【See you soon!| 行って参ります!】

今日は!お久しぶりです〜(^^ 世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です。
久しぶりの更新♪ 成田空港からお届けです〜(^^

成田エクスプレスにて

You know nothing happens by coincidence. Taking my family’s suggestion, I took Narita Express from Ikebukuro. I took a window seat without thinking much and then realized I had a round tour of Tokyo. Departing Ikebukro, Shinjuku, Shibuya, Ebisu, Shinagawa, Tokyo Station… all those places reminded me of my 8 years in Tokyo. すべてのことは偶然ではなく必然で起こるといいますね。家族のアドバイスを受けて、今朝池袋から成田エクスプレスにて空港に向かいました。何も考えずに窓際を選んだのですが、最後にぐるっと東京の街を一周できたことに気がつきました。池袋を出て、新宿、渋谷、恵比寿、品川、東京駅、すべての場所がこの東京での8年を思い出させてくれました。

素敵な天気だわ♪

I have nothing but gratefulness beyond words for all of you I have met, the time we have shared and experience we have had. I couldn’t be here today without any one of you. Thank you sooooooooooo much everyone! I love you and thank you very much for being a crucial part of my life! ここで私がお会いした皆さま、共有した時間と経験、そんなものすべてに想いを馳せて言葉では表せないほどの感謝でいっぱいです。皆さま、一人一人がいてくださったからこと、私は今日この場所に立てています。どうもありがとう!私の人生のかけがえのない一部でいてくださったことに感謝しています。

またブログで、ニュースレターで、オンラインレッスンで、そして海外の街や東京でお会いしましょう!

I will be coming back to Tokyo frequently. The next time is in September. I know it is like a long summer vacation! Hahaha Anyway, keep smiling and see you soon! 東京にはしばしば帰ってくるつもり。次回は9月の予定です。そうなんです、長い夏休みではないのかというツッコミも聞こえてきそうですが(苦笑)まぁ、そう堅いことは言わず(^^ また笑顔でお会いしましょう!行ってきます(^^/

*******************

nothing:何も〜なことはない
happens:起きる
by coincidence:偶然
taking a suggestion:提案を受け入れる、採用する
window seat:窓際の席
without thinking:考えることなしに
then:そして、それから
realized:気がつきました
departing:出発して
those:これらの
reminded me of…:〜を私に思い出させた

I have nothing but gratefulness:感謝以外は何もない
beyond words:言葉を超えて、言葉では表現できないほど
have met, have shared, have had:「出会った、共有した、持った」という訳ですが、現在完了形でhaveを使っていることによっって、「これまでに〜したすべてのこと」を含んだ表現になっています。
I couldn’t be here today:今日ここにいる(be)ことができなかったであろう
without any one of you:あなたたちのうちの、誰一人が欠けても
everyone:皆さま
being a part of my life:私の人生の一部でいること
crucial:かけがえのない

frequently:頻繁に
it is like…:まるで〜のようだ
a long summer vacation:長期の夏休み
anyway:とにかく
keep smiling:笑顔でいてね
see you soon:また会いましょう(「行ってきます」の対訳となっています。これは、日本語の「行って、来ます」から、一度行ってまた帰ってくるね=また会おうね、という意味合いととり、それを「see you soon」と訳しました。)

Moving to Vancouver!|バンクーバーに移住します♪

Hello, my dear blog readers. Today I have an announcement; I am moving to Vancouver, Canada, on July 12th, 2017. 🙂 Yeah!!! こんにちは!世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です。いつもブログをご愛読いただきどうもありがとうございます。本日大事な皆さまに大切なお知らせがあります。私、本年7月12日にカナダのバンクーバーに引っ越すことにしました!

