【See you soon!| 行って参ります!】

今日は!お久しぶりです〜(^^ 世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です。
久しぶりの更新♪ 成田空港からお届けです〜(^^

成田エクスプレスにて

You know nothing happens by coincidence. Taking my family’s suggestion, I took Narita Express from Ikebukuro. I took a window seat without thinking much and then realized I had a round tour of Tokyo. Departing Ikebukro, Shinjuku, Shibuya, Ebisu, Shinagawa, Tokyo Station… all those places reminded me of my 8 years in Tokyo. すべてのことは偶然ではなく必然で起こるといいますね。家族のアドバイスを受けて、今朝池袋から成田エクスプレスにて空港に向かいました。何も考えずに窓際を選んだのですが、最後にぐるっと東京の街を一周できたことに気がつきました。池袋を出て、新宿、渋谷、恵比寿、品川、東京駅、すべての場所がこの東京での8年を思い出させてくれました。

素敵な天気だわ♪

I have nothing but gratefulness beyond words for all of you I have met, the time we have shared and experience we have had. I couldn’t be here today without any one of you. Thank you sooooooooooo much everyone! I love you and thank you very much for being a crucial part of my life! ここで私がお会いした皆さま、共有した時間と経験、そんなものすべてに想いを馳せて言葉では表せないほどの感謝でいっぱいです。皆さま、一人一人がいてくださったからこと、私は今日この場所に立てています。どうもありがとう!私の人生のかけがえのない一部でいてくださったことに感謝しています。

またブログで、ニュースレターで、オンラインレッスンで、そして海外の街や東京でお会いしましょう!

I will be coming back to Tokyo frequently. The next time is in September. I know it is like a long summer vacation! Hahaha Anyway, keep smiling and see you soon! 東京にはしばしば帰ってくるつもり。次回は9月の予定です。そうなんです、長い夏休みではないのかというツッコミも聞こえてきそうですが(苦笑)まぁ、そう堅いことは言わず(^^ また笑顔でお会いしましょう!行ってきます(^^/

*******************

nothing:何も〜なことはない
happens:起きる
by coincidence:偶然
taking a suggestion:提案を受け入れる、採用する
window seat:窓際の席
without thinking:考えることなしに
then:そして、それから
realized:気がつきました
departing:出発して
those:これらの
reminded me of…:〜を私に思い出させた

I have nothing but gratefulness:感謝以外は何もない
beyond words:言葉を超えて、言葉では表現できないほど
have met, have shared, have had:「出会った、共有した、持った」という訳ですが、現在完了形でhaveを使っていることによっって、「これまでに〜したすべてのこと」を含んだ表現になっています。
I couldn’t be here today:今日ここにいる(be)ことができなかったであろう
without any one of you:あなたたちのうちの、誰一人が欠けても
everyone:皆さま
being a part of my life:私の人生の一部でいること
crucial:かけがえのない

frequently:頻繁に
it is like…:まるで〜のようだ
a long summer vacation:長期の夏休み
anyway:とにかく
keep smiling:笑顔でいてね
see you soon:また会いましょう(「行ってきます」の対訳となっています。これは、日本語の「行って、来ます」から、一度行ってまた帰ってくるね=また会おうね、という意味合いととり、それを「see you soon」と訳しました。)

『365日世界一周絶景の旅』買っちゃった〜♪

こんにちは。
世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です(^^

先日お話しした本の流れで、今度は最近買った本♪
それはこれ!!! Tada!!!
あ、「Tada!」は日本語で「ジャジャーン!」ね(^^

その名も『365日世界一周絶景の旅』!!!
もう、素敵♪素敵♪素敵♪素敵♪
毎日この本を持ち歩きたいくらい素敵(笑)
でも何気に結構重いのですが(^^;

この本に載っているのは
世界中の絶景スポットの超〜美しい写真と、
その町にまつわるちょっとしたお話。
ついでにもし行くとしたら必要な予算と日数まで。

中身をそんなに共有するとよくないので、ちょっと雰囲気だけ。

やばいです!素敵です!旅行に行きたいです!
あ、ご安心を。旅行中もスカイプやラインで
レッスンもコーチングも通常通りできますよ(^^

とりあえず、今は付箋で行きたいところにマークして、
マークしながら妄想ノートに書き込み中〜♪

こうやって、行きたいなぁ〜と思っていると
行けるようになるのです!

