Poo Poo Kanji Drill is a Good Idea!|うんこ漢字ドリルいいと思う!

こんにちは!
世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です。

Yes, I know. There is no mistake. The P word. Poo Poo Kanji Drill is a series of children’s study drills where they learn Chinese characters called Kanji. Such drills have existed for a long time and I used to use them in elementary school too. Normally, it is a boring exercise book filled with Chinese characters and their example sentences. You can imagine how exciting it can be. 打ち間違えではないです。う○こです。「うんこ漢字ドリル」とは子ども達用の漢字ドリルのシリーズ。この手のドリルは長いあいだ使われてきて、私も小学校で使っていました。普通は、漢字と例文で埋め尽くされたつまらない学習ドリル。聞くだけでつまらなそう?

Why poo poo? Good question! (<– my occupational hazard as a teacher) One very imaginative publisher had an idea of making drills fun to learn for children. Poo Poo Kanji Drills are what they came up with. Essentially, they manage to fit the word "poo" in EVERY example sentences for characters children need to learn in 6 years, more than 3000 sentences in total. さて、なんでうんこなのでしょう?いい質問です!(←私の講師としての職業病です)とあるとても想像力豊かな出版社が、このドリルを子ども達が学ぶのに面白くしようと考えたのです。それで生まれたのがこのうんこ漢字ドリル。簡単に言うと、6年間で学ばなければいけない漢字の3000文強の例文全てに「うんこ」という言葉を売れることに成功したのだそうです。

Moreover, the sentences are incredibly funny and creative. They beat your expectations and make you laugh so hard. No wonder why children are literally laughing while studying. Apparently, some feedback from the parents include "My children wake up in the morning and first thing they do is to read and practice Kanji." and "My child now goes to his desk without being told to study." しかも、その例文がものすごく面白くてクリエイティブ。予想を裏切る例文展開でかなりウケます。勉強しながら子ども達が文字通り笑い転げるのもうなづける。親御さんからの感想には「子どもが朝起きてまずすることが漢字ドリルを読んで解くこと」「勉強せよと言われなくても子どもが勉強机に向かうようになった」のだそう。

電車広告その2

From a scientific point of view, there are many researches done and papers released on the relationship of humor, laughter, or joy and learning. Even without any of those studies, you can readily imagine if you are interested in, willing to open, and having great fun with the learning materials, your brain is more ready to absorb new information than otherwise. 科学的な観点から見ても、ユーモアや笑い、喜びと学びの関係について論じた論文や研究がたくさんなされています。そして、そんな研究を読まなくても、もし教材に興味を持ち、喜んでページをめくり楽しめるのであれば、気が進まないときと比べて、脳はその情報を吸収する気満々だと想像がつきませんか?

So I think this is a fantastic idea! I only saw few examples on those ads but I would love to read those drills myself and get good laughs! とっても素晴らしいアイデアだと思うのです。広告を通して例文幾つか読んだだけすら、このドリルの続き(?)を読んで、大笑いしたいと思う今日この頃です。

***************
poo poo:うんこ(赤ちゃん言葉)
Chinese characters:漢字(元々中国のものなので「Chienese 中国の+character文字」と言います)
such:そのような
have existed:ずっと存在している
used to…:かつて〜していた
elementary school:小学校
boring :ツマラナイ
exercise book:練習帳、ワークブック
filled with:埋め尽くされている
You can imagine how exciting it can be.:どれくらいそれがわくわくする物に成りうるのか想像できるでしょう。(つまらなそうでしょという皮肉です。そして、ここで「どれくらいつまらないか「想像 imagine」できるでしょう。」という文章と、次の段落の「a very imaginative publisher とても想像力豊かな」で同じ単語を使うことで、どれくらいつまらないか想像していたのと同じ想像力を駆使したら、こんな面白い物ができた、という遊びを掛けています)