Initially I had a plan of starting a company in Vancouver this year, living half and half in Vancouver and Tokyo and then moving there in two, three years’ time. However, a relocation option presented itself during the preparation and I decide to relocate back to Canada following my internal voice.  当初、今年バンクーバーで会社を立ち上げ、東京都バンクーバー半々の生活にし、2、3年後を目処に引っ越す予定だったのですが、その準備を進めている間に、再移住への道が拓け、本当にしたいこと、伝えたいことなど自身と向き合って考え、再移住を決断いたしました。

My new project: I am starting a local tour business in Vancouver. Since the first time I stepped onto the land, I fell in love with the city: the city itself, the nature and the people! Through my new business, I would like to show the beauty of the city and the nature, introducing people to various activities, getting to know the locals, and also offering enjoyable English retreats by combining my expertise. As an English coach, I would like people to experience that having English skills makes the travel experience far better and richer and of course I provide support on the communication skills.  最初にその地を踏んだときからバンクーバーが大好きな私は、どうしてもその魅力を皆様にお伝えしたい。自然も街も、人も本当に素敵なんです。その想いを胸に、バンクーバーで現地のツアー会社を立ち上げることにしました。新しいビジネスを通して、街と自然の美しさをご紹介し、アクティビティを楽しんでいただき、現地の人々とコミュニケーションを通して、バンクーバーの魅力を知っていただきたい。そして英語ビジネスと統合させて楽しめる英語ツアーもご提供してゆく予定です。英語コーチとして、もちろんコミュニケーションのサポートもしっかり致します。英語が出来ることで、旅はもっともっと楽しく豊かなものになるということもお伝えしたいのです。

I continue to provide English lessons and coaching sessions online via Skype or LINE. I have a plan to travel to Tokyo few times a year and face to face lessons and sessions are available when I am in Tokyo as well. もちろん今後も英語レッスンやコーチングは、オンライン(スカイプやライン)を使って提供していきますし、東京にも年に数回戻ってくる予定ですので、その折は対面レッスンも受けていただけます。

I am a traveler at heart and value communication highly. This is a shift to a new business style where travelling and communication meet in the beautiful city I love.
旅するコミュニケーターである私は、私の大好きな素晴らしい街で、心から愛する旅とコミュニケーションをより提供できるスタイルにシフトしていきます!

So, if you are in the neighborhood, please come and visit. I will show you the best of the city! :) 是非バンクーバーに遊びにきてくださいね。バンクーバーの魅力、そして現地の人と直接交流する楽しさを実感していただけることを保証します!

***********************

dear :親愛なる
announcement:報告
am moving to:引っ越します

initially :最初は
in two, three years’ time:2、3年のうちに
relocation:移住
option:選択肢
…presented itself:〜が目の前に現れた
during…:〜の間
preparation:準備
following…:〜に従って

local tour business:現地のツアー会社
fell in love:恋に落ちた
through…:〜を通して
introducing:紹介する
get to know:知り合う
the locals:地元の人
also:そして
offering:ご提供する
enjoyable:楽しめる
retreat:ツアー、旅行
combining:組み合わせる
expertise:専門性
as…:〜として
would like people to…:みなさんに〜していただきたい
experience:経験する
makes … far better and richer:….をずっと良い豊かなものにする

continue :継続する
via…:〜を通して
few times:何回か
a year:1年に
face to face:対面
available:実施可能

traveler at heart:心のそこでは旅人
value … highly:〜に価値を置いている、〜が大切である
shift:シフト、変化
are in the neighborhood:近所に来たら

Girls’ Lunch Day♪|女子会♪

みなさんこんにちは!
世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です♪

今日は先日の女子会のお話〜♪

One weekend, we organized girls’ lunch in a nice salad restaurant in Ebisu♪ The members were… how shall I put… like minded international girlfriends? The nationalities are not so international because most of us are Japanese… We met at InterNations, an expats community in Tokyo. So, we either have lived outside Japan, studied overseas, travelled overseas a lot, learned to speak English and other languages, exposed to the outside world, been in a interracial relationships…
とある週末、恵比寿のサラダレストランで女子会をしました♪メンバーは、なんて言ったらいいのかしら・・・インターナショナルな女子友仲間?参加者はほぼ日本人なので国籍は全然インターナショナルではないのですが、実はみんな東京のエクスパット(自国以外に住んでいる外国人)コミュニティー、インターネイションズで知り合った友達たち。だから海外在住歴があったり、留学してたり、海外旅行しばしば行っていたり、英語やその他の言語話せたり、異文化に触れたことがあったり、国際結婚・カップルだったり、そんな感じ。