こんなところに行ったら、どんな人に会えるのかしら?
どんな生活をしていらっしゃるのかしら?
旅行して、沢山の人と会って、色々な話をして
人に、食べ物に、景色に、文化に、歴史に感動して♪

わくわくしますね〜♪
わくわくするのは私だけかな?(笑)
私もわくわくする!という方、どこかにご一緒しませんか?
こんなところに私と行きたい人、超〜大雑把に絶賛募集中です〜(^^/

さて、付箋を買いに行かなければ。

Have a good day! Bye!
Aiko

【どうやったら海外に住めるかシリーズ】その7 超強力な助っ人!移民コンサルタントさん

こんにちは!
世界を旅するコミュニケーター・英語コーチの藍子です♪
このシリーズも最終回になりましたね。

さて、今日は移住を考える方に知っておいて欲しい
移民コンサルタントという方の存在について。

移民コンサルタントとは、ずばりビザや永住権獲得に関しての
専門家の方達のこと。移民専門の弁護士の方もいらっしゃれば、
弁護士と一緒にお仕事をなさっているコンサルタントの方も
いらっしゃいます。

そして、移民コンサルタントと一口に言っても
いろいろな方がいらっしゃるのですね。

私の永住権ですが、カナダは実は5年のうち2年間カナダに
滞在しなければいけないという規定があります。
帰国してすでに8、9年経っている私、
永住権カードに書かれた有効期限も切れてるし
もう失効してしまっていると思っていたのです。

バンクーバーでツアーやるのに、向こうで堂々とビジネスできたら
超楽なのに!と友人にぼやいていたら、
移民コンサルタント紹介してあげるから相談してみては?

「ほう」と思い、私の帰国してからの履歴などを
メールで問い合わせてみたのですね。
そして、ものはついでと他のコンサルタント何人かにも
同じ内容で問い合わせてみました。

私のメール内容は、永住権が切れてしまったということに加え、
学歴、職歴、渡航歴、カナダ滞在歴、そして日本滞在歴。

そのうち、対照的だった二つの返答をざっくり。

コンサルタントSさん:
カナダのビザオプションを羅列し、
(内容はこのブログの就労ビザ&永住権のお話とほぼ同じです)
もう一度、今度は投資移民として申請するルート。
カナダでビジネスを成功させる実力のあることを立証証明し、
起業の為の多額の資金が必要。ビジネス計画書提出してください。

→ 藍子:うっひょ〜!!!超〜面倒!(笑)

コンサルタントIさん:
ん?宇多さんの永住権、確かにカードの有効期限は切れてるけれども、
カナダ国民と日本で生活していたんですよね。
書類さえきちんと揃えれば、例外適用で数ヶ月で確実に更新できますよ。
申請料100ドル(約9000円)です。

→ 藍子:え、例外適用!?なんだ更新できるの!?!?!?(@@

はい、実は更新できるんですって(笑)
すっかり忘れてた運転免許が更新できたみたいな感じ。

これって、移民コンサルタントの方の知識と経験なんです。
これこそ専門家の方にお願いするメリットだと私は思っています。

もし私がSさんにお願いしていたら、開業準備をして資金を工面し
何年もの年月をかけて申請が下りない可能性だってある。
でも実は更新可能だったなんて、知らなかったら分からないことなんです。

もちろん、私英語ができるのでコンサルタントの方に連絡する前に、
自分でカナダの移民局のウェブサイトで条件を全てチェックしていました。
Sさんがおっしゃってくださったことは、正しいのです。
もし私が永住権持っていなかったら、そのルートもありなのでしょう。

でも、Iさんは私の永住権がまだ切れていないという例外措置を知っていて、
解決策として提案してくださった。これぞプロの仕事と思いました。
ちなみに、私はその例外適用を見つけられなかったのです。
どこかに書いてあったのか、書いていないことなのか。
そこまでは私も知り得ません。

ということで、もし移住を考えていらっしゃる方、
なかなか解決策が見つからなかったら移民コンサルタントの方を
検討してみてください(^^

初回は無料相談に乗って下さるところも多いですし、
大体の点数をチェックして下さる方もいらっしゃいます。

そして、是非是非、何名かの方に連絡を取り、あなたにとって
本当に良い解決策を提示して下さるコンサルタントさんを選んでください。

もし、カナダへの移住をお考えなら、私のお願いしたIさんはこちらです。

カナダ移民コンサルタント
市村 隆様 Mr. Takashi Ichimura
Taknar Consluting, LTd.
http://www.taknar.com

あなたが本当に住みたいと感じられる場所で、
自由に楽しくハッピーに生き生きと暮らせることを願って!

