【Thoughts about Hugs |ハグについて考えた】

こんにちは!世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です♪

In Japanese culture, greetings are easy. We bow or wave with smiles. No biggie. When one culture meets the other, it is a little more complicated. 日本文化なら挨拶はシンプル。お辞儀をするか、笑顔で手を振するかで、そんなに複雑にはならないですよね。しかし、二つの文化が混じったとき、もう少し複雑になってくるのです。

こんなお昼食べながら考えてみた(^^

Although I got used to hugs in Vancouver, it still does have its difficulties. First of all, you don’t know you which side you should tilt your head to. Most of the times, you figure out in the split second and adjust. Sometimes you and the other person start tilting in one direction and then quickly adjusting to the other side together and bang! It is a comedy. バンクーバーで私はハグに慣れたのですが、それでも難しい点がいくつかあるんです。まず、どちらに頭を傾ければいいのかわからない。ほとんどの場合、相手の出方を瞬時に判断して調整するのですが、時々相手と同じ方向に傾けてしまって、お互い慌てて反対方向に傾けて、ごっつんと(^^; コメディーにしかならない(笑)

Then, there is a pressure concern. In Canada, my host families and friends used to give me good heartfelt bear hugs. I remember at my first arrival to Vancouver a little short of two decades ago, my host father gave me a big hug and it was a big culture shock. lol Of course, I got used to it fairly quickly and didn’t have to freeze every time.  それから強さの問題もあります。カナダではホストファミリーも友人も温かみのあるぎゅっとしたハグをしてくれていました。約20年位前、始めてバンクーバーに行った時のホストファザーのむぎゅう!というハグにカルチャーショックを受けたのを覚えています。もちろん、それにもすぐ慣れ、毎回凍らなくても良くなりました。

However, as I got to know Francophones, I realized their hugs were lighter usually with putting hands lightly on the other person’s arms and with cheeks touching possibly with air kisses. These are also common in many parts of Europe, I believe. しかし、フランス系カナダ人と知り合うと、ハグがもっとふわっと軽いことに気づきます。相手の両腕に両手をそっと添え、頬と頬を合わせて、場合によってはエアキス。ヨーロッパの多くの場所ではこんな感じの挨拶が多いかなと思います。

Now kisses; not romantic kisses, greeting kisses, where two cheeks meet. If you are from non kissing/hugging country, nobody actually tells you how to do this, so you need to get used to it by being in the situation (which can be a little surprising) and figuring out what the heck is happening. You don’t actually kiss that much, simply two cheeks meet with or without the sound of a kiss. It is also tricky because there can be one, two or three kisses. You think you finish with two and end up “escaping” from the third. さて、このキス、ロマンチックなキスではなくて、頬と頬を合わせる挨拶のキスです。キスやハグの挨拶がない文化で育った場合、この挨拶キスを習う機会ってなかなかないのです。なので、そんな状況に身を置き(最初はびっくりします(^^;)一体何がどうなっているのか解明しつつ、慣れていくしかないのです。因みにキスといっても、そんなにキスはしません。単に自分の頬を相手の頬に合わせるか、時々キスの音を立てるだけ。難しいのは、キスが片方の頬だけの時もあるし、右左と両方の時もあるし、右左右と3回になることもあるのです。(左右のどちらが先かは、その時と場合によります)そして2回かなと思って身を引いたら、相手からの最後の1回に透かしを食らわせてしまうなんてことも。

Lastly, things get hilariously complicated in Tokyo because people I know are from various backgrounds and have been in various places and we don’t know what to do. I just met a Japanese lady today who lives in Spain, and the greeting was in Japanese with a lighter hug and two kisses. Who knew? With a Japanese person who has lived in the US for few years, we might give each other a bear hug. Sometimes, some Japanese friends give me hugs with arms wrapping but there still is a space in between possibly due to Japanese shyness? That, I consider a Japanese greeting hug. さて、この挨拶事情、東京にいるとめちゃくちゃ複雑になります(^^; 私は様々な文化背景出身の友人知人や、海外の多くの都市に滞在経験がある知人友人が多いのですが、お互い何をどうすればいいのかわからなくなってしまうのです。今日スペイン在住の日本人の友人に会ったのですが、挨拶は日本語で「お久しぶりです〜」といいつつ、ハグと両頬キッス。アメリカに数年住んだことがある別の日本人の友人とは、北米流のぎゅっとハグ。ときどき日本人の友人でハグをしてくれる人の中には、腕を回してのハグなんだけど、でも微妙に体は密着しない・・・のはシャイな日本文化かな?きっと日本式ハグと私は名付けています。