Essentially, a group of girls who are not so Japanese! Oh, maybe one lady who was culturally the most Japanese was not Japanese. Hahaha. Funny.
つまり、あまり日本人らしくない日本人の女子たちです♪そして、その中で、最も日本人らしかったのが、もしかしたら日本人国籍じゃなかった子かも(笑)面白いですね〜

Anyway, it was FUN!!! FUN! FUN! FUN! Well, I cannot share the contents of our conversations because they are confidential, private and girly. 😉
ま、とにかくそんなこんなで、楽しかった!めっちゃ楽しかった♪会話の内容は、機密事項、プライペードで女子トークなので秘密です(^^

Ah, pictures? Once we sat down and started talking, we got heated up and completely forgot about pictures! So, here are some pictures from the restaurant. 🙂 This restaurant had a really good salad bar. Although it was very crowded and was hasty inside, the food was nice. That’s it? Yup, that’s it!
あ、写真?座って話し始めたら、話が乗ってしまいすっかり写真のことなんで吹っ飛んでしまいました(笑)と言うことで、レストランの写真だけ。サラダバーがあり、素敵なレストランでしたよ。とても混んでいたのでちょっとガヤガヤしていましたが、食べ物は美味しかった。それだけ?うん、それだけ!(笑)

**************

One weekend,:とある週末
organize(d):開催した、幹事をした、会を催した
member:メンバー、参加者
shall I…:〜しましょうか
put:どういう言葉に置く、どう表現する
like minded:似たような考え方の
girlfriends:女友達(彼女という意味もあり)
nationality:国籍
most of:ほとんど
expat(s):自国以外に住んでいる外国人の総称
either:のどれか
overseas:海外
exposed to…:〜にさらされている
the outside world:外の世界
interracial relationships:他民族間の結婚・付き合い・カップル、国際結婚、国際カップルのこと

essentially,:要するに、エッセンスは
not so Japanese:そんなに日本人ぽく・らしくない
culturally:文化的に
the most Japanese:最も日本人らしい

Anyway,:とにかく、
Well,:え〜と、
share:共有する
content(s):内容
conversation(s):会話
confidential:企業秘密、機密事項

get heated up:熱が入った
completely:完全に
forgot:forgetの過去形、忘れてた
here are:はいどうぞ!
Although:〜にもかかわらず
crowded:混んでいた
hasty:お店が騒がしい、ガヤガヤしていた
Yup:うん!(Yes! → Yeah! → Yup! の順にカジュアルになります)

Have a good day!
Aiko

【どうやったら海外に住めるかシリーズ】その7 超強力な助っ人!移民コンサルタントさん

こんにちは!
世界を旅するコミュニケーター・英語コーチの藍子です♪
このシリーズも最終回になりましたね。

さて、今日は移住を考える方に知っておいて欲しい
移民コンサルタントという方の存在について。

移民コンサルタントとは、ずばりビザや永住権獲得に関しての
専門家の方達のこと。移民専門の弁護士の方もいらっしゃれば、
弁護士と一緒にお仕事をなさっているコンサルタントの方も
いらっしゃいます。

そして、移民コンサルタントと一口に言っても
いろいろな方がいらっしゃるのですね。

私の永住権ですが、カナダは実は5年のうち2年間カナダに
滞在しなければいけないという規定があります。
帰国してすでに8、9年経っている私、
永住権カードに書かれた有効期限も切れてるし
もう失効してしまっていると思っていたのです。

バンクーバーでツアーやるのに、向こうで堂々とビジネスできたら
超楽なのに!と友人にぼやいていたら、
移民コンサルタント紹介してあげるから相談してみては?

