Japanese Festival in Vancouver|バンクーバーで御神輿♪

こんにちは!
世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です♪
夏はやっぱりお祭り!ということでお祭りのお話〜(^^

バンクーバーで夏祭り!

Yes, I am still in Vancouver and I am enjoying a Japanese festival here! I had no idea today was the festival day and I just happened to be here! Had I known, I could have put on my Yukata! はい、私まだ帰国していませんよ、バンクーバーで御神輿とお祭り楽しんでます♪ 今日お祭りとは知らずにたまたま居合わせた私(笑) こんなことだったら浴衣着てきたのに!

Did you know that we can write Vancouver in Chinese characters? It is spelled as night, scent, and wave. Isn’t it a little romantic? It is written on the stage lanterns. バンクーバーってちなみに、漢字で「晩香波」と書んですよ(^^)b 夜、香る、波。なんか素敵♪ 提灯に書いてあります。

Vancouver has an area which used to be called Japan Town and we still do have a lot of Japanese Canadians. This festival is called Powell Festival, held every year in a park located near what is used to be Japan Town. There was Japanese music, Japanese prayers, and Mikoshi – the little shrines that people carry. It had been a while since I heard those prayers. バンクーバーにはジャパンタウンと呼ばれた街があり、日系の方々も沢山住んでいらっしゃいます。そんなかつてのジャパンタウンにある公園で、今でも毎年開催されるパウエルフェスティバル。お囃子があり、祝詞があげられ、御神輿が担がれます。祝詞、久しぶりに聞きました(^^)

最初はお囃子があって、
ちゃんと本格的なお神輿です。
そのあとに祝詞があげられ
準備はいいですか???
男性神輿と

女性神輿
皆がいる公園をざっくばらんに神輿が練り歩きます(笑)
これはね、多分寿司になるゲーム?
可愛い子が軍艦巻きになっていました(笑)一体どんなゲームなんだろう、、、?

I has a little hungry so I had Osaka Balls, not Takoyaki, which is what we usually call them. They were almost like authentic Takoyaki but the inside was shrimps and scallops instead of octopus. Maybe for those who can’t eat ouctopus? ちょいとおなたすいたのでたこ焼きならぬOsaka Ball。これはたこ焼きのことかな?でも中身が海老とホタテ。きっとタコが苦手な方用かな?

オオサカボールなるもの発見!!!
ほらね(笑)
見た目はたこ焼き。ちゃんと日本人の方が作ってくださっていますよ〜
写真がちょっとぴんぼけだ〜

*********************
festival:まつり
had no idea:全然知らなかった
just happened to…:たまたま〜だっただけ
Had I known:If I had knownの省略形、倒置法を使っています。意味は、もし私が知っていたら
could have…:〜することができたのに
put on:着る、wear=put onです

Chinese characters:直訳「中国の文字」=「漢字」のことです
lanterns::提灯

used to be called…:かつて〜と呼ばれていた
held:開催される
located:位置している
what is used to be Japan Town:かつてジャパンタウンだったところ
Japanese prayers:祝詞(直訳:日本のお祈り)
shrines:神社や祠に使われる単語
It had been a while:久しぶり

authentic:本物の
shrimps and scallops:エビとホタテ
instead of…:〜の代わりに
octopus:たこ
those who…:〜なひと

Parallel Parking on the “WRONG” side|外国運転事情、縦列駐車編

こんにちは!
世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です。

Few days ago, I was driving to explore a town and found a free 2 hour parking spot on the street. I was very happy thanking my good luck, stopped right by the car parked in front of that spot, changed my gear and noticed.なんだか中国語のようなタイトルですが、先日街歩きに車で出て、2時間無料の路駐スポット発見!ラッキー♪と意気揚々と、その前に駐めてあった車に横付けしてシフトチェンジして気がついたよ。

“OOPS! I am parallel parking on the wrong side of the street with the reversed driver seat…” (In Japan, we drive on the left side and the driver sits on the right. In Vancouver, people drive on the right yet “wrong” for me side and the steering wheel is on the left. Essentially, all is reversed…)
「しまった、左ハンドルで右側に縦列駐車、、、」

I hesitated for a split second but no, no, no. Without parallel parking skills, I can’t drive freely. So I tried. As you can imagine, I bumped in to the side walk three times… but finally managed to fit with the 4th trial.
一瞬迷ったけれど、いやいやこれができないと始まらん、と思いいざ!案の定、縁石にタイヤがぶつかること3回〜( ̄^ ̄)4回目にして成功。

It was a busy street with many people walking by. I know people were laughing probably… Next time!
人通りの多い道、絶対「あの人下手ね〜ぷぷぷ」と思われていた事でしょう(笑) 次回こそは!