藍子

【どうやったら海外に住めるかシリーズ】その6 永住権をほぼ確実に取得する方法

こんにちは!
世界を旅するコミュニケーター・英語コーチの藍子です♪

さて、永住権の取り方。昨日お話した永住権は
時には数年かかってしまったり、英語力や職歴などで
点数を稼がなければいけないなどいろいろ苦労もあります。
そしていろいろ手を打って何年も待ったけれども、
下りなかったということもなきにしもあらず・・・(- – ;

では確実に取る方法はないのかというと、私はあると思うんですね。
それは市民権や永住権を持っている人と結婚すること。
冗談でも嘘でもないですよ、本当です!
私がカナダの永住権を持っているのもそのおかげです。

元配偶者がカナダ人だったので(はい、いろいろあり元です(^^;
カナダで結婚した時に永住権を獲得しました。

配偶者となった場合、配偶者ビザも数年後に取れるであろう永住権も
普通に善き市民で、普通の収入があり、結婚の証拠があれば
ほぼほぼ確実に取れる方法なのです。

よく冗談で言いますよね、現地で彼氏・彼女見つけて結婚すれば?
あれです(笑)

そして、これ結婚詐欺をしてくださいということでは全然ありません。
時々いるのです。現地の異性の友達が、そんなに住みたいんだったら
籍入れてルームメートとして同居して永住権申請して
数年後に別れたことにして離婚する?
みたいな!それはダメですよ!

永住権申請の時には、馴れ初めを聞かれたり、付き合っていた時の
メールのコピーを提出したり、「本当に恋愛→結婚いたったか」の
根拠をとことん聞かれます。ので嘘は厳禁(笑)

それでも、私がここで真面目に
「現地の人と結婚して永住権も正規ルートとしてありですよ」
という理由をお伝えします。

今みなさん日本に住んでいらっしゃいますよね。
周りにいる人ざっと見てください。
この国で暮らして生活しているからこそ、
ここの人と出会い、ここで結婚し、新たな生活を送っているんです。

例えば東京に今住んでいて、これからも東京に住みたくてという人は、
東京にいるうちに、東京で運命の人に出会って、東京で同棲始めて・・・
これって普通のことですよね?

可能性として、結構高いと思いませんか?
よくあるお話。そんな人ごろごろいます。

と言うことはですよ、もしあなたが今
「よく分からないけどこの国に住みたい!」
と思っているのであれば、きっとその国には何かあるのではないかしら?

もしその場所があなたが住むべき場所であるなら、
あなたが出会うべき人がそこに住んでいる可能性って
結構高いと思いませんか?

と考えたら、あなたが住むべき運命的な場所なら、
そこに運命の人がいて、付き合うことになって結婚してって
いつの間にか永住権が取れていたなんてこと、普通のことなんですよ。

だって、日本んいいる永住権や配偶者ビザをお持ちの外国人見てみてください。
奥さんや旦那さん日本人でしょう?
海外在住の日本人の旦那さんや奥さん見てみてください。
配偶者が現地の人ってこと、多くないですか?

私が言いたいのは、
もしあなたが本当にその場所に惹かれている、
運命的に住むべき場所だ!みたいなところがあるのであれば、
そこに住む手段はどこかに必ず転がっているはず。

だから一見難しそうに見えても、
諦めないで探して欲しい。

そういうことなんです。

このシリーズも、次回で最終回。
次回はビザや永住権を考える際の強力な助っ人となる
移民コンサルタントという専門家さんについてお話したいと思います。

それではまたね。
藍子

【どうやったら海外に住めるかシリーズ】その5 永住権をゲットする!

こんにちは!
世界を旅するコミュニケーター・英語コーチの藍子です♪

さて、このシリーズも佳境に入り、今日は永住権のお話です(^^

永住権って、永久に住むことができる権利なんですね。
アメリカの永住権は Green Card と呼ばれています。
聞いたことがある人も多いのでは?

これまでお話していたビザはこれをしていいですよ、という許可制なのに対し、
永住権は権利なので、住む権利を持っているのです。
そして、住むからには学校に行ったって、働いたって、
何をしてもいいのです。

昨日の就労ビザの場合、職種が専門職だったり、
この人しかできないという内容の職業じゃないとビザが下りない
なんてことがあるのですが、永住権の場合はなんの仕事でも構わないので
コンビニのバイトや、カフェでお小遣い稼ぎとかでも全然OK。

市民権ではないので選挙権だけありませんが、
それ以外はほぼほぼ国民と同じことができちゃうのが永住権♪

じゃ、これはどうやってゲットできるのか。
国によりますが・・・
発展途上国などは、お金があれば買えちゃうところも。
カナダなどでは、結構条件がきびしいのです(^^;

でも諦めないで!取る方法ざっくりと説明します(^^

多くの国では、永住権は点数制になっています。
学歴や職歴、収入や、語学レベルそんな項目が多々あり、
通信簿のように「最終学歴4年大卒だから何点、
英語の実力これくらいだから何点・・・」と点数化されて、
じゃじゃん!あなたの点数が出ます。