「ほう」と思い、私の帰国してからの履歴などを
メールで問い合わせてみたのですね。
そして、ものはついでと他のコンサルタント何人かにも
同じ内容で問い合わせてみました。

私のメール内容は、永住権が切れてしまったということに加え、
学歴、職歴、渡航歴、カナダ滞在歴、そして日本滞在歴。

そのうち、対照的だった二つの返答をざっくり。

コンサルタントSさん:
カナダのビザオプションを羅列し、
(内容はこのブログの就労ビザ&永住権のお話とほぼ同じです)
もう一度、今度は投資移民として申請するルート。
カナダでビジネスを成功させる実力のあることを立証証明し、
起業の為の多額の資金が必要。ビジネス計画書提出してください。

→ 藍子:うっひょ〜!!!超〜面倒!(笑)

コンサルタントIさん:
ん?宇多さんの永住権、確かにカードの有効期限は切れてるけれども、
カナダ国民と日本で生活していたんですよね。
書類さえきちんと揃えれば、例外適用で数ヶ月で確実に更新できますよ。
申請料100ドル(約9000円)です。

→ 藍子:え、例外適用!?なんだ更新できるの!?!?!?(@@

はい、実は更新できるんですって(笑)
すっかり忘れてた運転免許が更新できたみたいな感じ。

これって、移民コンサルタントの方の知識と経験なんです。
これこそ専門家の方にお願いするメリットだと私は思っています。

もし私がSさんにお願いしていたら、開業準備をして資金を工面し
何年もの年月をかけて申請が下りない可能性だってある。
でも実は更新可能だったなんて、知らなかったら分からないことなんです。

もちろん、私英語ができるのでコンサルタントの方に連絡する前に、
自分でカナダの移民局のウェブサイトで条件を全てチェックしていました。
Sさんがおっしゃってくださったことは、正しいのです。
もし私が永住権持っていなかったら、そのルートもありなのでしょう。

でも、Iさんは私の永住権がまだ切れていないという例外措置を知っていて、
解決策として提案してくださった。これぞプロの仕事と思いました。
ちなみに、私はその例外適用を見つけられなかったのです。
どこかに書いてあったのか、書いていないことなのか。
そこまでは私も知り得ません。

ということで、もし移住を考えていらっしゃる方、
なかなか解決策が見つからなかったら移民コンサルタントの方を
検討してみてください(^^

初回は無料相談に乗って下さるところも多いですし、
大体の点数をチェックして下さる方もいらっしゃいます。

そして、是非是非、何名かの方に連絡を取り、あなたにとって
本当に良い解決策を提示して下さるコンサルタントさんを選んでください。

もし、カナダへの移住をお考えなら、私のお願いしたIさんはこちらです。

カナダ移民コンサルタント
市村 隆様 Mr. Takashi Ichimura
Taknar Consluting, LTd.
http://www.taknar.com

あなたが本当に住みたいと感じられる場所で、
自由に楽しくハッピーに生き生きと暮らせることを願って!

藍子

【どうやったら海外に住めるかシリーズ】その6 永住権をほぼ確実に取得する方法

こんにちは!
世界を旅するコミュニケーター・英語コーチの藍子です♪

さて、永住権の取り方。昨日お話した永住権は
時には数年かかってしまったり、英語力や職歴などで
点数を稼がなければいけないなどいろいろ苦労もあります。
そしていろいろ手を打って何年も待ったけれども、
下りなかったということもなきにしもあらず・・・(- – ;

では確実に取る方法はないのかというと、私はあると思うんですね。
それは市民権や永住権を持っている人と結婚すること。
冗談でも嘘でもないですよ、本当です!
私がカナダの永住権を持っているのもそのおかげです。

元配偶者がカナダ人だったので(はい、いろいろあり元です(^^;
カナダで結婚した時に永住権を獲得しました。

配偶者となった場合、配偶者ビザも数年後に取れるであろう永住権も
普通に善き市民で、普通の収入があり、結婚の証拠があれば
ほぼほぼ確実に取れる方法なのです。

よく冗談で言いますよね、現地で彼氏・彼女見つけて結婚すれば?
あれです(笑)

そして、これ結婚詐欺をしてくださいということでは全然ありません。
時々いるのです。現地の異性の友達が、そんなに住みたいんだったら
籍入れてルームメートとして同居して永住権申請して
数年後に別れたことにして離婚する?
みたいな!それはダメですよ!

