Thoughts on Tea | お茶のお話

こんにちは!
世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子@バンクーバーです♪

今日はお茶のお話〜

ハイアットホテルロビーにて♪

There is a huge world of tea out there. From standard English Breakfast, Earl Gray, to African Rooibos (one of my favourites!), Sri Lankan tea Nirgiri and Assam, Chinese Oolong and Jasmine, or Japanese Sencha just to list few. お茶の世界って奥が深い。スタンダートなイングリッシュブレックファースト、アールグレイから、アフリカのルーイボス(私の好きなお茶t!)、スリランカのニルギリやアッサム、中国の烏龍茶やジャスミン、日本の煎茶などなど。

The other day, I had tea from Starbucks here in Vancouver. It was called “Teavana Shaken Iced Tea Infusion.” The lady behind the counter asked me, “Which tea would you like?” I asked “What do you have?” She went, “White, Black, Red or Green!” 先日バンクーバーでスタバに立ち寄ってお茶を注文。「ティーベルナ・シェイクン・アイスト・ティー・インフージョン」という長い名前。カウンターのお姉さん「どのお茶がいいですか?」私「なにがありますか?」。彼女の答えがなんと「白、黒、赤か緑!」

Hm. See, there is a WHOLE world of tea out there. Each tea has its distinctive flavour and taste. Isn’t it a little too rough to call them by the color?  えっとですね・・・(ーー )、世界には奥が深〜〜〜いお茶の世界というものがあるのですよ。それぞれのお茶には特徴的な香りやありがあってですね、それを色分けしてしまうのは、あまりにもざっくりすぎやしませんか?

これは「White Tea」でした・・・(ーー)

*******************

huge:でかい
out there:世の中には
standard:スタンダートな、標準的な
just to list few:幾つか例を挙げると

the other day:先日
shaken:シェイクされた(カクテルのシェイカーのイメージです、「shake」は「振る」)
infusion:インフージョン、香りを注入する
the lady behind the counter:カウンターの向こうの女性、お店の人
asked:聞きました(「質問をする」ときの「聞く=尋ねる」は「listen 」や「hear」ではなくて「ask」です(^^b)
Which …. would you like?:どちらがよろしいですか?
What do you have?:なにがありますか?(選択肢を聞くときにとっても便利。旅行永川必須です!)
she went:〜と彼女は言いました

Hm.:うーん、えっと
See,:ほら、
there is:あります
each tea:それぞれのお茶(「each」は「各々の」という意味なので、単数で扱います。つまりteaに複数のsはつきません)
distinctive flavour and taste:特徴的な香りと味
rough:粗い
call:呼ぶ
by the color:色でもって

【See you soon!| 行って参ります!】

今日は!お久しぶりです〜(^^ 世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です。
久しぶりの更新♪ 成田空港からお届けです〜(^^

成田エクスプレスにて

You know nothing happens by coincidence. Taking my family’s suggestion, I took Narita Express from Ikebukuro. I took a window seat without thinking much and then realized I had a round tour of Tokyo. Departing Ikebukro, Shinjuku, Shibuya, Ebisu, Shinagawa, Tokyo Station… all those places reminded me of my 8 years in Tokyo. すべてのことは偶然ではなく必然で起こるといいますね。家族のアドバイスを受けて、今朝池袋から成田エクスプレスにて空港に向かいました。何も考えずに窓際を選んだのですが、最後にぐるっと東京の街を一周できたことに気がつきました。池袋を出て、新宿、渋谷、恵比寿、品川、東京駅、すべての場所がこの東京での8年を思い出させてくれました。

素敵な天気だわ♪

I have nothing but gratefulness beyond words for all of you I have met, the time we have shared and experience we have had. I couldn’t be here today without any one of you. Thank you sooooooooooo much everyone! I love you and thank you very much for being a crucial part of my life! ここで私がお会いした皆さま、共有した時間と経験、そんなものすべてに想いを馳せて言葉では表せないほどの感謝でいっぱいです。皆さま、一人一人がいてくださったからこと、私は今日この場所に立てています。どうもありがとう!私の人生のかけがえのない一部でいてくださったことに感謝しています。

またブログで、ニュースレターで、オンラインレッスンで、そして海外の街や東京でお会いしましょう!