ちなみに英語圏にいく場合、英語の点数の割合が多いことも。
読む、聞く、話す、書くの4技能でチェックされることも多いので、
もし確実に点数を獲得しておきたい方、お手伝いしますよ(^^

↓短期集中英語のコーチング
http://www.univasteducation.com/33521354861246712540124811253112464.html
↓英語レッスン
http://www.univasteducation.com/125031252112452125051254012488335213548612524124831247312531.html

さて、あなたの点数が出たら大体の合格ラインという基準があるので、
それと照らし合わせて、満たしていそうなら申請して、
数ヶ月〜数年待って、無事永住権取得という流れになります。

もし移住を考えている方、自分の行きたい国の基準を調べて、
仮に今の自分がどんな点数なのか確かめてみるのがいいと思います(^^

また、国によっては、ビジネス移民や投資移民なんていう枠が
ある場合もあります。

大学入学に、一般入試で入る人もいれば推薦で入る人がいる、
似たようなシステムと考えていただければ(^^

「現地で○○の会社をやります。企業企画書はこれ。
これであなたの街の経済を活性化させますよ!」みたいな
企業家精神の方、向いています。

そうやって、自分の国の料理を提供するレストランを開店させて
滞在する人もかなり多いので、「日本人経営の日本食レストラン」などが
増えていくんですよ(^^b

さてさて、永住権取得にもうひとつ忘れていけない項目がありまして、
そのお話を明日いたしますね〜♪

藍子

【どうやったら海外に住めるかシリーズ】その4 海外で働くための就労ビザ

こんにちは!
世界を旅するコミュニケーター・英語コーチの藍子です♪

さてさて、「海外で住みたい!」というあなた。
海外で仕事をしてお金を得る方法を考えましょう(^^

実は選択肢が幾つかあるんですね♪

1.日本でお金を稼いで、海外で暮らす

例えば翻訳家さんや作家さんなど執筆関係で稼いでいる方や、
デザイナーやプログラマーなどネットなどで仕事ができる方、
自営業の会社で場所固定でなくてもできる方、
自分がその場にいなくても稼げるビジネスを持っている方、
自分の不動産や会社から収入が自動で入ってくる方、
こんな方は稼ぐのは日本で、暮らすのは海外という生活ができます。

最近働き方も多種多様で、フリーランス系の仕事が増えていく今の時代。
働き方を考えてみるのもてなのかな?

さすがにじゃ、不動産幾つか買おうか!といきなりそこまでは行けなくても、
オンラインでできる仕事やビジネスを立ち上げることは
アイデアしだいでできる時代(^^
可能性のひとつとして考えてみてくださいね。

2.就労ビザをもらう

就労ビザとは、働いていいですよ、という許可書ですね。
これを貰えば正々堂々と現地で仕事をすることができます。

就労ビザには各国いろいろな規定があり、
それぞれ条件もたくさんあるのですが、
よくあるパターンは、今の会社の海外支社に転勤のようなパターン。
この場合は、ビザが仕事と一緒にもらえるので、楽チンです。

そして、職種と今いらっしゃるポジションによっては、
今ある知識と経験を強みにして、海外での職をゲットし、
その会社にビザのスポンサーをしてもらうこと。

ビザのスポンサーとは、「この人を雇いたいのでビザ発行してください」と
会社から申請するパターンです。

職がない人が「働きたいから就労ビザください」と言っても
ほぼもらえないのが現状なので(^^;、会社のスポーンサー大切ですよ。

また、特技が現地の人が持っていないような特技で需要のあるもの
(よくあるのが寿司職人や、伝統的技術の持ち主、スポーツのコーチなど)
に当てはまる職種の人は、特化した就労ビザが降りる場合も。

さて、明日はいよいよ永住権のお話をします〜(^^

永住権ってなんぞや???お楽しみに!

藍子

【どうやったら海外に住めるかシリーズ】その3 住むためのビザはなに?

