキングホリデー。
実はそこから会社にスポンサーになってもらって
普通の就労ビザに切り替えたり、
彼氏彼女を作って結婚して永住権得たりという方もいるので、
期間限定と言いつつ、先はあることも♪

もし興味があったら是非調べてみてくださいね(^^

では、次回は、プチ移住、2拠点に住んでみるお話しを。
See you tomorrow!
藍子