I will be coming back to Tokyo frequently. The next time is in September. I know it is like a long summer vacation! Hahaha Anyway, keep smiling and see you soon! 東京にはしばしば帰ってくるつもり。次回は9月の予定です。そうなんです、長い夏休みではないのかというツッコミも聞こえてきそうですが(苦笑)まぁ、そう堅いことは言わず(^^ また笑顔でお会いしましょう!行ってきます(^^/

*******************

nothing:何も〜なことはない
happens:起きる
by coincidence:偶然
taking a suggestion:提案を受け入れる、採用する
window seat:窓際の席
without thinking:考えることなしに
then:そして、それから
realized:気がつきました
departing:出発して
those:これらの
reminded me of…:〜を私に思い出させた

I have nothing but gratefulness:感謝以外は何もない
beyond words:言葉を超えて、言葉では表現できないほど
have met, have shared, have had:「出会った、共有した、持った」という訳ですが、現在完了形でhaveを使っていることによっって、「これまでに〜したすべてのこと」を含んだ表現になっています。
I couldn’t be here today:今日ここにいる(be)ことができなかったであろう
without any one of you:あなたたちのうちの、誰一人が欠けても
everyone:皆さま
being a part of my life:私の人生の一部でいること
crucial:かけがえのない

frequently:頻繁に
it is like…:まるで〜のようだ
a long summer vacation:長期の夏休み
anyway:とにかく
keep smiling:笑顔でいてね
see you soon:また会いましょう(「行ってきます」の対訳となっています。これは、日本語の「行って、来ます」から、一度行ってまた帰ってくるね=また会おうね、という意味合いととり、それを「see you soon」と訳しました。)

How to find what you like to do|やりたいことを見つけるには

こんにちは!世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です♪

こんなおしゃれなカフェ空間♪

Few days ago, I had a privilege to know a lady through my blog and we met to have lunch by the Sumida River. I love being outside and I love terraces. It was a fine day and the lunch was superb! We met for the first time but got connected right away. She also had had lived overseas and we talked about the lives overseas, about running businesses, about various projects we would love to do and more. 数日前、私のブログを通じてご連絡くださった方と、隅田川沿いのカフェでランチをご一緒させていただきました♪私は外が大好き、テラス席大好き。気持ちの良い日でランチもとても美味しかった!お会いするのが初めてにも関わらず、お話しが弾む弾む。お互い海外にお住まいだったこともあり、海外生活のことや、ビジネスを持つということについて、お互いやりたいと思っている様々なプロジェクトなどなど。

Then, we started to talk about how to know what we love to do in our lives, how to listen to our inner voices, how to envision the future and how to really actualize them. そこから話は人生でやりたいことがわかる方法や、心の声を聞く方法、未来を思い描く方法やそれを実現する方法のお話へ。

Up until few years ago, I was completely oblivious to my inner voice. Although I wanted to hear, I was not able to because other criteria besides my wishes were so loud. It could be “You should choose….,” “This is better because…..,” or “You have to do….” Those voices were not mine but those of people around me or something social or cultural.  数年前まで、私は全然自分の声が聞こえていませんでした。聞こえるようになりたいとは思っていたものの、自分の願い以外の雑音が大きすぎて自分の声なんて聞こえなかった。「〜を選んだほうがいい」とか、「・・・だから〜のほうがいい」「〜しなくちゃ」。そんな声は私自身のものではなく、周りの人の声や社会的なものや文化的なもの。

So I started practicing. I started off from asking myself to make choices of something very small, something like an orange juice or an apple juice. They are at the same price, which means no voice whispering “You should save money.” They have minimal impact to others, which means not many others’ voices echoing. Once I was able to make small choices, I tried asking myself a little more difficult questions. そこで、私は練習を始めました。オレンジジュースとりんごジュースなど、とっても他愛のないもののどっちが欲しいか自分自身に聞くことから始めました。同じ値段なら「節約」という言葉が頭をチラつかないし、他人に特に影響がない選択肢なら他人の声が聞こえてくることもない。そんな小さいこと選べるようになってから、少しずつ難しい質問をするようにしていました。