こんにちは!
世界を旅するコミュニケーター・英語コーチの藍子です♪

昨日、観光ビザのお話をしましたね(^^
今日は、その他のビザのお話。
海外に住みたい場合、ビザっていったいどんな種類があって
なにをどうすればいいのか?というお話をします(^^

基本的にその国に滞在したいとなった場合、
希望の滞在期間と、滞在中何をするのかによって状況は変わってきます。

国によってシステムが変わるので、私がよく知っているカナダを元に、
だいたいこんな感じというお話をしますね。

さて、とりあえず学校行ったり、働いたりということをせず、
貯金や不労所得で悠々自適に暮らすのであれば、
観光ビザで十分です(^^

パスポートだけでも2、3ヶ月滞在できる国が多いですし、
それ以上でも、「観光ビザ」を大使館で貰えば、
6ヶ月とか滞在すること可能です〜

それ以上居たいなら、一度日本へ帰って、また数ヶ月後に〜
なんて優雅なことをしてもOK。

ただ、その間現地で学校行ったり働きたいというのであれば
「学生ビザ」や「就労ビザ」が必要となります。
学校に行っても良い許可や、働いても良いという許可が必要なわけですね。

ちなみに、学校の講座の期間が短かったら、
パスポートだけでOKな場合も。

それは各国の大使館のウェブサイトなどでチェックしてみてくださいね。

「海外に住みたいな・・・」となった場合、
基本的に働かないと生活が・・・という方がおおいはず(^^;
そう、生きていくにはお金が必要ですもんね〜♪

ちなみに、就労ビザとか持っていないのに、
勝手に国に侵入して、働いて・・・なんてことをすると
不法入国!不法労働者!となり、強制送還、以後入国禁止など
かなり痛いことになりますので、そんなことは絶対にしないように。

(ちなみに、今現在アメリカのトランプ大統領が、
不法移民だの壁を作るだのおっしゃっているのはこのことです。
ビザなどを持たずに暮らしていらっしゃる皆様のお話。)

ビザに関しては国際的な法律問題なので、
きちんと正規ルートを通りましょう(^^

ということで、どうしたら、海外で働けるのか次回お伝えしますね♪

Talk to you tomorrow!
藍子

【どうやったら海外に住めるかシリーズ】その2 ビザとはなんぞや?

こんにちは!
世界を旅するコミュニケーター・英語コーチの藍子です♪

さてさて、ビザとパスポートのお話でした。

ビザは簡単にいうと「滞在許可書」。
パスポートは単なる身分証明書に過ぎないのですが、
「観光ビザ」は「観光客とし○月○日から○月○日まで滞在してよろし!」
という許可書なのです。

そして、ビザには種類があって「観光ビザ」は観光以外のこと
例えば、住み着いたり、仕事したりをしてはいけないんですね。

本来は、海外旅行に行く際は、
身分証明書にであるパスポートと、
滞在許可書であるビザのふたつが必要なのです。
ちなみにビザは、行きたい国の大使館へいって、
申込用紙に記入して等、諸々の手続きが必要で
様々な上理由で、ビザがもらえない場合もあります(;、;

あれ、じゃ、この前○○行ったときは?
ビザなんて申請しなかったよ?

その通り。私たち日本人がよく行く大きな国々と日本は
実は協定を結んでいるんです。
「お互いの国への旅行者はビザ免除にしましょう♪」という
なんとも便利な協定です。

そのおかげで私たち日本人がパスポートだけで旅行できる国はとても多く、
普通の人がビザを手にすることってあまりないかと思われます。

ちなみに、マイナーな国や特に発展途上の国などは
ビザが必要な場合がありますので要注意です(^^
渡航する前に確認してくださいね!

ここまでは大丈夫でしょうか?
では次に「住みたい!」という人はビザはどうすればいいのか、というお話。

Talk to you tomorrow!
藍子

【どうやったら海外に住めるかシリーズ】その1 パスポートって一体?

こんにちは!
世界を旅するコミュニケーター・英語コーチの藍子です♪

今年に入って、生徒さんから「私、将来は海外に住みたいんです。」
というご希望がなぜかちらほら。

なぜかしら?時代の流行なのかしら?
それとももっと自由に、好きなところで暮らしたい(^^
という時代の流れなのかしら?

とにかく漠然とでも
海外行きたいな・・・
海外に住みたいな・・・
海外で暮らしたいな・・・
という方、なんだか増えているのです!

私の周りだけでしょうか?(笑)
私が引き寄せているのかな???

とにかくそんな方々から、一体どうやって住んだらいいんですか?
ビザとか、永住権とか、グリーンカードってなんですか?
パスポートで行ってはいけないの?
一体どうなっているんですか?