On the contrary, non Japanese people in Tokyo might not hug at all because they are in Japan, aware of our culture and I am Japanese…… 逆に東京にいる外国人の方は、日本に住んでいるし、日本文化の理解があるし、私が日本人なので、ハグがないことも・・・

So the conclusion? We try to assess the situation and act accordingly in the very limited few seconds of the meeting! Don’t you think it is a lot of pressure to get it right?!?! 結局にどうするのかって?出会った瞬間の数秒で瞬時に状況判断し、行動に移すんです!結構大変なプレッシャーだと思うんですけど、どうでしょう???

***********************
greetings:あいさつ
bow:お辞儀する
wave:手を振る
No biggie.:No big deals.の省略形で「大きな問題ではないですね」と言う意味です
one … meets the other:〜がもう一つの〜に出会うと
complicated:複雑な

although:にもかかわらず
got used to…:〜に慣れた
hugs:ハグ
still:それでもまだ
difficulties:難しさ
first of all:まず第一に
should:べき
tilt your head:頭を傾ける
most of the times:ほとんどの場合
figure out:理解する、察する
in the split second:ほんの一瞬で
adjust:調節する
the other person:相手の人
in one direction:一つの方向に
bang:ごつん!

then:それから
there is…:〜があります
pressure:圧力、強さ
concern:懸念。問題
heartfelt :心の通った、温かみのある
bear hugs:ぎゅっとしたハグ
a little short of…:〜弱
two decades:20年、decadeは10年です
big hug:ぎゅっとしたハグ
of course:もちろん
fairly quickly:結構早く
didn’t have to…:〜しなくてよくなった
freeze:固まる

however:しかし
as…:〜につれて
I got to know:知り合う
Francophones:フランス系カナダ人
realized:気がついた
lighter:より軽い
cheeks:頬
possibly…:〜かも
common:よくある

now:さて、
two cheeks meet:二つの頬が出会う、頰と頬がくっつく
nobody :誰も〜しない
actually :実際に
tells you :あなたに教えてくれる
so :だから
surprising:びっくりする
figuring out:解明する
the heck:一体全体
tricky:難しい
end up …:〜ということになる
escaping:逃げる

lastly:そして最後に
hilariously complicated:面白いほど複雑な
various backgrounds:様々な文化背景出身
have been in various places:あちこちに住んだことがある
Who knew?:誰が知っていたの?
give each other a bear hug:お互いをハグする
with arms wrapping:腕を回して
space in between:間に空間がある
due to…:〜のせい
Japanese shyness:日本のシャイさ
consider…:〜と考える

on the contrary:逆に
might not hug at all:全然ハグしないかも
aware of…:〜について知っている

conclusion:結果
assess the situation:状況判断する
act accordingly:それに従って振舞う
seconds:秒

4月27日木曜日インターネイションズ定例会のお誘い♪

こんにちは!
世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です♪

インターネイションズの告知です!

4月27日木曜日19:30から、東京の外国人の交流会InterNationsの定例会に参加しませんか?

InterNationsとはExpats (expatriates) と呼ばれる母国以外に住む外国人の集まり。InterNations東京の定例会には毎回200人くらいの外国人、日本人の方が集まり交流しています。

先月のイベントに参加した時の詳細レポートはこちら。
【詳細レポ】インターネイションズの定例会に参加してきました〜♪

次回は4月27日木曜日19:00から恵比寿のバーにて。会費は1,000円のドアチャージと、後はお飲物など各自自分で。興味がある♪という方いらっしゃいましたら、19:30くらいに待ち合わせてご一緒しましょう。ゲストとしてお連れします(^^

必要とされる英語力は、ある程度会話ができるかた。雰囲気から私が通訳することができないので、自己紹介やどんなお仕事をされているのか、そのたざっくばらんな普通の会話ができる方でお願いします(^^

ご希望の方はFBメッセンジャーか、メールにてお知らせください(^^
aiko.uda(a)univasteducation.com

お会いするのを楽しみにしています(^^

【詳細レポ】インターネイションズの定例会に参加してきました〜♪

こんにちは!世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です。

先週、インターネイションズの定例会参加してきました〜♪
と言っても毎月、1、2回行っているのですが、
あまりマメでないものでアップするのを忘れてしまうのです・・・(^^;