occupational hazard:職業病
as a teacher:講師としての
imaginative:想像力豊かな
publisher :出版社
came up with…:〜を思いついた
essentially:エッセンスは、簡単に言うと、とどのつまり
manage to…:何とかして〜し遂げた
fit:当てはめる、入れ込む
sentence:文

moreover:さらに
incredibly:信じられないくらい
beat your expectations:あなたの期待・予測を上回る
make you laugh:あなたを笑わせる
No wonder why…:なんで〜なのか疑問がない=〜ということは明らか
literally:文字通り
while studying:勉強しているあいだ(「while …ing」で「〜しているあいだ」)
apparently:〜らしいです
parents:親
include:含む
without being told:言われることなしに(「be told」で言われる受け身になっています。)

from a ….. point of view:〜の観点から
researches:研究
papers:論文
on…:〜について
relationship of…:〜の関係
humor:ユーモア(「h」なので発音は「ヒューモア」です)
laughter:笑い
joy:喜び
even without…:〜なしですら、〜がなくても
readily:簡単に(「easily」と同じ意味。もっとかしこまった単語)
willing to…:進んで〜する
learning materials:教材
brain:脳
is ready to…:〜する準備ができている
absorb:吸収する
than otherwise:そうじゃない時と比べて

fantastic:素晴らしい
ads:広告(元の単語はadvertisements)

Who do you listen to?|誰の声を聞きますか?

こんにちは!
世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です。
昨日に引き続き、『やりたいことをやる』がテーマです(^^

We all know about the existence of our inner voice. We also know that we should listen to it no matter what, but do we really do usually? 私たちの心の声の存在そのものは私たちみんな知っています。何があってもそちらを聞いたほうがいいことも。でも本当に私たちはいつも聞いているのでしょうか。

I was talking to a friend of mine and she said to me she felt confused and she didn’t know what she wanted to do. She was wondering if she should stay in Japan or move back to her home country. 先日友人と話をしていて、いろいろ迷っていて、自分が何をやりたいのか分からなくなっちゃって、と相談を受けました。日本にこのままいるべきか、自分の国に帰ったほうがいいのか迷っているのだそう。

Although I told her it was totally okay to go through times when she feels unsure of her own direction, at the same time I knew she already had her answer within. So, we just talked. As I asked her few questions in a casual manner and presented her with various options she had and pros and cons for each, she started to talk about a plan to travel across Japan for few months and visit Japanese traditional handcraft studios. Her exact word was, “You know, I actually wanted to do…” 自分の方向性についてよくわからなくなってしまう時があるのは全然問題無いと言うことは伝えたのですが、でも同時に彼女の中にはもうすでに答えがあるな〜と思った私。とりあえず話をしてみることに。カジュアルに幾つか質問をして、彼女の持っている様々な選択肢を挙げて、その利点と欠点の話をするうちに、数ヶ月日本全国を旅して日本の伝統工芸品の工房を回りたいと言う計画をポツポツとし始めました。彼女の言葉は、「あのね、実はやりたいことがあって・・・」

Here it was! Right there! I knew it! She already knew what she wanted to do. 😉 I told her what I thought; it was a wonderful idea and why not try that out! ほらね!あったでしょう!あると思った!彼女、ちゃんとやりたいことを知っていたのです。私は自分の考えを伝えました。「すごく良いアイデアだと思うよ。試してみたら?」

Apparently her teacher told her that those studios might not welcome foreigners and she would have a tough time. See, this is what I think. It is okay to ask others for advice but mixing up her inner voice and others’ voices all together is not a good idea. 実は彼女の先生が彼女に、こういう工房は外国人を受け入れないかもしれないし、彼女は苦労するだろうからと。 私はこう思います。他の人からアドバイスをもらうのは良いことだけど、自分の心の声と、他の人の声を一緒くたにごっちゃにするのはどうなのかな。