**********************

parallel parking:縦列駐車、「parallel」 はスキーのパラレルと同じで「平行の」という意味
on the “WRONG” side:「道路の反対側を運転する」という表現の場合、本当は運転してはいけない側を走ることになるので、「道路の反対側=間違った側を運転する」という表現が使われます。なので「道路の反対側」というときには、「on the wrong side」。
ここでなんで””がついているのかと言うと、カナダでは「右側車線」「on the right side」ですね。「right」には、「右」という意味と「正しい」と言う意味があります。「on the right side」と言うと「右側車線」と言いつつ、「正しい車線」になるのですが、私にとっては「反対車線」「the wrong side」になるので、「wrong=反対、間違った」なんだけど「right=右、正しい」とシャレになっているから、””がついています。

explore:探検する
thanking my good luck:自分の幸運に感謝しつつ(「thank」という単語は「感謝する」というれっきとした動詞です)
right by the car:車のすぐ(right)真横に(by)
gear:ギア=シフトのこと
noticed:気がついた

OOPS!:おおっと!
reversed:反対の、逆の(昔よく遊んだカードゲームUNOに「リバース」っていうカードありませんでした?反対周りになるカード。あの「reserve リバース」。ちなみに「reverse + able」とくっつけると「反対にする+ことができる」で、「reversible」「リバーシブル」です♪)
steering wheel:ハンドル(「steering」は「舵を取る」、「wheel」は「車輪」。車のハンドルは丸いので、wheelが使われます)
essentially:つまり

hesitated:迷った
for a split second:ほんの一瞬
Without:〜なしに
As you can imagine:ご想像の通り
bumped in to:〜にぶつかる
the side walk:歩道(の縁石の意味)
managed to fit:fit =ぴったり入れる、manage to =なんとかして〜し遂げる

busy street:人通りの多い道
walking by:横を歩く、通り過ぎる
laughing:笑う
probably:多分

Got a Car!|車ゲット♪

こんにちは!
世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です(^^

ボンネットの下は未知の世界です〜(笑

It took a while to get my Canadian driver’s licence but now I got a car finally! Today is a tune up day. I think this was the first time in my life that I stared at under the hood! Hahaha This little car is going to get me where I need to go. :) カナダの免許取るのにちょっと時間かかっちゃったけれども、やっと車をゲットしました!今日はチューンアップの日。こんなに長い間、ボンネットの下に何があるのか見たのって人生初かも?(笑)この相棒が私を行きたいところに連れていてくれる予感♪

***********

took a while to…:〜するのにしばらくかかった(「while」は「しばらく」)
driver’s licence:運転免許
finally:とうとう
the first time in my life that…:私の人生で初めて〜した
stared at…:〜をジッと見る
hood:発音/フッド/、洋服のフードと同じ単語でボンネットという意、ボンネットはイギリス英語です
where I need to go:私が行く必要がある場所

Thoughts on Tea | お茶のお話

こんにちは!
世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子@バンクーバーです♪

今日はお茶のお話〜

ハイアットホテルロビーにて♪

There is a huge world of tea out there. From standard English Breakfast, Earl Gray, to African Rooibos (one of my favourites!), Sri Lankan tea Nirgiri and Assam, Chinese Oolong and Jasmine, or Japanese Sencha just to list few. お茶の世界って奥が深い。スタンダートなイングリッシュブレックファースト、アールグレイから、アフリカのルーイボス(私の好きなお茶t!)、スリランカのニルギリやアッサム、中国の烏龍茶やジャスミン、日本の煎茶などなど。

The other day, I had tea from Starbucks here in Vancouver. It was called “Teavana Shaken Iced Tea Infusion.” The lady behind the counter asked me, “Which tea would you like?” I asked “What do you have?” She went, “White, Black, Red or Green!” 先日バンクーバーでスタバに立ち寄ってお茶を注文。「ティーベルナ・シェイクン・アイスト・ティー・インフージョン」という長い名前。カウンターのお姉さん「どのお茶がいいですか?」私「なにがありますか?」。彼女の答えがなんと「白、黒、赤か緑!」

Hm. See, there is a WHOLE world of tea out there. Each tea has its distinctive flavour and taste. Isn’t it a little too rough to call them by the color?  えっとですね・・・(ーー )、世界には奥が深〜〜〜いお茶の世界というものがあるのですよ。それぞれのお茶には特徴的な香りやありがあってですね、それを色分けしてしまうのは、あまりにもざっくりすぎやしませんか?