永住権申請の時には、馴れ初めを聞かれたり、付き合っていた時の
メールのコピーを提出したり、「本当に恋愛→結婚いたったか」の
根拠をとことん聞かれます。ので嘘は厳禁(笑)

それでも、私がここで真面目に
「現地の人と結婚して永住権も正規ルートとしてありですよ」
という理由をお伝えします。

今みなさん日本に住んでいらっしゃいますよね。
周りにいる人ざっと見てください。
この国で暮らして生活しているからこそ、
ここの人と出会い、ここで結婚し、新たな生活を送っているんです。

例えば東京に今住んでいて、これからも東京に住みたくてという人は、
東京にいるうちに、東京で運命の人に出会って、東京で同棲始めて・・・
これって普通のことですよね?

可能性として、結構高いと思いませんか?
よくあるお話。そんな人ごろごろいます。

と言うことはですよ、もしあなたが今
「よく分からないけどこの国に住みたい!」
と思っているのであれば、きっとその国には何かあるのではないかしら?

もしその場所があなたが住むべき場所であるなら、
あなたが出会うべき人がそこに住んでいる可能性って
結構高いと思いませんか?

と考えたら、あなたが住むべき運命的な場所なら、
そこに運命の人がいて、付き合うことになって結婚してって
いつの間にか永住権が取れていたなんてこと、普通のことなんですよ。

だって、日本んいいる永住権や配偶者ビザをお持ちの外国人見てみてください。
奥さんや旦那さん日本人でしょう?
海外在住の日本人の旦那さんや奥さん見てみてください。
配偶者が現地の人ってこと、多くないですか?

私が言いたいのは、
もしあなたが本当にその場所に惹かれている、
運命的に住むべき場所だ!みたいなところがあるのであれば、
そこに住む手段はどこかに必ず転がっているはず。

だから一見難しそうに見えても、
諦めないで探して欲しい。

そういうことなんです。

このシリーズも、次回で最終回。
次回はビザや永住権を考える際の強力な助っ人となる
移民コンサルタントという専門家さんについてお話したいと思います。

それではまたね。
藍子

【どうやったら海外に住めるかシリーズ】その5 永住権をゲットする!

こんにちは!
世界を旅するコミュニケーター・英語コーチの藍子です♪

さて、このシリーズも佳境に入り、今日は永住権のお話です(^^

永住権って、永久に住むことができる権利なんですね。
アメリカの永住権は Green Card と呼ばれています。
聞いたことがある人も多いのでは?

これまでお話していたビザはこれをしていいですよ、という許可制なのに対し、
永住権は権利なので、住む権利を持っているのです。
そして、住むからには学校に行ったって、働いたって、
何をしてもいいのです。

昨日の就労ビザの場合、職種が専門職だったり、
この人しかできないという内容の職業じゃないとビザが下りない
なんてことがあるのですが、永住権の場合はなんの仕事でも構わないので
コンビニのバイトや、カフェでお小遣い稼ぎとかでも全然OK。

市民権ではないので選挙権だけありませんが、
それ以外はほぼほぼ国民と同じことができちゃうのが永住権♪

じゃ、これはどうやってゲットできるのか。
国によりますが・・・
発展途上国などは、お金があれば買えちゃうところも。
カナダなどでは、結構条件がきびしいのです(^^;

でも諦めないで!取る方法ざっくりと説明します(^^

多くの国では、永住権は点数制になっています。
学歴や職歴、収入や、語学レベルそんな項目が多々あり、
通信簿のように「最終学歴4年大卒だから何点、
英語の実力これくらいだから何点・・・」と点数化されて、
じゃじゃん!あなたの点数が出ます。