So, we discussed the teacher’s concerns and cleared them, or learned to appreciate her inputs yet disassociate with them. We also cleared all of her own concerns too. After an hour or so, she had her facial expressions brighter, mood more uplifted and her vison clearer. と言うことで、まず先生の指摘してくださった懸念点について話し解決、いえどちらかというと助言に感謝し、彼女の味方とはちょっと違うと言うことを整理ました。それから、彼女自身の懸念点も全部クリアにしました。約1時間後、彼女の顔の表情は明るく、気分も明るくなって、やりたいことのビジョンも明確になっていました。

It is a great idea to ask for advice and gather information through others. When it comes to make a decision on what makes you happy, think who you are listening to. ;) いろいろな人にアドバイスをもらい、情報を集めるのはとても良いこと。そして、何があなたを幸せにするのかを見極める時には、誰の声を聞いているのか意識してみるのも良いかもしれないですね。

********************
existence:存在
inner voice:心の声
should…:〜したほうがいい
usually:普段

felt confused:よくわからなくなっていた
was wondering if…:〜かどうか悩んでいた

Although…:〜にも関わらず
go through times when…:〜という時を過ごす
feels unsure of…:〜についてよく分からないと思う
direction:方向性
at the same time:同時に
already:すでに
within:内側に、心の中で
in a casual manner:カジュアルに、真剣にではなく
presented:見せた
various options:様々な選択肢
pros and cons:利点と欠点
across Japan:日本全国を縦横に
traditional handcraft studios:伝統工芸の工房
actually:実は

Here it was.:直訳「そこにそれがあります」(何かを見つけた時に言います。)
Right there.:直訳「すぐそこに」
why not…:〜したらどう?
try ….. out:〜を試す

apparently…:実は〜らしい
might not:じゃないかもしれない
welcome:喜んで迎え入れる
foreigners:外国人
have a tough time:困難を強いられる
mixing up:ごちゃ混ぜにする
all together:全部を

concerns:懸念
cleared:クリアにした、解消した
appreciate:感謝する
inputs:アドバイス
yet:しかし
disassociate with…:〜から離れる、〜から分離する
or so:くらい
facial expressions:表情
brighter:より明るく
mood:気分
more uplifted:もっと明るく(直訳「もっと上がる」)
vison:ヴィジョン、展望

gather:集める
when it comes to…:〜の場合は
make a decision on…:〜について決める

How to find what you like to do|やりたいことを見つけるには

こんにちは!世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です♪

こんなおしゃれなカフェ空間♪

Few days ago, I had a privilege to know a lady through my blog and we met to have lunch by the Sumida River. I love being outside and I love terraces. It was a fine day and the lunch was superb! We met for the first time but got connected right away. She also had had lived overseas and we talked about the lives overseas, about running businesses, about various projects we would love to do and more. 数日前、私のブログを通じてご連絡くださった方と、隅田川沿いのカフェでランチをご一緒させていただきました♪私は外が大好き、テラス席大好き。気持ちの良い日でランチもとても美味しかった!お会いするのが初めてにも関わらず、お話しが弾む弾む。お互い海外にお住まいだったこともあり、海外生活のことや、ビジネスを持つということについて、お互いやりたいと思っている様々なプロジェクトなどなど。

Then, we started to talk about how to know what we love to do in our lives, how to listen to our inner voices, how to envision the future and how to really actualize them. そこから話は人生でやりたいことがわかる方法や、心の声を聞く方法、未来を思い描く方法やそれを実現する方法のお話へ。

Up until few years ago, I was completely oblivious to my inner voice. Although I wanted to hear, I was not able to because other criteria besides my wishes were so loud. It could be “You should choose….,” “This is better because…..,” or “You have to do….” Those voices were not mine but those of people around me or something social or cultural.  数年前まで、私は全然自分の声が聞こえていませんでした。聞こえるようになりたいとは思っていたものの、自分の願い以外の雑音が大きすぎて自分の声なんて聞こえなかった。「〜を選んだほうがいい」とか、「・・・だから〜のほうがいい」「〜しなくちゃ」。そんな声は私自身のものではなく、周りの人の声や社会的なものや文化的なもの。