これは「White Tea」でした・・・(ーー)

*******************

huge:でかい
out there:世の中には
standard:スタンダートな、標準的な
just to list few:幾つか例を挙げると

the other day:先日
shaken:シェイクされた(カクテルのシェイカーのイメージです、「shake」は「振る」)
infusion:インフージョン、香りを注入する
the lady behind the counter:カウンターの向こうの女性、お店の人
asked:聞きました(「質問をする」ときの「聞く=尋ねる」は「listen 」や「hear」ではなくて「ask」です(^^b)
Which …. would you like?:どちらがよろしいですか?
What do you have?:なにがありますか?(選択肢を聞くときにとっても便利。旅行永川必須です!)
she went:〜と彼女は言いました

Hm.:うーん、えっと
See,:ほら、
there is:あります
each tea:それぞれのお茶(「each」は「各々の」という意味なので、単数で扱います。つまりteaに複数のsはつきません)
distinctive flavour and taste:特徴的な香りと味
rough:粗い
call:呼ぶ
by the color:色でもって

Aiko’s Tour No. 6 : Kits Beach & Olympic Village|藍子ツアーその6:キッツビーチとオリンピックヴィレッジ

こんにちは!
世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です♪

なんだか更新が不定期になってしまってゴメンなさい(><)
写真の整理がおいつかなくって、、、
さて、今回の藍子ツアー最終回です♪

次の目的地はキツラノです〜♪

Yes, Vancouver has beaches and this is Kitsilano Beach. My favourite. 🙂 From here, we can see the downtown Vancouver, Stanley Park and all the mountains in the background. I think it is spectacular. The sun is nice and hot and the breeze is nice and cool. We had ice cream by the beach and I also got some freshly picked local blueberries and cherries for a new friend. Very happy. はい、バンクーバーにはビーチがあるんですよ♪ここはキツラノビーチといいます。ここも私のお気に入り(^^ ここからダウンタウンバンクーバーと、先ほどのスタンレーパークが一望できて、その向こうには山並みも。本当にいい景色。お日様は程よく暑くて、そよ風は程よく涼しくて。ビーチ沿いでアイスクリームを食べて、この日新しくできた友人への手土産に、地元で採れたばかりのブルーベリーとさくらんぼを購入。とっても幸せ〜♪

道端に咲いてた綺麗なお花♪
ビーチ到着!
さっきのスタンレーパークが島みたいに見えるでしょ?
こんな風景をみながらアイスタイム♪
やっぱり夏はアイスよね。木陰は涼しいけれど(笑)
地元のベリー発見!
山盛りなのです(^^
手土産にゲット!

At the end of the day, we had a walk in Olympic Village, a relatively new part of the town. There were two beavers in a pond, which is supposed to be in the greenish picture but I cannot find it now… この日の終わりはオリンピックヴィレッジという街の比較的新しいエリアを散策。池にはなんとビーバーが2頭!緑の写真のどこかにいたはずなんだけど、どこだかわからなくなっちゃった(笑)

え〜とね、この中にビーバーがいたのです・・・。中央左寄りの岩あたりにいて、いた!と思って写真を撮ったのに、見つからない・・・(^^;
ここはオリンピックビレッジからの眺めです。右に見えるのはサイエンスワールド。
空が広いねぇ〜♪

Thank you so much for driving all the way up from Seattle. I love you! Next time, see you in Seattle. 🙂 It was very nice meeting you M, and thank you for having us for a wonderful delicious dinner. And, thank YOU so much for reading!!! わざわざシアトルから車で来てくれたふたり、どうもありがとう!次回はシアトルで会おうね(^^ そして、Mさんお会いできてよかったです。素晴らしいご飯ごちそうさまでした。そして皆様、読んでくれてありがとう〜(^^/

***************

favourite:お気に入りの
downtown:中心街
in the background:背景には
spectacular:壮観、眺めがよい
by the beach:海岸沿い
freshly picked local blueberries: 摘んだ (pick) ばかり (freshly) の地元のブルーベリー

relatively:比較的
beavers:ビーバー
pond:池
is supposed to be…:〜のはず
greenish:緑っぽい
find:見つける

all the way up:わざわざずっと上まで
thank you for having us:私たちを招待してくれてありがとう(「have us」とは「私たちを迎え入れる」とか「私たちを招待する」という意味。招待したホスト側からすると、「The host has guests.」の「have」です。)
thank YOU:あなたに!の部分を強調しています

【Aiko’s Tour No. 5: Downtown & Stanley Park Drive|藍子ツアーその5:ダウンタウンとスタンレーパークドライブ】

こんにちは!
世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です。

街なかのレインボー

We went off on a quick drive of Downtown & Stanley Park. Vancouver is quite open to LGBT and do you see this rainbows? This is a sign to show the place is LGBT friendly and even some cross roads are painted in rainbows. It’s nice, isn’t it? それから私たちはダウンタウンとダウンタウンに隣接するスタンレーパークという公園のドライブへ。バンクーバーはLGBTにとってもオープン、街中でこんな虹の印や旗をよく見ます。これはLGBTフレンドリーなお店ですよ、という意味。車から写真が撮れなかったのですが、横断歩道まで虹色に塗られているところもあります。いいと思いません?

