Business Like Day|今日はビジネスデー

こんにちは!世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です♪

ジャケットひさしぶりだ〜(笑

It has been few weeks since I am in a business mode. 😉 So, what do I do for living? Well, for one I teach English mostly to Japanese people. 今日は久しぶりにビジネスモードです♪ 藍子さん、お仕事何してるの?って?(笑)まず一つは、英語をレッスンや企業研修という形で教えています。

And for two, I am starting a specialized tour company in Vancouver. It is still in its inception and I have lots of ideas bubbling up. So fun! Also a part of the services here includes helping all those Japanese who want to branch out overseas.  そして、二つ目、こちらバンクーバーでちょっぴり特別なツアー会社を立ち上げる予定。着々と準備は進んでいて、いろいろなアイデアもふつふつと。楽しいね♪そして、この会社のサービスの一環が、海外に出てみたい日本人の方のサポートをすること。

A client of mine from Japan is interested in studying English here. So I am on a hunt for some interesting quality schools today. You can see only so much from school websites and it is always worth taking a look to get the feel of the place. Let’s see what I find! 私のクライアントさんの一人が、バンクーバーで大人の英語留学を計画中。今日は彼女のために面白くて質の良い学校を探しに来ました。学校のウェブサイトからはどうしても得られる情報は限られていますね。その学校の雰囲気を感じるには、一度訪れてみることも重要。どんなところかな?楽しみです(^^

ここはバンクーバーで有名なガスタウンというところ。
古い町並みが残るところです。
煉瓦造りでヨーロッパっぽでしょ?

caption id=”attachment_1466″ align=”alignnone” width=”360″] 街頭のお花も綺麗♪[/caption]

************
It has been…:久しぶり
Since…:〜以来
What do you do (for living)?:(生きるために)何をしていますか?=お仕事は?
well:えーっとね
for one、 for two:一つ目に、二つ目に

specialized:特化した、特別な
still:まだ
in its inception:構想段階、アイデアを準備中
bubbling up:ふつふつと湧き上がってくる
also:そして
includes:含む
branch out:進出したい

I am on a hunt for…:〜を探しています
interesting:面白い
quality:質の良い
worth:価値がある
taking a look:一目見る
get the feel:フィーリングを得る、雰囲気を理解する
let’s see:見てみましょう
what I find:私が何を見つけるか

フランス語本格的に勉強しようっと!

こんにちは!世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です。

去年ちょっと思いつき、それ以降
ちょこちょこっと勉強していたフランス語。
その時のブログ記事はここら辺 ↓
https://blog.univasteducation.com/tag/フランス語/
http://www.univasteducation.com/2608765289blog/polyglot6623311

本格的に勉強することにしました!

後5年くらいで10カ国語くらい話せたらいいなぁ〜と
夢見ているのですが、とりあえずこれを習得しない限りは
他の言語どころではない。そろそろ本腰入れて勉強しよう。

きっかけは、なんだろう・・・
先月フランス語圏のお客様がいらして、
この人とフランス語で語れたらもっと楽しいだろうに!と思ったり、
英語を身につけようと、取り組んでいるクライエントさんとの熱意にふれたり、
留学&ホームステイ控えているクライエントさんとわくわくドキドキの話をしていたり、
オンラインで英語で資格の勉強をしているクライエントさんを見たり、
そんな皆々様に触発されたんだろうなぁ〜(^^

私はコミュニケーションをとるのが好きなのです。
そして、

「この人の目の前にはどんな世界が広がっているんだろう」

といつもわくわくしながらお話をしているのです。

私にとって、その要になるのが言語能力。
もちろん英語で話はできるけど
もし私に英語以外にも話せる言語があったら、
英語が話せない人とも深く話せるじゃない?(^^

今はフランス語超初心者の私だけれども、
とりあえず言いたいことはすらすら自由に喋れる
中級レベルを目指します!