I also made a promise to myself. If I ask myself “What do you want?” and I hear myself respond to it, I will make sure I will do it no matter what. If I hear myself I want an apple juice, even if I ate an apple that morning, I had to go across the street to buy it, or somebody had told me apple juice was not good for health for whatever reason, I got it. That was very important promise to myself. Because if someone asks you what you want but always dismisses it, you don’t trust them, do you? I need to gain trust of my inner voice. そしてもうひとつ、私は自分と約束をしました。それは「何がいいの?」と自分に聞いて答えが返ってきたら、必ず叶えてあげること。りんごジュースが飲みたいと思ったら、朝りんごを食べていたとしても、道を渡って買いに行かなくちゃいけないとしても、誰からりんごジュースは健康に良くないとかなんとか聞いた後でも、とにかく買いに行くこと。これは自分とのとても大切な約束だったと思います。だって、何がいい?と聞かれて欲しいもの答えたのにいつもその希望を聞いてくれなかったら、その人のこと信用しなくなってしまうでしょ?自分の心の声から信頼を得るためにとても大切な約束です。

The inner voice tests you. When you can gain its trust by fulfilling something easy, it requests something a little bigger. So the juice becomes lunch choices of 1,000 yen and 1,500 yen. When you respect the inner voice wanting to eat and put the cost concern behind, the request gets bigger. It might be something more expensive, which essentially is my inner voice saying “Me or saving?,” something about business relationships, “Me or the business partner?,” or something to do with family, “Me or family obligations?”  そして心の声は、だんだんハードルを上げてきます。簡単な希望を叶えてあげて、信頼を少し獲得したら、心の声から届くリクエストは少しずつ大きくなってきます(笑)同額のジュースが、1000円と1500円のランチになり、値段よりも「食べたい」気持ちを優先させてあげると、次のレベルのリクエストに。もっと高くなるなら「私の希望と、節約どっちが大切なの?」となり、ビジネスの選択であれば「私の希望と、ビジネスパートナーどっち?」、家族関係のことであれば「私の希望と家族の事どっち?」ハードルは上がります(^^;

The more you treat your inner voice first, the more your inner voice trusts you and the louder, clearer and faster it responds to you . 自分の心の底から聞こえてくる声を尊重すればするほど、その声はあなたをより信頼してくれます。そして、心の声はより大きく、クリアに、あなたが問いかければすぐに聞こえるようになります。

My new friend and I got to discuss something like that. I believe this seems to be the timing where a lot of people are experiencing major shifts in their lives and consciousness. Make a promise, start listening and gain trust by making the wishes come true; your inner voice is your best guide for you to shine. 新しい友人と、先日は隅田川沿いでそんな話していました。ここ最近は、多くの方が、人生の中でまた意識下で、大きな変化やシフトを体験されているタイミングようですね。自分の声を尊重すると約束する、問いかけて返答を聞くこと、願いを叶えてあげることで自分の信頼を得ること。あなたの心の声は、あなたが輝ける道への一番の水先案内人です。

******************
had a privilege to know…:〜さんと知り合えて光栄だった
Through…:〜を通して
being outside:外にいること(beは見慣れない単語ですが、「居る」と言う意味です(^^b)
fine day:天気のいい日
superb:見事、素晴らしい
got connected:仲良くなる
right away:すぐに

inner voices:心の声
envision:想像する(「en 〜化する」「vision ビジョン」で「心の中で未ジョンを作る=想像する」)
actualize:現実化する(「actually」で「実際は」という単語の動詞形)

up until few years ago:数年前までは
completely:完全に
oblivious to:盲目だった、全然見えていない、全然わかっていない
although…:〜にもかかわらず
criteria:満たさなければいけない条件、判断基準
besides…:〜以外に
so loud:とても声が大きかった、とてもうるさかった
should…:〜すべき
have to…:〜しなければいけない
mine:私のもの

practicing:練習
started off from…:〜から始めた
make choices:選択する、選ぶ
whispering:囁いている
save money:お金を節約する
minimal impact:最小限の影響
others:他人
echoing:こだまする、エコーする
once…:一度〜になったら