ということで、今回はきちんと詳しくレポします!!!(笑)
あ、写真は撮ろうとしたのですが暗くてうまく撮れなかったので、イメージです。ごめんね〜(><)

今回は、初めて参加される40代男性と30代女性の2名とご一緒に(^^
私は毎回、興味あるけれども、一人ではちょっと・・・という
友人、知人、クライエントさん、生徒さん、ネットで知り合った方々を
ご招待しているので、これをお読みのあなたももし興味があれば是非♪

待ち合わせは、JR恵比寿駅西口。
19時なので込み込みでしたが無事合流〜(^^
お二方は初めてだったので、軽くご紹介して、
会の感じとか流れをちゃちゃっと説明していざ!

あ、いざ!と言っても別に構えることないので大丈夫です(^^
今回の場所は恵比寿駅近バーで、参加者は約180名ほどだったのかしら?

入り口で係りのお兄ちゃんにドアチャージ1000円をお支払い。
この人、いつも私の名前間違えるのです(^^;
お兄ちゃん:What’s your name?
私:Aiko Uda. U-D-A.
お兄ちゃん:OK, welcome YOU-DA. (「ユーダさん」と言われます(- -; )
私:It’s OO-da. When do you remember my name? (いつになったら名前覚えてくれるのよ〜)
お兄ちゃん:Maybe next time. 😉
と軽くジョークを飛ばしつつ、「二人友達を連れてきたの。」と入場。

とりあえずは、カウンターで何か飲み物を一杯。
英語でも日本語でも注文可です(^^

あ、そうそう店内はみんな適当に立ったり座ったり
移動する形なので、決まった席もありません。
皆さん適当に荷物を置いておいたり、手に持っていたり。

ただ、カナダの習慣から荷物から目を離すのがどうしてもできない私。
かと言って持ち歩くのもめんどい。
ということで、私はパソコンなどを持っている日は、
携帯、名刺、現金、クレジットカード(念のため)、定期と鍵をポケットに入れて
荷物は駅のロッカーに預けています(^^

ということで、飲み物をゲットしたら、あとはおしゃべりタイム〜

インターネイションズでは、「一人の人には声をかけましょう」という
お約束があるので、一人でいると大抵どなたかが声をかけてくださいます。

私たちは3人だったので、そこらへんで暇そうにしている人と
アイコンタクトをとって、ニコッとスマイル。で話し始めます〜(^^

この話しかけ方がよくわからなかったら、
無料メール講座で詳しく説明しているので、見てくださいね。
無料メール講座

Hi! How are you?
My name is Aiko. Nice to meet you. You are?
と名前や出身地、お仕事などの話から、
話題はいろいろな方向へ飛びます。
趣味や仕事、興味のあることなど話題は尽きないですね。

そんなこんなしていると、どんどん人が到着して混んできます(^^;
話す人を変えながら、気の合った人と座ったり、何か食べたり。
何度か参加していると顔見知りや友達も
出来てくるので楽しいですよ。

この前盛り上がった話の一つが、
「どの段階でデートとなり、どの段階で付き合うことになるのか」
というテーマ(笑)

日本人勢男女含めて4名と、北米勢2名(うち一人が私(笑))で
男女一緒に映画La La Landを観に行ったらデートになるかなど
よくわからない話題でみんなで爆笑しながら語り合っていました。
いやぁ楽しかった(^^

この手の外国人のパーティで他のも参加したとこがあるのですが、
中には「ナンパしよう」「ナンパされよう」感が強い会も・・・(^^;
インターネイションズは、ビジネスのつながりを探している人や
普通に知り合いや友達を作れたらな、という感じで
参加している人も多く、お仕事や経歴がしっかりしている方が多いので、
がっつく感じが少ないのです。

私は普通に知り合いや友達を作り、ビジネスの人脈も
広げられるインターネイションズのこの雰囲気が好き。

この会は特に始まりも終わりもないので、
適当な頃にみなさん各自適当に帰っていきます。
私も一緒に来てくださった方と駅まで(^^

一度参加してみて楽しかったら、是非メンバー登録してみてください。
登録は無料ですが、簡単な審査があります。
特に最後の質問には、一文だけとかではなく、
ちゃんとしっかり書きましょう(^^b