という超ざっくりな質問をいただくので、
ブログで超ざっくり概要をお話しさせていただきます(^^

今日はまず、日本のパスポートについて(^^

日本人のパスポート保有率は20パーセント台と
聞きましたが、皆さんお持ちですか?(^^

皆さん海外旅行に行くときはとりあえず
この「旅券 = passport(パスポート)」と呼ばれるものが必要だということは
ご存知だと思います。

パスポートは、
「この者は日本国の宇多藍子という人です。
あなたの国を旅する間、この者をよろしくお願いいたします。」
という内容で、国が発行している者です(^^

さて、今まで海外旅行行かれた方、パスポートだけ持って行きましたね?
それと一緒に「査証 = visa(ビザ)」を持って行った方はいらっしゃいますか。

もし普通の短期滞在の海外旅行なのに
ビザが必要な国に行かれていたら、それはちょっと旅行上級者なんですよ。

ビザとパスポートの関係についてはまた明日(^^

See you tomorrow!
藍子

藍子流・暮らすように旅するカナダバンクーバーの旅

こんにちは!世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です。

先日FBやブログで発表させていただいた「藍子流、暮らすように旅する」ツアー企画。
多くの「いいね!」やコメント、応援メッセージをいただき、
とても嬉しかったです。有難うございました。

FB記事はこちら↓
https://www.facebook.com/plugins/post.php?href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2Faiko.uda.5%2Fposts%2F1015442105228052&width=500

ブログ記事はこちら↓
https://blog.univasteducation.com/2017/01/13/いきなりですが質問!こんなの楽しそう???/

藍子流、暮らすように旅するツアーは、マンションを借りて、一つの街に長期滞在し、
まるでその土地に住んでいるように過ごして、楽しい時を過ごすのが特徴です。

記念すべき第一回目は、私のホームタウン、カナダのバンクーバー。
バンクーバーは、街も自然もぎゅっと集まったとても素敵なところです。
街の暮らしも、大自然もたっぷり味わって、現地の人たちとの交流して、普通のツアー
では出来ない、暮らすように旅する楽しさを満喫していただけるように計画中。

例えば、英語のツアーに参加して、現地のガイドさんと会話したり、
現地の人に人気のレストランに行ったり、ふらっと素敵なカフェに立ち寄ったり。
お料理教室やネイチャー系のアクティビティを、現地の人に混じって楽しんだり♪

現地のスーパーでお買い物をして、フレッシュなフルーツやベーグルで朝ごはんというのも
マンションでの長期ステイなら楽しめます!

アクティビティは様々あるので、今まで体験したことがないものに挑戦したり、
ずっと興味はあったけど…というものをやったり、
こんなアクティビティがあるの?!というものが見つかるかも!

もちろん英語のレッスン&サポートもしっかり充実したものがついています!
出発当日、空港でお茶をしながら、飛行機の中や入国審査で必要な英語を最終確認。

ショッピングの前には買い物に必要な英語をおさらいし、実際に使ってみていただきます。
そこで言えないことが出てきたら、そのお店を出たらすぐレッスン。次に入ったお店で
聞いてみるというように、超実践型レッスンをしていきます。

現地のガイドさんによるツアーにも参加する予定ですが、その折もきちんとサポートします
ので、心配しなくて大丈夫!現地の方しか知らないとびきりの情報を楽しんで受け取りましょう。

せっかく暮らすように旅をするので、現地の習慣や文化的なこともお伝えしていきますね。
レストランでの注文やお会計の仕方、お店の人を呼ぶ方法、チップの払い方なども、実際に
目の前でお伝えしますので、しっかり覚えて、次は自由時間で入ったレストランなどで実際に
挑戦してみてください。

現地の方(お店の人やガイドさんなど)とのコミュニケーションの取り方も実際にお伝え
していきますので、是非どんどん挑戦してみてくださいね。

英語を実際に活用しながら、バンクーバーの街を楽しんで、英語力も旅力!もアップする、
そんな藍子流、暮らすように旅するツアーを企画しました!

と言っても、漠然とした上記の内容ではイメージが湧きづらいと思うので、一つサンプルを
作ってみましたので、参考にしてみてくださいね。

実際の行動やアクティビティは、参加者のご希望や予約状況、天候などを考慮して組んで
いきます。こんなことしたいな、こんなことが出来たらな、という希望や質問がございましたら
どんどんおっしゃってくださいね。

藍子流、暮らすように旅するツアーは、貴方が主役!なのですから。

*行程やアクティビティ詳細は予定(=未定)です!予約状況や参加者のご希望、天候などにより
内容や順序が変更になることもあります(^^ ご承知おきください♪

【1日目】

成田空港発:飛行機の待ち時間内で、お茶でも飲みながら、機内用の英語と、入国審査用の英語練習しましょう!

