Kyoto. Day 2-5:Lastly Hirano Shrine|最後に平野神社

こんにちは!
世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です〜
京都旅も最終地点です(^^

最終地点、平野神社。桜祭りが開かれていました

Let’s skip few more little shrines I dropped by along the way 😉 and my last visit in this short trip to Kyoto was Hirano Shrine. This was another famous place for cherry blossoms but … I saw one that was nice! It was toward the sunset and I managed to take an beautiful picture facing the main shrine. Oh, also some plum flowers were gorgeous too. ちょこちょこ寄った小さめの神社のお話は飛ばします!今回の京都旅で最後に寄ったのは平野神社。ここも桜の名所として有名な場所ですが、一本だけ咲いている木を見つけましたよ〜。ちょうど時間も日の入り前、神社の本殿の前で、こんな美しい光の写真を取ることができました。そうそう、梅も綺麗でしたよ(^^

綺麗な枝垂れ桜♪
境内入ったら、こんな写真が撮れました〜
本殿の後ろから光♪
大きな御神木〜
梅も綺麗でした!

****************
Let’s skip:飛ばしましょう
few:いくつかの
dropped by:立ち寄った
along the way:行きがけに、途中で
last visit:最後の参拝
another:もうひとつの
famous :有名な
cherry blossom(s):桜で
toward the sunset:日の入りに向かう時
manage(d) to :なんとかして〜した
facing…:〜の方を向いて
plum:梅

Kyoto. Day 2-3:Kyoto Palace & Coming Out|京都御所で桜発見&告白

こんにちは(^^
世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です。

京都御所〜♪
見事な枝垂れ桜!

Thanks to the tip I got from the taxi driver on the day before, I finally had found fully bloomed cherry trees in one place!!! It was in Kyoto Palace. 🙂 I admit that the palace was quite big and I would have been lost without his precise advice to take the north gate close to Dohshisha University. There were several trees in their full bloom and I was very satisfied. 🙂 🙂 :) 前日のタクシーの運転手さんからいただいたアドバイスのおかげで、とうとう一箇所に複数の満開の桜の木を発見することができました。御所は大きくて、同志社大学の近くの北門を入ったところにあるよという的確なアドバイスがなかったら、きっと迷っていたことと思います。ここには満開の木が5〜7本あって大満足でした。(^^)

本当にいい天気でしょ!
立派な松の木ですね〜何年ここにいるのかな?
梅も咲いていましたよ〜♪
よく撮れたでしょ?
人も結構少なかったんですよ(^^

Now, I have to tell you something. In retrospect, I believe I saw less than 20 cherry trees in Kyoto this time but I am very happy. Why? Because I do have hay fever for cherry! Lol I know, I know, I know why did I go then, right? さて、ここで告白したいことが。今考えると今回の旅行で多分見た桜の木は20本に満たないような。でも私は満足です。なぜか。実は私の花粉症、桜花粉症なのです(笑)はい、ツッコミが聞こえてきます、じゃあ何で行ったのか、ですよね?

桜花粉症の私♪

One of my students told me about it and I thought I wanted to see once in a life time. So I had all the medication, masks, which I know are very Japanese, and Kleenex ready but I didn’t need any of them. 😉 Happy. Yes I know I am an enigma and a little crazy, but it is okay. I had fun! それは生徒さんが京都の話をしてくれて、一生に一度は見てみたい!と思ったのです。ということで、花粉症の薬とマスクと(このマスク文化はとっても日本ですねぇ〜)ティッシュとしっかり抱えて行ったのですが、使わなくてよかった♪よかった(笑)謎な人〜、ちょっと変って思ったでしょう?いいのです(^^ 旅行は楽しかったので!

****************
thanks to…:〜のおかげで
tip:コツ、アドバイス、ヒント、助言
on the day before:前日
finally:とうとう、やっとのこと
fully bloomed:満開の
palace:皇居、御所(東京千代田区のは「Imperial Palace」で「皇居」です)
admit…:〜を認めます、わかっています
quite :結構
would have been lost without…:〜なしでは道に迷っていたであろう
precise:的確な
advice :アドバイス(ちなみに、「アドバイスする」の同志は「advise」。綴り違いますよ〜(^^b)
take the north gate:北門を使う(交通手段やルートは「take」で「使う」という意味)
close to…:〜に近い(「near」は物理的な距離。「close to」は物理的な距離以外にも、親しさという心理的・感情的なものや、相違性などにも幅広く使えます)
several:いくつかの(「few」は「2〜3」、「some」は「3〜5」、「several」は「5〜7」のイメージです)
in their full bloom :満開の
was satisfied:満足した

Now,:さて、
have to…:〜しなければならない
tell:伝える
in retrospect:今思うと(過去を思い出して話をする際に使われます)
hay fever:花粉症

once in a life time:一生に一度
medication:薬
very Japanese:とっても日本人な
Kleenex:クリネックス、ティッシュ(有名なティッシュのブランドで、クリネックス製品でなくてもティッシュはクリネックスと呼ばれています)
an enigma:謎