基本的に誰でも参加できるのですが、
英語でコミュニケーションが取れることは大切!
あくまでも英語のコミュニティなので、
私が通訳を買ってでることができないのです・・・(^^;

もし行ってみたいなと思われた方は是非
FBメッセンジャーでも、メールでも、ウェブサイトの
お問い合わせページからでもお声がけください(^^
次回行く時にお声がけします〜(^^

ではまた。
Have a wonderful day!
Aiko

InterNations Official Event♪|インターネイションズに参加してきました〜♪

こんにちは!世界を旅するコミュニケーター・英語コーチの藍子です。
いよいよ暖かくなってきましたね〜

img_4128

Living in Tokyo, I appreciate an environment where English is spoken at a normal speed as it is quite challenging to keep up and brush up on my English communication skills. Yesterday was an InterNations’ official event night. Through this community, I made a lot of acquaintances and friends Japanese and otherwise. I enjoy their global mindsets; ideas and philosophies sprung from their life experiences; various occupations and backgrounds which I would not even begin to imagine of; and broader perspectives of life in general. For those whom I met, it was nice meeting you! If you haven’t been and want to go, come along next time!

先日、インターネイションズの定例会に参加してきました(^^

インターネイションズとは東京に住むexpats (expatriates) のコミュニティ。Expatとは、自国ではない場所で暮らしている人たちのことを指します。仕事や移住などで異文化に住む人たちが集えるインターネイションズは実は世界の大都市に支部があり、東京もそのうちのひとつ。毎週、大きなイベントから小さなイベントまでたくさんの集まりが開催され、人々が仲良くなったり、ビジネスをしたり、人脈を広げたり、友達作ったりしています(^^

この前は定例会。月に数回、木曜日の夜に開催されるイベントで、今回は200人以上の方が集まりました〜♪

定例会といっても、別に挨拶があるわけでもなんでもなく、適当に人がバラバラ集まってきて、各々好きな飲み物を買い、その場に居合わせた人と話す〜と言うだけの気楽な会。何回か行くと、前話したことがある人にまた出会ったりして、知人友人が増えていきます。

パーティーとも言えるのですが、20代の若者のパーティーと言うより、30〜40代が中心の落ち着いた大人の雰囲気。なので、お酒は入っていてもベロベロに酔ってしまう人もいないし、ダンスもしないし、立って気ままに好きな話をする大人の会です。

また皆さん、大企業や大使館などで働かれている方も多く、きちんとしたお仕事についていらっしゃるので、学生中心のパーティーとは一線を画しています。仕事も、出身国や住んだことある街も、経験も本当に十人十色。見ている世界が広い人たちなので話していて面白いです。

今回は、誰か一緒に行きませんか〜?というお誘いに乗ってくださったAquira氏もご一緒に。Aquira氏は写真家さんです。よくこうして、友人やクライエントさんなど「参加してみたいけど一人ではちょっと(^^;)」という方をお連れしています。どなたかご一緒したい方いらっしゃいますか?

私と一緒に行動していただいてもOK。一度中に入ったら、自由に歩き回ってみるのもOK。「一人の人には声をかけましょう」というのがインターネイションズのポリシーなので、私から離れてもいろいろな人が声をかけてくれますよ(^^

言語は?基本英語です!なので英会話中級〜上級者で、英語の会話ができる方。日本人の方もいらっしゃって、留学経験がある方や、外資系企業で働いている方、海外生活の長かった方などが多いです。

もし、挑戦してみたい♪と言うのであれば、メールかFBメッセージでお声がけくださいね。次回は3月第4、5週の木曜日(^^; 日程が出るのが遅いのです〜 決まったらニュースレターやブログで告知しますので是非チェックしてくださいね。