10時頃:カナダ、バンクーバー空港到着♪
ゆっくり街になれる日(^^ 空港から綺麗な町並みを見ながら、バンクーバーの中心街へ移動しましょう。

荷物を置いたら、午後はのんびりとグランビルアイランドマーケットを散策&試食。グランビルアイランドマーケットは、バンクーバーの中心にある素敵な市場。現地の方にガイドをお願いして、英語でマーケットツアー。食べ物の英単語など学ぶいい機会ですね♪

美味しいもの試食して、地元の食べ物や工芸など見て回りましょう。ツアーの後は、たっぷり時間をとるので、市場の中も、周りにたくさんあるアトリエなどもゆっくり散策してください。自由行動の前に、マーケットで使える英語のおさらいもします。お店の人に声をかけて、試食させてもらって、「どこ産?美味しいね。」などという会話が出来るようになります。美味しそうな旬の果物や朝食用のベーグルなど、キッチンがあるので、ここで買っておくのもおすすめです(^^

市場からは小さなアクアバスに乗って、マンションまで戻りましょう(^^ 必要であれば、スーパーや薬局などに買い出しにもいけますよ。

アクアババスという名の、可愛らしい水上バス。ちょっとお風呂の浴槽を思わせます(笑)
アクアババスという名の、可愛らしい水上バス。ちょっとお風呂の浴槽を思わせます(笑)

夜は、キツラノで有名、誰もが知っている24時間364日営業の完全ベジタリアンのお店で、カジュアルなベジタリアン料理をいただきましょう。日本とは全く違う形で豆腐が使われていたりして、面白いですよ(^^

【2日目】

マンションで朝食を食べながら、街の様子をお話しさせていただこうと思います。地図でだいたいの位置関係をお伝えするのと、道の名前やバスの仕組みなど。住んだらこんな感じかぁ(^^ と思っていただけると嬉しいです。

午前中は、暖かければ水上ヨガかビーチヨガにトライしようと思います。健康志向の人が多いバンクーバーの街。朝は公園やビーチで、ランニングや、太極拳、ヨガなどをしている人も見かけられます。そんなバンクーバーの朝を地元の方に混じって体験!

そして、この日は街を散策。方向を訪ねるなど町歩き用の英語をおさらいしてから街に繰り出しましょう。デイビーストリート、ロブソンストリート、イェールタウンなどエリアによって街の雰囲気が変わってくるので、ここはこんな感じなんですよ〜というお話をしながら、気になる店やカフェに立ち寄ってみましょう。さっと軽くみんなで歩いたら、時間を区切って自由行動にするので、私と歩いてもいいし、気になる店をじっくり見てもいいし、存分に楽しんでください(^^

バンクーバーの中心街には大きなスタンレーパークという公園が隣接しています。車でも廻れるほどの大きな島のような公園。午後は、ここで先住民族の方にガイドをお願いして、自然と文化について公園を歩きながら、森林浴をしましょう。公園を存分に楽しむ時間に。

公園散策が終わったら、街へ戻ってショッピング&散策の続き。ショッピングの前には、ショッピング用英会話をおさらいしてからきましょうね(^^。時間があったらビリヤードなどやってもいいですね。日本の温泉地に卓球がある様に、民宿や集会場、学校の寮のみんなの部屋に時々あるのがビリヤード。私も向こうでカナダ人の友達に教えてもらいました(^^

夕方(といっても、夏のカナダは日が暮れるのがずっと遅いので、まだ昼間に見える頃)、シープレインという小型飛行艇に乗って、30分空からバンクーバーの街を空中散策。バンクーバーって、山と港と、川と街と、そんなものが全部ぎゅぎゅっと詰まったとっても美しい街なんです。現地の人でもあまり見たことがない、とびっきりの角度から街を堪能しましょう。

夕ご飯はどこか食べに行きましょうね(^^

【3日目】

3日目は大自然の日♪この日は丸一日、ガイドさんとともにネイチャーウォーク。自然の中を散策するので、ぜひジーンズに運動靴など動きやすい格好で。私は本格的な山登りする派ではないので、ハイキングして、森林浴楽しんで、自然の中でランチして、歩きながら鳥など野生動物をみて、バードウォッチングもしてという日にしたいな、と思ってます。是非、ガイドさんともたくさん話して、質問して、仲良くなってくださいね(^^

帰ってきたら、夜は自由行動で、マンションでゆっくりするもよし。ちょっと外を歩いてみるもよし。

【4日目】

次の日は、ノースバンクーバーと呼ばれる、バンクーバーの北側へ行きましょう。いつも通り歩いて船着場へ。地元の人が毎日の交通手段として使っているフェリーで対岸へ。対岸にまた別のちょっと小さめのマーケットがあるので、そこで朝ごはんはいかがでしょう。この頃には、英語で食べたいもの注文できるようになっているかなと思います。

港と対岸のバンクーバーの街を眺めたら、ノースバンクーバーの街の散策タイム。お洒落なお店やレストランが並んでいるので、自由行動で歩き回ってみましょう。

そして、地元の人が乗る普通のローカルなバスで、普通の住宅街を通過して、ちょっと離れた入り江のある街まで。バスに揺れること20分くらいかな?入り江の側の小さな小さな町ディープコーブに到着。ここでお昼♪ そして、カヤックに必要な英単語おさらいしましょう。