So I started practicing. I started off from asking myself to make choices of something very small, something like an orange juice or an apple juice. They are at the same price, which means no voice whispering “You should save money.” They have minimal impact to others, which means not many others’ voices echoing. Once I was able to make small choices, I tried asking myself a little more difficult questions. そこで、私は練習を始めました。オレンジジュースとりんごジュースなど、とっても他愛のないもののどっちが欲しいか自分自身に聞くことから始めました。同じ値段なら「節約」という言葉が頭をチラつかないし、他人に特に影響がない選択肢なら他人の声が聞こえてくることもない。そんな小さいこと選べるようになってから、少しずつ難しい質問をするようにしていました。

I also made a promise to myself. If I ask myself “What do you want?” and I hear myself respond to it, I will make sure I will do it no matter what. If I hear myself I want an apple juice, even if I ate an apple that morning, I had to go across the street to buy it, or somebody had told me apple juice was not good for health for whatever reason, I got it. That was very important promise to myself. Because if someone asks you what you want but always dismisses it, you don’t trust them, do you? I need to gain trust of my inner voice. そしてもうひとつ、私は自分と約束をしました。それは「何がいいの?」と自分に聞いて答えが返ってきたら、必ず叶えてあげること。りんごジュースが飲みたいと思ったら、朝りんごを食べていたとしても、道を渡って買いに行かなくちゃいけないとしても、誰からりんごジュースは健康に良くないとかなんとか聞いた後でも、とにかく買いに行くこと。これは自分とのとても大切な約束だったと思います。だって、何がいい?と聞かれて欲しいもの答えたのにいつもその希望を聞いてくれなかったら、その人のこと信用しなくなってしまうでしょ?自分の心の声から信頼を得るためにとても大切な約束です。

The inner voice tests you. When you can gain its trust by fulfilling something easy, it requests something a little bigger. So the juice becomes lunch choices of 1,000 yen and 1,500 yen. When you respect the inner voice wanting to eat and put the cost concern behind, the request gets bigger. It might be something more expensive, which essentially is my inner voice saying “Me or saving?,” something about business relationships, “Me or the business partner?,” or something to do with family, “Me or family obligations?”  そして心の声は、だんだんハードルを上げてきます。簡単な希望を叶えてあげて、信頼を少し獲得したら、心の声から届くリクエストは少しずつ大きくなってきます(笑)同額のジュースが、1000円と1500円のランチになり、値段よりも「食べたい」気持ちを優先させてあげると、次のレベルのリクエストに。もっと高くなるなら「私の希望と、節約どっちが大切なの?」となり、ビジネスの選択であれば「私の希望と、ビジネスパートナーどっち?」、家族関係のことであれば「私の希望と家族の事どっち?」ハードルは上がります(^^;

The more you treat your inner voice first, the more your inner voice trusts you and the louder, clearer and faster it responds to you . 自分の心の底から聞こえてくる声を尊重すればするほど、その声はあなたをより信頼してくれます。そして、心の声はより大きく、クリアに、あなたが問いかければすぐに聞こえるようになります。

My new friend and I got to discuss something like that. I believe this seems to be the timing where a lot of people are experiencing major shifts in their lives and consciousness. Make a promise, start listening and gain trust by making the wishes come true; your inner voice is your best guide for you to shine. 新しい友人と、先日は隅田川沿いでそんな話していました。ここ最近は、多くの方が、人生の中でまた意識下で、大きな変化やシフトを体験されているタイミングようですね。自分の声を尊重すると約束する、問いかけて返答を聞くこと、願いを叶えてあげることで自分の信頼を得ること。あなたの心の声は、あなたが輝ける道への一番の水先案内人です。