Kyoto. Day 2-2:Be beautiful! @ Shimogamo Shrine|綺麗になれる下鴨神社

こんにちは〜
世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です。
京都を旅行中二日目の投稿です♪

下鴨神社、正式名称は長かった。世界遺産だそうです。
本殿に続く参道はとっても気持ちよかったです

On day two, my second visit after Hakuryuen was Shimogamo Shrine. This place enshrines a goddess for femininity and beauty. Of course I have to go. 😉 There are some shrines inside and one of them had Beauty Water, which is a hot tea made with honey and chinese quince which they grow in their orchard. A Chinese quince is known to be good for beauty as well as for a throat. It was great. 二日目、白龍園の後は下鴨神社へ。この神社は女性と美の神様をお祀りしている神社なのです。もちろん行かないと♪境内にはいくつか社がありますが、その中の一つで美人水なるものがありました。ハツミツと境内で取れるカリンと御神水でできている温かい飲み物。カリンは美と喉にも良いと有名ですね。おいしかったです(^^

下鴨神社境内にある神社の一つ、河合神社
こちらは河合神社の入り口。こちらで美人水いただけます(^^
蜂蜜と境内で取れるかりんでできたものだそうです。
美味しかった〜♪ かりん大好き。
美しくなりますように!の御祈願を。
河合神社

The long path leading to the main shrine was a nice pleasant walk among trees. The weather was warm and perfect for a stroll. I even found cute mushroom! 本殿へ続く長い道は木々の間を通るとても気持ちが良い道。気候も暖かく、散歩にぴったりでした。小さいキノコも見つけたよ!

赤い鳥居は青空に映えますね。晴れた気持ちの良い日でした。
こちらは下鴨神社の本殿です
空気が清々しい。
本殿の中
境内に流れる川って好き♪
カメラの練習中〜
こんなキノコ♪

****************
visit:訪問
shrine:神社
enshrine(s):祀る
goddess:女神様
femininity:女性性
beauty:美
have to… :〜しなければならない
there are…:〜があります
chinese quince:かりん
orchard:果実園
is known to be…:〜で知られている
as well as:同様に
throat:喉

path:道
leading to…:〜に続く
pleasant:気持ちの良い
among…:〜の間
stroll:散歩

日本脱出計画:でも、東京もいいものですよ(笑)

こんにちは!
世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です♪

さてさて、ここまで数日にかけて、日本脱出計画を立ててきましたが、
日本、特に東京についてお話ししたいと思っています(^^

japan-mount-fuji-desktop-background

私は東京生まれ、東京育ち。
と言っても都下なので、都心っ子ではないのですが(^^;

今まであちこち旅をしてみましたが、
やっぱり住む環境として東京って
いいところもたくさんあると思うのです。
そして、これは日本にも共通することが多いと思います。

それは、生活水準がこの上なく高いこと。
安全性、利便性、街としての機能、
人が快適に住むのに大切なものが揃っている街です。

単純なことですが、例えば・・・

宅急便は3時間の時間枠で届くとか
(時間指定なんて夢の夢、丸一日家にいなくちゃいけないとか、
手配した宅急便が結局こなかったなんて国もザラです)

ガスや電気など電話したら確実に気持ちよく引けるとか
(公共サービスが丁寧で気持ちいいという国も少なく
そして日本ほど迅速に確実に行われる文化は珍しい。
はい、これは文化です)

電車が時間通り来るとか
(そもそも時刻表が分刻みなんて・・・
バスや電車は5〜15分間隔で時刻表がないなんてことも
と言うかこの時点↑で大雑把すぎ(笑))

カバンを椅子に置いてコーヒーを買いに行けるとか
(目を離したカバンは、足元や背中と椅子の背に挟んでいたものでも
無くなるのが普通の国がほとんど)

などなど、数えればきりがない。

日本では当たり前で普通で、誰も感謝をすっかり忘れてしまっているかもしれないけど
本当はとても素晴らしいことがまだまだたくさんあるのです!!!
とっても幸せな国だと思います(^^

これを挙げ始めたら、日本が生き苦しいなんて言っている場合じゃない(笑)
生き苦しさなんかすっ飛ぶほどの快適さが日本にはあります。

不思議に思うなら、日本に住んでいる外国人に聞いてみてください。
私の知り合いも口々に言います。
文化や習慣の硬さはあるにせよ、
それでも最高水準の生活がここにはある、と。

私もそれは本当にそう思います。

食べ物も美味しいし♪ ←あ、これは個人的な価値観です(笑)

もちろんこれは、海外に出てみて生活してみて感じることでもあります。
日本の当たり前が当たり前でない状況を目の前にすると、
生き苦しいと感じていた日本という文化と習慣と人々に、
涙するほど感謝することができます。

そして、日本人として生まれて本当に良かったと、
日本という文化を自分の文化背景として持てることを
心から誇れるようになります。

海外移住を検討していても、最終的な移住を決めるのは
日本の良さを知ってからでも十分。

まずは、少しずつ英語の世界に触れてみてください。
英語を学んで、話し始めて、コミュニケーション能力つけて、
日本国内でもできることからひとつずつ。

そこから、外国人の知り合いを増やしたり、
海外旅行したり、ちょっと長期で滞在したり。

そんな中で、あなたにぴったりの日本脱出計画
見つけられるといいなと思っています。

もしあなたが英語で世界の扉を開けたいなと思っているなら、
その応援団が欲しいなと思っているのなら、
是非お声がけくださいね(^^

2017年1月末まで、お年玉キャンペーン↓
http://univasteducation.com/2017newyearpresent.html

英語レッスンのページ↓
http://www.univasteducation.com/125031252112452125051254012488335213548612524124831247312531.html

それではまた、明日は何を書こうかな(笑)

See you tomorrow!
藍子