made a promise to myself:自分自身と約束をする
respond:答える
make sure to…:確実に〜する
no matter what:何があろうとも
even if…:もし〜だったとしても
that morning:その日の朝
go across the street:道を渡る
whatever reason:どんな理由であれ
dismisses:却下する
trust:信頼する
do you?:でしょう?
gain trust of…:…の信頼を得る

tests you:あなたを試す、あなたに挑戦する
fulfilling:満たす、叶えてあげる
respect the inner voice:心の声を尊重する
wanting to eat:食べたがっている
put …….. behind:…..を退けて(「behind 後ろに」「put 置く」=退ける)
the cost concern:金銭的な懸念
gets bigger:より大きくなる
expensive:高い
essentially:つまり、エッセンスは
business relationships:ビジネス上の人間関係
obligations:義務

The more …., the more…..:〜であればあるほど、〜である
treat ….. first:……を一番に(優先して)扱う
responds to you:あなたに答えてくれる

something like that:そんな感じのこと
seems to be…:〜のようです
experiencing:経験する、体験する
major shifts:大きなシフト、大きな変化
consciousness:意識下で
making the wishes come true:願いを叶えてあげる
for you to shine:あなたが輝くための

So Happy Meeting with Clients|クライエントさんと会うのって幸せなのです(^^

こんにちは!
世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です♪

One of my daily activities is meeting with my clients for lessons and coaching sessions both in person or on Skype. Some clients take lessons on a regular basis, like weekly or biweekly, and others take them irregularly. Sometimes, I get to meet them after a long interval like few months or even few years apart both for lessons or for social reasons. Sometimes I have a pleasure of visiting them overseas and also a pleasure of having them come to Japan. 私の日々の活動の一つはクライエントさんと、レッスニャコーチングセッションのために会うこと。対面の場合もスカイプの場合もあります。毎週、隔週など定期的な方もいらっしゃれば、不定期な方もいらっしゃいます。時々、数ヶ月から数年という長い間隔が空いてから、レッスンや友人としての再会もあります。私が海外にいる元クライエントさんを訪ねることもあれば、逆に日本や東京に帰国される際に会うことも。

The other day, there was a client resuming lessons after a 6 month break and it was so nice to see him again. We caught up with each other’s lives and I was very happy to know that he had a good experience overseas. 先日、6ヶ月ほどのお休み期間のあと、レッスンを再開されたクライエントさんと久しぶりにお会いしてきました。こうしてまた会えるのって嬉しいものですね。お互いの人生でこんなことあったよという話をし、お休み中海外で良い経験をされたようでそれも嬉しかった。

One of my mentors in Canada once told me that when you teach you leave a part of you with that person. I see it this way: when I meet someone, it is like creating a page that is shared in the book of their lives and mine. At one point in their lives, there is a chapter in which they learn languages and I show up as a character in their books. In my book, many chapters are filled and overflowing with exciting meetings with my clients and their life stories, and I fancy the idea that each page has a link to all those I care. 私がカナダにいたことのメンターの一人がこんなことを言っていました。「教えるということは自分の一部をその人の中に残すことなんだ」と。私の考えはこうです。誰かで出会うことって、私の人生が綴られた本と相手の本の中に共有のページを持つようなものだって。彼らの人生の中のある時点で、言語を学ぼう!と思い立つ章があって、そのページに私が一登場人物として登場するのです。一方私の本は、そんな章がたくさんあってそのページはクライエントさんとのワクワクする出会いと彼らの人生の物語でいっぱい。そして、それぞれのページが私が大好きな人たちとつながっている、私はそんな考え方に心が踊るのです。

******************
daily activities:日々の活動
in person:対面で
Some… others…. :〜という人もいれば、〜という人もいる
on a regular basis:定期的に
irregularly:不定期に
a long interval:長いお休みのあと
even few years:時に数年後
apart:期間が経った後で
social reasons:社交で(「社会的な理由で」が直訳ですが、ビジネスではなく「友達として」会うと言う意味です)

resume:再開する
caught up with:catch up withの過去形、追いつく、お互いの近況報告をする
each other’s lives:お互いの人生について(「lives」は「life、人生」の複数形)
have a pleasure of …ing:直訳、〜する喜びを持つ。意訳、〜してもらって嬉しい。