腹ごしらえが終わったら、入り江でシーカヤッキングを体験しましょう。初心者でも、乗り方から漕ぎ方まで丁寧に教えてくれるので大丈夫。2〜3時間くらいの優雅なカヤック体験です。街の喧騒から離れて、ゆっくり入り江をカヤックで楽しむ。とびっきりのカナダ体験です(^^

カヤックの後は、別ルートでバンクーバー市街地に戻りましょう。橋を渡って、昔日本人街のあった地域や中華街のある地域、ちょっとバンクーバーのディープなところもバスで見ながら町に戻ります。

夕方には、歴史的な町並みの残るガスタウンへ。ガイドブックでおなじみの町並みも単におみやげ屋さんを回るのではなく、そこにある歴史や建物のことなどガイドさんに紹介してもらいながらのウォーキングツアーです。ツアーの後は、ガスタウンで夕ご飯を。

【5日目】

5日目は、夏も冬も素敵なリゾート地ウィスラーへ。2010年冬季オリンピックの会場にもなったところです。バンクーバーからは海沿いと山間の高速道路を通って移動します。自然の中を駆け抜けるので、運がよければ野生の熊や鹿などもみえるかも?

途中カナダで3番目に高い滝シャノンフォールズやなども通過しつつ、ウィスラーに向かいます。ウィスラーでは、徒歩圏内で十分楽しめる可愛らしい町を散策したり、ゴンドラで山頂に登ったり、買い物をしたり、カナダ屈指のリゾートでのんびりと過ごしてください。

【6日目】

この日は午前中はのんびり過ごしましょう。キツラノという海沿いのお洒落でトレンディーなエリアにある大人気レストランで、いかにも北米の朝ごはん!という朝ごはんを食べましょう。

その後は、ビーチでゆっくり。散歩してもいいし、本を読んでもいいし、コーヒーでも飲みながら、のんびり過ごしましょう。カナダのヒッピー文化発祥の地であるキツラノや4番街あたりを散策して、自由でお洒落で粋な感じを楽しんでください。オーガニック系のお店やベジタリアン用のレストランなどが多いのも特徴。お昼に料理教室があるので、その前に料理英語をレッスンします。

お昼は料理教室♪地元の料理教室にみんなで参加。この日のメニューはなにかしら?英語で料理をして、美味しいもの食べて、他の参加者とも仲良くなれたらいいですね。

地元の料理教室探しています(^^
地元の料理教室探しています(^^

午後は、ちょっとアドベンチャーを。バンクーバーからすぐの山、グラウスマウンテンに行きます。グラウスマウンテン山頂まではゴンドラがあります。山頂ではゆっくり過ごしましょう。お土産物を見てもよし、外に座ってお茶を飲むもよし、木陰で本を読むもよし、散策してみるもよし。

バンクーバー最後の夜は、グラウスマウンテン山頂にあるちょっとお洒落なレストランでディナーを。バンクーバーの夜景が一望できるレストランで、思い出に残るひと時を過ごしましょう。

【7日目】

ゆっくり起きたら、マンションを出る準備。飛行機は午後なので、朝最後の散歩に出かけたり、ちょっと歩いて海を見に行ったり、思い思いに過ごしてください。

午後:バンクーバー出発

【日程&値段】
7月10日成田発〜7月17日成田着(仮:7月の第1−2に週を予定しています)
現地滞在は、バンクーバー10〜16日の7日間
うち1日ウィスラー日帰りミニトリップ付き。

定価:432,000円+消費税
2016年2月15日までの先行予約で、412、000円+消費税となります(^^
内訳  アクティビティ・ツアー代 ¥120,000
飛行機代 ¥100,000
滞在費(マンション)¥60,000
食費 (自由行動時を除く)¥60,000
交通費 ¥15,000
アテンド・レッスン代 ¥80,000
合計 ¥435,000

定員:5名(最小決行人数2名)

【先行予約・お問い合わせ】

先行予約とは:
2月15日までに「お申し込みに興味があります!」と言っていただく仮予約です。本予約ではありません。

2月中に詳細が決定しますので、その際に割引価格でお申し込みいただくことが可能です。もちろん仮予約のキャンセル代は一切ありませんので、「興味があるかも♪」という方、先行予約で割引ゲットしてください(^^

先行予約、お問い合わせはメールかFacebookメッセージで藍子まで(^^
私と一緒に、カナダに住むように暮らす旅してみたいなという方、お待ちしています〜
aiko.uda(@)univasteducation.com