新聞を読んだり、専門的な話や普通の読書を楽しむレベル
読んでいて美しいフランス語文を書くというレベルは
ちょっと置いておきます(^^;

期間は3ヶ月。

なんでって?3ヶ月って言語上達の魔法の数字なんですよ(^^
ちょっと無理しても頑張りきれる期間。
必ず、成果を見出せる期間。
私の英語コーチングでも設定している期間です。

3ヶ月で確実に成果を出す藍子の英語コーチング。
興味ある方はこちらをどうぞ(^^
http://www.univasteducation.com/33521354861246712540124811253112464.html

英語を身につけた私は、私なりの「言語速習法」を持っています。
それは日々英語レッスンや英語コーチングの中で
皆さんにお伝えし、実践しているもの。

その言語習得のコツやメソッドを総動員して、
どれくらい話せるようになるのか、大実験してみようと思います。

え、どうやって勉強するのか教えて欲しいって?
じゃ、逐次勉強方法をブログにアップしますね(^^

ではまた♪
藍子

私のカナダ留学に影響を与えた3冊(続き)

こんにちは(^^
世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です。

昨日の続き、私のカナダ留学に影響を与えた本のお話。
昨日ご紹介した中村佐恵美さんの本2冊、
『ハリウッド女優になったOL奮闘記』
『そして輝いて!』

ともう一冊ありまして、そちらが、鴻上尚史さんの『ロンドンデイズ』

最初の2冊は、OLだった中村さんが
留学して英語と演劇を学び、そのままハリウッド女優になる物語。

『ロンドンデイズ』はすでに演出家として活躍されている鴻上尚史さんが
ロンドンに演劇を学ぶために留学されたときの体験談を綴った本です。
この本でも、いろいろ切磋琢磨される姿に感化されました。

中村さんも鴻上さんもどちらもそうなのですが、
演劇留学って必要とされる英語力が半端ないのです(^^;
だって、意思疎通じゃなくて、
英語で演技ができるようになる必要があるので(^^;

セリフがあるから大丈夫じゃない?
いえいえ、台本なしで行う即興もあるしアドリブもあるし・・・

母語だって、台本読んだら棒読みになるんですよ(笑)
鴻上尚史さんの本は映画よりも舞台芸術より。
細かく語られる留学生活に
わくわくどきどきしながら読んでいたのを覚えています♪

そして、晴れて数年後、私はカナダのバンクーバーへ留学。
専攻したものは旅行学で演劇ではなかったものの、
この3冊から受けた「わくわく&どきどき」の影響は大きかったです。

皆さんは、どんな人やこと、本から
「わくわく&どきどき」を受け取っていますか?
それって、きっとあなたにとって大切なこと。
是非是非、追っかけてみてください(^^

私にとってはこの中での最初に読んだ、
中村さんの『ハリウッド女優になったOL奮闘記』。
ここでもらった「わくわく&どきどき」がなかったら
留学していなかったかな、きっと。
そして、それがなかったら今の私はない!

本当の出会いも巡り合わせ♪
運命って不思議ですね(^^

今ふと思いました!
FBで中村さんを探してみよう♪
そしてメッセージ送ろう〜♪そうしよう〜♪

Talk to you tomorrow!
Aiko

私のカナダ留学に影響を与えた本3冊

こんにちは〜
世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です(^^
いかがお過ごしですか?

先週あたり、春の大掃除だ!とおもい本棚の整理をしていました。
もう読んでしまった本、読まないなぁ〜と思った本、
時期がすぎた本、なんとなく波長が合わなくなった本などを
手放すため、整理♪整理♪

その中で、古〜い本3冊。

もう何十年も読んでいないけれども大切な本がこちらの3冊。
どの本も私の留学することへの大きな力になってくれた本です(^^

その中でも決定的に、私の人生に影響を与えたと思えるのが、
中村佐恵美さんの『ハリウッド女優になったOL奮闘記』

OLとして仕事をして彼氏もいて順風満帆な日本の生活にどこか疑問を感じ
やっぱりハリウッド女優になりたいと意を決し、単身アメリカへ。
英語を身につけ演劇を学び、ハリウッド女優として
活躍するようになった中村さんのお話です。