ちなみに英語圏にいく場合、英語の点数の割合が多いことも。
読む、聞く、話す、書くの4技能でチェックされることも多いので、
もし確実に点数を獲得しておきたい方、お手伝いしますよ(^^

↓短期集中英語のコーチング
http://www.univasteducation.com/33521354861246712540124811253112464.html
↓英語レッスン
http://www.univasteducation.com/125031252112452125051254012488335213548612524124831247312531.html

さて、あなたの点数が出たら大体の合格ラインという基準があるので、
それと照らし合わせて、満たしていそうなら申請して、
数ヶ月〜数年待って、無事永住権取得という流れになります。

もし移住を考えている方、自分の行きたい国の基準を調べて、
仮に今の自分がどんな点数なのか確かめてみるのがいいと思います(^^

また、国によっては、ビジネス移民や投資移民なんていう枠が
ある場合もあります。

大学入学に、一般入試で入る人もいれば推薦で入る人がいる、
似たようなシステムと考えていただければ(^^

「現地で○○の会社をやります。企業企画書はこれ。
これであなたの街の経済を活性化させますよ!」みたいな
企業家精神の方、向いています。

そうやって、自分の国の料理を提供するレストランを開店させて
滞在する人もかなり多いので、「日本人経営の日本食レストラン」などが
増えていくんですよ(^^b

さてさて、永住権取得にもうひとつ忘れていけない項目がありまして、
そのお話を明日いたしますね〜♪

藍子

【どうやったら海外に住めるかシリーズ】その4 海外で働くための就労ビザ

こんにちは!
世界を旅するコミュニケーター・英語コーチの藍子です♪

さてさて、「海外で住みたい!」というあなた。
海外で仕事をしてお金を得る方法を考えましょう(^^

実は選択肢が幾つかあるんですね♪

1.日本でお金を稼いで、海外で暮らす

例えば翻訳家さんや作家さんなど執筆関係で稼いでいる方や、
デザイナーやプログラマーなどネットなどで仕事ができる方、
自営業の会社で場所固定でなくてもできる方、
自分がその場にいなくても稼げるビジネスを持っている方、
自分の不動産や会社から収入が自動で入ってくる方、
こんな方は稼ぐのは日本で、暮らすのは海外という生活ができます。

最近働き方も多種多様で、フリーランス系の仕事が増えていく今の時代。
働き方を考えてみるのもてなのかな?

さすがにじゃ、不動産幾つか買おうか!といきなりそこまでは行けなくても、
オンラインでできる仕事やビジネスを立ち上げることは
アイデアしだいでできる時代(^^
可能性のひとつとして考えてみてくださいね。

2.就労ビザをもらう

就労ビザとは、働いていいですよ、という許可書ですね。
これを貰えば正々堂々と現地で仕事をすることができます。

就労ビザには各国いろいろな規定があり、
それぞれ条件もたくさんあるのですが、
よくあるパターンは、今の会社の海外支社に転勤のようなパターン。
この場合は、ビザが仕事と一緒にもらえるので、楽チンです。

そして、職種と今いらっしゃるポジションによっては、
今ある知識と経験を強みにして、海外での職をゲットし、
その会社にビザのスポンサーをしてもらうこと。

ビザのスポンサーとは、「この人を雇いたいのでビザ発行してください」と
会社から申請するパターンです。

職がない人が「働きたいから就労ビザください」と言っても
ほぼもらえないのが現状なので(^^;、会社のスポーンサー大切ですよ。

また、特技が現地の人が持っていないような特技で需要のあるもの
(よくあるのが寿司職人や、伝統的技術の持ち主、スポーツのコーチなど)
に当てはまる職種の人は、特化した就労ビザが降りる場合も。

さて、明日はいよいよ永住権のお話をします〜(^^

永住権ってなんぞや???お楽しみに!

藍子