ニュースレター(週1回月曜配信)
http://www.univasteducation.com/newsletter.html

ブログ告知ページ
https://blog.univasteducation.com/category/お知らせ/

******************
Living in Tokyo,:東京に住んでいるので(Because I live inの省略形です)
appreciate:感謝する、価値を感じる
environment:環境
where:(疑問文でないばあいにつかうwhereはどんな場所かの説明がそのあとに続きます。あえて訳すとしたら「where」のある場所に「どんなところかというと」と付け足すと訳しやすいです)
quite challenging:結構難しい(「difficult」はやる気がそげてしまう感じの「難しい」、「challenging」は「挑戦しがいのある」というポジティブな印象の残る「難しい」)
keep up:レベルを高い状態のまま保つ
brush up:さらに磨きをかける
official:公式
through:〜を通して(「ドライブスルー」の「スルー」です!「through this community」で「このコミュニティを通じて」)
acquaintance:知人
Japanese and otherwise:日本人の方もそうじゃない方も
global mindset:国際的な思考、考え方
idea:考え方、理想
philosophy:見解、人生観
sprung from:spring(湧く)という単語過去分詞形、「〜から湧いて出る」(「春」も「芽吹く」から「湧く」なのかなぁ。「湧き水」は「spring water」、「温泉」は「hot spring」です)
life experience:人生経験
various:様々な(「バラエティー番組」の「variety」の仲間です)
occupation:職業(簡単な単語は「job」ですね)
background:背景(この言葉は、教育、職業、民族、文化などその方の生い立ち全てを背景として捉えた広い意味です)
which:(疑問文じゃないのにwhichが文の真ん中に入っている時は、そのあとに詳しい説明がついています)
I would not even begin to imagine of:私が想像し始めることすらできないような(「would」には「もし想像しようとしても」という意味が含まれています)
broader perspective:より広い視野
life in general:人生全般において
those whom I met:私があった方々(「those who(m)…」で「〜な人々」という意味です)
it was nice meeting you:お会いできてよかったです!(「Nice to meet you.」を過去形で使ってみました(^^)
haven’t been:まだ行ったことがない
come along:一緒に来る

Have a good day! Thanks for reading. 🙂
Aiko

日本脱出計画その2:外国人や海外で生活していた日本人の︎友人知人を増やしてみる

こんにちは、世界を旅するコミュニケーター・英語コーチの藍子です。

さて日本脱出計画その2。

あなたが「日本窮屈!」と感じている理由はなんでしょうか?

もしそれが、日本独特な価値観や考え方だったとしたら、
それは今あなたの周りにいる人からきているものですか?

picnic-1208229_1920

そしたら、一緒に過ごす人を変えたら、
あなたの感じている窮屈感は変わるでしょうか?

私は現在東京を拠点にしていますが、
私の知り合いの半分は日本人、半分が外国人。

そして日本人の知り合いの中にも、
留学や居住など、海外経験が豊富な方が多いのです。
海外経験豊富な日本人なら、同じ価値観を共有できるかも(^^

そして私が関わっているコミュニティーの中には、
InterNationsなど英語話者のコミュニティーがあり、
そこでの出会いはインターナショナル。
世界中の人が集まっています。

そんな外国人の友人知人とインターナショナルなコミュニティーで
あなたが自由に生き生きと活動できるのであれば、
英語を身につけて多国籍なお友達を
増やしてみるのもいいと思いますよ。

これは英語を学んでいけば、日本国内にいても
東京などの大都市であれば比較的手軽にできる方法です(^^

またFacebookやInstagramなどのSNSを使って
趣味などの様々なコミュニティーを利用すれば、
どんなに外国人がいない環境でも実はできるんですね。

例えば、ネットで繋がっているゲームをしている人は、
ゲーム仲間と英語でチャットなんてこともできちゃいます。

そんな「英語で友達を作りたい」という方のために
無料のメール講座をご用意いたしました(^^
カジュアルな英語の雑談トークにお役立ちの情報が満載。

ぜひ購読してみてくださいね↓
http://www.univasteducation.com/makefriendsfreeemailcrouse.html

それでは明日はいよいよ実際に海の外に出るお話しを(^^

Talk to you tomorrow!
藍子

1月26日インターネイションズ定例会♪どなたか一緒に行きませんか???

こんにちは、世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です。

東京でも寒い日が続いております〜(><
寒いのは強いわけではないのですが、
寒い中、暖かいコートやマフラー着込んで、
ぬくぬくしているのは大好きな私です(笑)

さてさて、今日はお知らせです(^^

先日参加したインターネイションズ、
今月もう1回開催されることになりました。

screen-shot-2017-01-17-at-2-41-58-pm

前回の参加レポートはこちらから(^^
https://blog.univasteducation.com/2017/01/16/1月12日インターネイションズの外国人の集まり♪/

興味あるけれども、一人で参加するのはちょっと・・・という方、
私のゲストとしてご一緒しませんか?