私がこの本に出会ったのは本当に偶然。週刊誌の広告に出ていて、
「絶対読みたい!」と思い、地元の小さな本屋さんで注文をして、
自分の将来の地図のように自分を重ねて読んでいました。
中学生の頃だったのではないでしょうか。

もちろん華の海外生活〜♪と順調なことばかりではなくて、
大変なことも、苦労することも、たくさん。
そんななか多くを経験し、友人を得て、自分の道を進み
彼女の憧れた生活をしている姿に憧れていました。

その続きである第2巻、『そして輝いて!』
これも女優として不安定な生活や映画業界という
ちょっぴり特殊でな世界で、友人たちの手を借り、彼女なりの居場所を見つけ、
幸せそうに楽しそうに暮らす彼女の体験記。

本を通してそんな彼女を見ることが
「良いなぁ〜♪私もそんな留学&海外生活したい〜♪」
と留学への原動力になったのは言うまでもありません。

そして鴻上尚史さんの『ロンドンデイズ』。実はこの本も留学本(笑)
これは、高校生になってから読んだ本のはず。

あ、昔は演劇にはまっていたのです(^^;
好奇心旺盛でかつ飽き性なので、「過去に興味があったこと」は
積み重ねると富士山より高いのでは・・・(^^;
その演劇の話もいつか機会があれば(笑)

明日は、この『ロンドンデイズ』の続きから。
ではまたね!

Thanks for reading! 😉
Aiko

【どうやったら海外に住めるかシリーズ】その3 住むためのビザはなに?

こんにちは!
世界を旅するコミュニケーター・英語コーチの藍子です♪

昨日、観光ビザのお話をしましたね(^^
今日は、その他のビザのお話。
海外に住みたい場合、ビザっていったいどんな種類があって
なにをどうすればいいのか?というお話をします(^^

基本的にその国に滞在したいとなった場合、
希望の滞在期間と、滞在中何をするのかによって状況は変わってきます。

国によってシステムが変わるので、私がよく知っているカナダを元に、
だいたいこんな感じというお話をしますね。

さて、とりあえず学校行ったり、働いたりということをせず、
貯金や不労所得で悠々自適に暮らすのであれば、
観光ビザで十分です(^^

パスポートだけでも2、3ヶ月滞在できる国が多いですし、
それ以上でも、「観光ビザ」を大使館で貰えば、
6ヶ月とか滞在すること可能です〜

それ以上居たいなら、一度日本へ帰って、また数ヶ月後に〜
なんて優雅なことをしてもOK。

ただ、その間現地で学校行ったり働きたいというのであれば
「学生ビザ」や「就労ビザ」が必要となります。
学校に行っても良い許可や、働いても良いという許可が必要なわけですね。

ちなみに、学校の講座の期間が短かったら、
パスポートだけでOKな場合も。

それは各国の大使館のウェブサイトなどでチェックしてみてくださいね。

「海外に住みたいな・・・」となった場合、
基本的に働かないと生活が・・・という方がおおいはず(^^;
そう、生きていくにはお金が必要ですもんね〜♪

ちなみに、就労ビザとか持っていないのに、
勝手に国に侵入して、働いて・・・なんてことをすると
不法入国!不法労働者!となり、強制送還、以後入国禁止など
かなり痛いことになりますので、そんなことは絶対にしないように。

(ちなみに、今現在アメリカのトランプ大統領が、
不法移民だの壁を作るだのおっしゃっているのはこのことです。
ビザなどを持たずに暮らしていらっしゃる皆様のお話。)

ビザに関しては国際的な法律問題なので、
きちんと正規ルートを通りましょう(^^

ということで、どうしたら、海外で働けるのか次回お伝えしますね♪

Talk to you tomorrow!
藍子

日本脱出計画その4:海外に長期滞在してみる(留学・勉強編)