once:かつて〜しました
told me:tellの過去形、教えてくれた(「tell」は「話す、言う」という意味の他に「教える」という意味があります)
leave:後に残す
it is like:それは〜のようだ
shared:共有された
chapter:章
As…:〜として
character:登場人物
are filled and overflowing with:「filled with…」は「〜で満たされている」、「overflowing with…」は「〜で溢れかえっている」
I fancy the idea:「fancy」はイギリス英語で動詞として使うとカジュアルに「〜が好き」という意味。「idea」は「考え方」という意味。「考え方が好き」
I care:動詞の「care」は「世話をする」以外にも「大好きで気にかける」という意味。時に「I love you.」の代わりに「I care for you.」と言うこともできます。

“How Far I Will Go”|『私はどこまでいけるのかしら』

こんにちは、世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です。
今日は音楽のお話を〜♪

Music and I have a little special relationship. I do not actually have particular artists I follow or particular music I usually listen to. In many cases, a piece of music starts ringing in my head and I start humming. The song usually resonates with my inner state and by understanding the piece, I understand my inner voice. Does that sound strange? 音楽と私って、ちょっぴり特別な関係だなって思うのです。私は特に追いかけているアーティストさんがいるとか、いつも聞いている特定の音楽があるというわけではなく、たいていの場合頭の中で音楽が鳴り始めたり、気が付いたら口ずさんでいる音楽があったりするのです。そして、その実は音楽が私の心の声と共鳴していることが多く、その音楽を理解することで自分の声を聞くことができます。これって変かしら?

Well, scientifically speaking everything in this world is made of vibrations and so as music. We can all agree that voices and sounds are expressed in frequencies which are in essence vibrations. When a piece of music starts itself in my head or I pick it up from say back ground music somewhere, I believe that is because it is harmonious to my current frequency – my inner state. I am not good at listening to my own voice but I can pick up on the music I am humming and understand it. 強いて科学的な観点から言えば、この世界のすべてのものは振動でできていますよね。それは音楽もしかり。声も音も周波数で表すことができることはご承知の通り。そして、周波数の正体は振動ですね。音楽が私の頭の中で流れ始める時、またはどこかのBGMで流れていたものが耳にとまった時、それは私の心の状態の周波数と調和しているからかなと思っています。自分の声に耳を傾けることが苦手な私、でも自分が口ずさんでいる音楽に気づいてそこからメッセージを受け取ることはできるのかななんて思っています。

So, there is a song that has been ringing in my head over and over. It is “How Far I’ll Go” from the Disney movie, Moana. The last part of the lyrics goes as follows. そして、ここ最近繰り返し頭の中で流れている音楽があります。それが最近出たディズニー映画、モアナの主題歌、How Far I’ll Go.歌詞の最後の部分だけ引用します。(日本語訳は私です。)

「How Far I’ll Go 私はどこまで行くのかしら Alessia Cara

See the line where the sky meets the sea it calls me
And no one knows, how far it goes
If the wind in my sail on the sea stays behind me
One day I’ll know, how far I’ll goあの海と空の境界線が見える?それが私を呼んでいるそれがどこまで続くのか、誰も知らないもし私の帆にあたる海風がずっと追い風でいてくれたらいつかわかる気がする、私がどこまで行けるのか
Songwriters: Lin-Manuel MirandaHow Far I’ll Go lyrics © Walt Disney Music Company」

Interpretation of music can vary from person to person. However, my longing for the outside world is surely not in question here, wouldn’t you say? 音楽の解釈は人によってもちろん違います。でも私の外の世界への思いは誰の目にも明らか、ですよね?

********************
relationship:関係
actually:実は
particular:特定の
follow:追っかける、フォローする
usually:普段
in many cases:ほとんどの場合
starts ringing:鳴り始める
humming:鼻歌を歌う
resonates:共鳴する
my inner state:私の内面の状態
by understanding:理解することによって
the piece:楽曲、曲
my inner voice:私の心の声
sound strange:変に聞こえる