詳細はこちら:
1月26日木曜日19:00〜
恵比寿のバー、参加費1000円+飲み物代実費
バーで集まって自由にお話しする感じの会。
30代以上の方が多いので、落ち着いた感じで
いろいろな方とお話しできますよ。

東京の中の英語の世界への招待状♪
面白そうだなと思った方、是非メッセージくださいね。

それではまた、See you soon!
藍子

ランゲージエクスチェンジのすすめ

こんにちは!世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です。

去年末から始めたフランス語、
ちょっと話せるようになったので、早速使ってみようと思い、
ランゲージエクスチェンジを試している私です(^^
詳しくはこの記事をどうぞ
ランゲージエクスチェンジその1
ランゲージエクスチェンジその2
ランゲージエクスチェンジその3

これに慣れたら、同じ手法でスペイン語やろうっと。
そして、それからまだまだ長い勉強したい言語リストを
制覇していくのだ!(笑)

さて、英語を学びたいなと思っている皆さん、
ランゲージエクスチェンジはいかがでしょうか。

screen-shot-2017-01-17-at-2-15-53-pm

外国人と話す練習になるし、
気があったら外国人の友達作れるし、
日本の中のプチ英語圏体験にもおすすめです。

ランゲージエクスチェンジとは、直訳すると言語交換。「日本語教えてあげるから英語教えて」と言う趣旨で外国人の方と会ってお茶でも飲みながらお話しすることを言います。もちろん無料。

外国人と話す機会ほしいな。
英語を話す練習がたくさん欲しい。
外国人の人と知り合う機会がほしい。
文化の違う友達作りたいな。

そんな方におすすめです。

レッスンと何が違うのかというと、相手が講師ではないので文法の説明をしてもらえなかったり、してくれてもよくわからなかったり、間違いを直してくれなかったりするかも。発音も、正しい発音をやって見せてくれるけれども、どうしたらそうなるのかまで教えてもらえないとか。

日本語を教えると言っても、ある状況で「もし〜なら」と「もし〜だったら」のどちらが正しいかはわかっても、なぜそうなのか説明するのは難しいですよね。日本語講師でないのでそれは仕方のないこと。

お互い講師でないので、教えられないことはあるかもしれないけど、無料だし話す練習だけでもしようよ。そんな交換練習の場が、ランゲージエクスチェンジです。

教えてもらうのはレッスンで、友達作りと練習はランゲージエクスチェンジで、という二刀流もおすすめです。いろいろなアクセントになれる練習にもなるし、場数をこなすのにもいいかも。外国人慣れするにも最適ですね。

私も実際、日本語を勉強していた香港人の生徒さんと、英語を勉強していた日本人の生徒さんを、ご紹介したことがあります。その2人はもう6年ほどになるのですが、仲良くなって今でもたまにご飯を食べたりしているそう。友だちってどこで見つかるかわからないものですね。

知り合いに、興味のありそうな人がいたら聞いてみるというのもありですね。私はフランス人のランゲージエクスチェンジパートナーをオンラインで探しました。
www.conversationexchange.com

まずは、このウェブサイトを見てみましょう。閲覧は自由ですし、エリアや言語で検索をすればどんな人が練習相手を探しているのか、無料で見ることができます。

日本語の読み書きができる外国人の中には、日本語でメッセージを書いてくださっている方もいらっしゃいますね。

良さそうな方がいらしたら、メッセージを送ってみることもできます。全て無料なのですが、メッセージを送るには、あなたのプロフィールを登録する必要があります。ニックネームとどんな人を探しているのかを書いて(頑張って英語で書いてみてもOK。日本語なら簡単な日本語で書いてあげてくださいね)登録すれば、気に入った人にメッセージを送ることができます。

「どんどん話せるよ」という方はこのようなウェブサイトや、アプリを使って是非パートナーを探してみてください。

まだ、いきなりはちょっとという方、レッスンを受けてちょっと話せるようになってから、レッスンで話した同じ内容を話してみてください。そして、30分ごとに交代で1時間の練習にすること。最初から1時間だと大変なので(^^ 疑問文と普通の文、否定文、現在、過去、未来がさらりとできるようになったら、ランゲージエクスチェンジに挑戦可能です(^^

自信がなかったら、レッスンの時に是非相談してくださいね♪
いつ頃始めたらいいのかというところから、プロフィールの準備などサポートします。

それではまた(^^
藍子