こんにちは、世界を旅するコミュニケーター・英語コーチの藍子です。

今日は留学のお話しをしましょう〜(^^

語学留学も、長期滞在のひとつの手。

architecture-1122359_1920

私がカナダに行った時、大学に行く前に2ヶ月ほど
語学学校で英語準備をしていたのですが、
「7月1ヶ月間英語を勉強しにきました」という日本人の方
たくさんいらっしゃいましたよ(^^

もちろん他の国からもたくさんの学生がいました。

語学留学をする場合、期間は1週間くらいから行けちゃいます。
別に斡旋会社を通さなくても、自分で申し込んで行くこともできるし(^^
観光で10日旅行して、うち7日学校に通ってなんてこともできちゃいます。

行きたい人は相談してくださいね。
学校選びとか申し込みもお手伝いしますよ。

行き先も、アメリカ、カナダ、イギリス、
オーストラリアなどの王道英語圏の国と
最近はセブ島などもお手頃のようで流行っていますね。

私がいいなと思っている留学拠点は地中海に浮かぶマルタ。
穴場のようですが、マルタはヨーロッパ圏の方々が
英語を学びに来るセブ島のような感じのようで、
クラスメイトがヨーロッパ圏出身が多いらしい。

カナダにいた頃は確かに、
アジア人と南米人がクラスメイトだったっけ。

クラスメイトとのつながりも
その後の人生に大きな影響を与えます。
自分の興味のある文化や国の方と知り合えることを考えると、
そうやって行き先を考慮してもいいですね。

また、留学の目的は趣味のことでもいいんです♪

インテリアを勉強してもいいし、美術系でもいい、
パソコンスキル系でもいいし、民族や文化に根付いたものでもいい
それこそ料理やベイキングを本場に習いに行くとか、
スキューバの免許を取りに行くとか、
ヨガやダンス系でもいいですね。

コーチングやなんとかメソッドを学んでもいい。
セラピー系やカウンセリング系などは、
日本よりも海外の方が進んでいたりもするんですよね。

私の生徒さんの中には、アメリカのヘリコプターの免許
取ってしまった方までいらっしゃいます(^^

あなたが興味があることであれば
なんでもいいのです♪

どんな夢でも、あなたがちゃんと到達するまでご一緒しますよ♪

私、もともと好奇心旺盛なのと、周りの人に影響されやすいので
「私これやりたいのです」と言われると、
「ちょ〜楽しそうですね!私もやりたい!」と
わくわくするのです(笑)

だからどんな夢でも大丈夫♪
どんなに突拍子も無いことでもご相談ください(^^

それでは明日はワーキングホリデーについてちょっと触れましょうか。

Have a great day!
藍子

日本って窮屈?海外に出る?出ない?日本脱出計画(笑)

こんにちは、世界を旅するコミュニケーター・英語コーチの藍子です。

日本ってなんだか息苦しいぞ!と思っていらっしゃいますか?
私もそう思っていました(^^
ちなみに「息苦しい」は「生き苦しい」とも書けますね。

woman-570883_1280

なんででしょうね?
型にはまらないといけない風習とか?
出る杭は打たれるという感じ?
同じでなければという妙なプレッシャー?

まぁ、理由はいろいろと考えられるかと思いますが
とにかく窮屈って感じていらっしゃる方
実は多いのかもしれませんね。

そんなあなたに今日はブログを書いています(^^

日本って窮屈だぞ!対策(笑)としていくつか考えられると思うのですね。

いきなり移住を考えてもいいのですが、ビザとか仕事とかハードルが(^^;
ということで、脱窮屈!を目指す方にいろいろなオプションを
ざっくばらんに挙げてみたいと思います。

これは私の個人的な意見ですので、参考までに(^^
私がホームステイ、留学、海外就職、移民になるまでの経験や、
今までみてきたクライエントさん、日本人外国人の友人知人の経験、
私があちこち旅行してみききしたことなど
を総まとめにしてお話ししたいなと思っています。

あなたにぴったりの日本脱出計画が見つかりますように♪

Thanks for reading!
藍子