******************
had a privilege to know…:〜さんと知り合えて光栄だった
Through…:〜を通して
being outside:外にいること(beは見慣れない単語ですが、「居る」と言う意味です(^^b)
fine day:天気のいい日
superb:見事、素晴らしい
got connected:仲良くなる
right away:すぐに

inner voices:心の声
envision:想像する(「en 〜化する」「vision ビジョン」で「心の中で未ジョンを作る=想像する」)
actualize:現実化する(「actually」で「実際は」という単語の動詞形)

up until few years ago:数年前までは
completely:完全に
oblivious to:盲目だった、全然見えていない、全然わかっていない
although…:〜にもかかわらず
criteria:満たさなければいけない条件、判断基準
besides…:〜以外に
so loud:とても声が大きかった、とてもうるさかった
should…:〜すべき
have to…:〜しなければいけない
mine:私のもの

practicing:練習
started off from…:〜から始めた
make choices:選択する、選ぶ
whispering:囁いている
save money:お金を節約する
minimal impact:最小限の影響
others:他人
echoing:こだまする、エコーする
once…:一度〜になったら

made a promise to myself:自分自身と約束をする
respond:答える
make sure to…:確実に〜する
no matter what:何があろうとも
even if…:もし〜だったとしても
that morning:その日の朝
go across the street:道を渡る
whatever reason:どんな理由であれ
dismisses:却下する
trust:信頼する
do you?:でしょう?
gain trust of…:…の信頼を得る

tests you:あなたを試す、あなたに挑戦する
fulfilling:満たす、叶えてあげる
respect the inner voice:心の声を尊重する
wanting to eat:食べたがっている
put …….. behind:…..を退けて(「behind 後ろに」「put 置く」=退ける)
the cost concern:金銭的な懸念
gets bigger:より大きくなる
expensive:高い
essentially:つまり、エッセンスは
business relationships:ビジネス上の人間関係
obligations:義務

The more …., the more…..:〜であればあるほど、〜である
treat ….. first:……を一番に(優先して)扱う
responds to you:あなたに答えてくれる

something like that:そんな感じのこと
seems to be…:〜のようです
experiencing:経験する、体験する
major shifts:大きなシフト、大きな変化
consciousness:意識下で
making the wishes come true:願いを叶えてあげる
for you to shine:あなたが輝くための

How to Blog: Aiko’s Blogging Style|藍子流ブログの書き方

■ HOW I STARTED BLOGGING ■
■ どうやってブログを始めたのか ■ 

I started my blog initially under the same domain as my language education business. I renewed my website and started to blog to express who I am and what I know and to connect with like minded people. 最初のブログは私の言語教育のビジネスと同じドメインのもと始まりました。当時ウェブサイトをリニューアルした後で、私がどんな人なのかを表現するツールとして、そして同じような考えを持つ仲間とつながるツールとしてブログブログ執筆を開始しました。

When I started blogging, I had and still have an excellent business coach who helped me decide on the theme, checked my writing initially, gave me advice and encouraged me to continue blogging when I hit bumps. Without her help, I wouldn’t have managed to establish my way of blogging. She was the one who helped me brand my blog, got me be clear on the big why and supported me all the way through during all the ups and down in my blogging. If you want to get her help in your project, let me know and I will connect you. She can offer you English services. ブログを始めた当時から、私にはとても素晴らしいビジネスコーチがついてくださっています。彼女は私がテーマを決めるのを手伝ってくれたり、初期の記事をチェックしてくれたり、アドバイスをくれたり、つまづいた時には色々な方法で続けられるよう応援してくれたりしています。彼女の助けがなかったら、私流のブログの書き方を確立することはできなかったのではないかな。ブログのブランディングとブログを書き続けることの意義を明確にし、また私の山あり谷ありなブログ生活をずっと支えてくれていたのです。もし、彼女にお願いしたい!という方いらしたらご紹介しますので、ご連絡くださいね。