scientifically speaking:科学的なことを話すと
is made of…:〜で出来ている
vibrations:振動
so as…:〜もしかり
agree:賛成する
are expressed in…:〜で表現される
frequencies:周波数
in essence:エッセンスは、本質は
starts itself:自動的に始まる
say:文章の途中でいきなり「say」と入った時は、「例えば、、、」と例を出しています。口語で使われる言い方で、SNSなのでライティングでも使用しています
somewhere:どこかで
harmonious to:調和している
current:現在の
I am not good at …ing:〜が得意でない、上手でない
pick up on…:〜に気がつく

has been ringing:ずっと鳴っている
over and over:繰り返し繰り返し
lyrics:歌詞
as follows:下記のように

interpretation:解釈
vary:変わる
from person to person:人によって(直訳「人から人へ」)
however, :しかし、
longing for…:〜への憧れ、熱望
surely:確かに
not in question:明白である(直訳「疑問ではない」)
wouldn’t you say?:と思いませんか?(そうあなたも言うでしょう?)

Thinking of Something Fun|楽しいこと考え中〜(笑)

こんにちは!
世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です♪

Can you see I am thinking of something fun? It is getting warmer. Summer is getting closer. I am thinking about something fun. Something I would love to do. Something that would change the course of my life. Something that will open a lot more doors in front of me. It really excites me! It is now still in its inception so I can’t tell you yet, but and I am pondering upon the idea… I will know soon or later and you will know it too! ;) 何か楽しいことガン替え中なんです、わかるかな?暖かくなってきているし、夏も近づいてきているし、面白いこと考えているんです。私がとってもやりたいなと思っていること。私の人生の軌道が変わるかなということ。私の目の前のドアをもっとたくさん開けられるそうなこと。考えるだけでワクワクする♪今はまだ考え始めの段階なのでお伝えできないけれど、でもアイデアを温めております。近々答えが出るかな、そしたらまたお伝えしますね♪

**************
am thinking of:(現在進行形)考えているんです(think は of や about が使えます)
something fun:何か面白いこと
is getting warmer:暖かくなってきている(進行形のgetと比較級warm+erで「より〜になりつつある」)
closer:近い(発音は「クロース」、「close」で「閉まる」は「クローズ」)
something:〜なこと
would:(もし〜したら)・・・であろう(という推測)
the course of my life:私の人生の軌道
in front of me:私の目の前
excite me:私をワクワクさせる
still:まだ
in its inception:始めの段階
so:だから
tell:教える、伝える
not … yet:まだ〜ない
am pondering upon:〜について考えている(thinkに似ています)
soon or later:近々
;):ウィンク

Support your going overseas :)|海外進出サポート中♪

こんにちは!
世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です。

フルーツティーいただきました♪

One of the projects I had started this year is helping artists, business persons and those with interesting projects to go overseas. Of course, I am happy to help those who are outside of Japan coming here as well. :) 今年始めたプロジェクトの一つが、日本のアーティストさんや、ビジネスをしている方々、他にも面白いプロジェクトをお持ちの方の海外進出をサポートすること。もちろん、同様に海外の方が日本に来るお手伝いもしております。

真剣な私(笑)

Few days ago, I had a meeting with a client as well as a friend of mine, Ms. Koka Maeda, and a very experienced consultant. She is a remarkable Japanese calligraphy artist and we were planning her going overseas. Exciting!!! (See, how serious I look in the photo? giggling) I had been talking to few friends of mine overseas. It is going to be interesting. 🙂 🙂 :) 数日前、クライエントさんで友人の前田紅華さんと、経験豊富なコンサルタントの方とのミーティングがありました。彼女素晴らしい書家さんで、現在彼女の海外進出を計画中。わくわくしますね!(写真の私、真剣でしょ(笑))海外の知人友人何人かと話もしていて、ふふふ〜これからが楽しみです!

****************
project:プロジェクト(英語のプロジェクトには、仕事に限らず取り組みという意味でも幅広く使われます)
had started:開始した
those with:〜を持っている人々
go overseas:海外へ行く、海外進出
of course:もちろん
those who:〜な人々
as well:同様に

few days ago:数日前
experienced:経験豊かな
remarkable:素晴らしい、賞賛に値する
Japanese calligraphy:書道
exciting:わくわくする
I look:私が〜のように見える
giggling:クスクス笑う
let’s see:let us seeの略(この ‘s は is じゃないですよ(^^)見てみましょう