LGBTフレンドリーの印です♪
ほら、横断歩道も。見えるかな?

Then a beautiful park called Stanley Park. We just drove around the park looking at Downtown, North Shore, West Vancouver, Lion’s Gate Bridge… If you have more time, it is also nice to go around the park on bicycles. There are also various spots you can visit such as an aquarium, totem poles, etc. but some other time. 😉  そして、スタンレーパークと呼ばれる美しい公園へ。今回はぐるっとドライブしただけでしたが、ダウンタウンや、大きな川の向こうのノースバンクーバー、山沿いのウェストバンクーバー、ライオンズゲートブリッジという橋など、美しい景色がどんどん出てきます。もし時間があったら、自転車で公園を楽しむのもおすすめ。水族館やトーテムポールなど、景色以外の見所もありますが、それはまた次回のときに(^^

その後一行はスタンレーパークへ♪

こんな町並みをみながらぐるっと道が整備されています
ダウンタウンが綺麗でしょ?
この先にはトーテムポールがあります
サイクリングを楽しむこともできますよ!
海の向こう側はノーズバンクーバーとウェストバンクーバーという街。
公園はダウンタウン脇のビーチにつながっています

***************
went off:出発しました
quite:結構、かなり
open to:〜にオープンである
LGBT: lesbian レズビアン, gay ゲイ, bisexual バイセクシュアル, transgender トランスジェンダーの頭文字
… friendly:〜に理解のある、〜を快く受け入れる
even some cross roads:幾つかの横断歩道 (cross roads) でさえ (even)
are painted in rainbows:虹色で塗られている(「何色で」という時の前置詞は「in (colors) 」になります)

called…:〜と呼ばれている
just:ただ単に
shore:岸
there are…:〜があります
also:そして
various:様々な
such as:〜のような
aquarium:水族館
totem poles:トーテムポール(先住民族の美術品の一つで、丸太に彫ってある大きな彫刻。柱のように地面に立ててあります)

【Aiko’s Tour No. 4: Granville Island Cnt.|藍子ツアーその4:グランビルアイランド続き】

こんにちは。
世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です。

あちこち散歩してみましょう〜♪

Granville Island is also a nice place just for strolls. Colourfully painted cars, a “postal coded” mailbox, a cute warning (no, ducks are not dangerous). We stopped by at a coffee place. I love this smoothie brand, Happy Planet. This is Extreme Green, which looks bitter but I promise you it tastes good!!!  このグランビルアイランドはただ散歩するだけでも面白いですよ。とってもカラフルに塗られた車や、郵便受けのデザインはなんと郵便番号、可愛らしいカモ注意の看板(あ、別にカモが危険なわけじゃないですよ)。そして、コーヒーを飲みにカフェへ。Happy Planetは濃厚で美味しいスムージーのブランドです。これはエクストリームグリーン=超緑、名前も見た目も苦そうだけど、とっても美味しいんです。お約束します(^^

この車すごいなぁ・・・
このポスト、郵便番号柄(笑)
かも危険!ではないです(^^; 注意してあげてねマークです(笑)
他にも見るところはたくさんあります〜♪
これは鉄細工屋さん。英語では「— smith」は「〜工」という意味で、例えば lock smithは鍵屋さん。
ね、アイロンワーク、鉄細工が黒いでしょ?だから black smith.
こんなシルクの工房もありました。
青空に映えるね!
そして立ち寄ったのが、お花が綺麗なこのカフェ
店内はこんな感じです。
カウンター
天井も広々〜
天気がいいのでパティオに座ることにしました。
3人仲良くおしゃべりしながら休憩〜♪
好きなスムージーブランド、ハッピープラネット♪
もちろんカナダブランドです(^^
そうそう、バンクーバーってコーンでできたプラスチックで、ちゃんと自然に還りますよという製品も多いんですよ。
自然との共存は大切ですね。
夏のバンクーバーはやっぱりパティオが一番です!

******************
strolls:散歩
painted:色が塗られた
“postal coded”:優品番号が刻印された
mailbox:ポスト
warning:警告
stopped by:立ち寄った
smoothie:スムージー、
brand:ブランド
extreme:極限まで
looks bitter:苦そうに見える