So, how did I get started? I decided with her that I would blog every day and just continued. I didn’t know what to write or how to write, but I wrote anyway. Sometimes I wrote very nice contents but other times only one paragraph, maybe not so interesting, or not good quality. Not all of them were by best posts but I wrote. Writing anyway was how I started. The rest, I figured out gradually. では、どうやって始めたのか。彼女と、「毎日書く!」と決めて、ただ単に続けました。何を書いていいのか、どうやって書けばいいのか、最初はわからなかったけれども、とにかく書き始めました。時に良い記事を書けた!と思うこともあれば、時に1段落だけだったり、個人的なことだったり、質が良くなかったりしたこともあります。でもとにかく書きました。「とにかく書く」が私の始め方だったのだと思います。そのあと、段々とコツが掴めるようになりました。

On the Internet, there were many websites which explain tips on how to continue blogging but not many actually describes how one actually organizes and writes a blog. They were generic plain tips, although they were helpful!, applicable to anyone. However, my big question was “How does one actually blog?” ネット上にはどうやったらブログを書き続けられるのかのヒントがあふれています。でも、実際にどのような仕組みを作って、どうやって書いているのかを説明しているものってなかなかないのです。私が見つけたものは、みんなに役立つのですが、どちらかというと一般的で普通のブログを続けるコツ。もちろんそれでもいいのですが、私が知りたかったのは、実際のところみなさん一体どういう風にブログを書いているの?ということでした。

So in this post, I would like to share with you how I blog usually. Aiko’s blogging story.
ということで、この投稿では、私が普段どのようにブログ執筆をしているのか、藍子流ブログの書き方をご紹介します(^^

■ HOW I BLOG ■ 
■ どうやってブログを書いているか ■

This is what I do in my daily life.
私の日常に組み込まれているブログ活動はこうなっています。

1. Take pictures when something moved me
心が動いた時に写真を撮る

This was the first challenge I faced when I started blogging. I did not have a habit of taking photos. I had big hesitations on taking photos in public when I was alone, especially selfies! Also, Japanese smart phones both made in Japan and imported to Japan have to have loud shutter sounds to prevent people from taking illegal snapshots on crowded trains or from under the stairs so that didn’t help me at all. 実はブログを始めた当初、一番の問題が写真でした。私は習慣として携帯で写真を撮るタイプではなかったのです。一人でいる時に人前で写真を撮ることに大きな抵抗感がありました。特に自撮り。そして日本の携帯特有の「かしゃぁ!!!」というシャッター音も気になり、全然撮れない、大問題(笑)

This is the reason why I used some stock photos initially. There are some blogs that use beautiful stock photos and they have its own merits. They are beautiful and impressive. However, one of the reasons I started blogging was because I wanted to share the world I see. Stock photos although they were beautiful, they didn’t help me. They were too artistic, commercialized and somewhat cold lacks personality. というわけで最初は、ストックフォトと呼ばれるいわゆる写真素材を使っていました。数あるブログの中には綺麗な写真素材を使っているものも多く、それにはそれでメリットがあるのです。写真が綺麗で印象的。でも、私のブログを始めた理由は、私の世界観を表現したかったから。そのためには写真素材は綺麗なのですが、私の世界観を表現するという目標にそぐうものではありませんでした。美しすぎて、商材っぽすぎて、個性がなく冷たく感じたのです。

Few months after I started blogging, I attended a seminar. The theme was how to show your world through your writing and photos. It helped. I got some basic tips on iPhotography from 1:2 ratio, grid lines to framework, learned about some silent apps, acquired photo editing techniques, and practiced taking selfies. Then I started applying what I have learned and stocking up on my photos. ブログを始めて数ヶ月後、セミナーに参加しました。そのセミナーは、ブログの記事と写真でどうやって自分の世界観を表現するか。これは大きな助けになりました。1:2の法則や、グリッドライン、構図などiPhone写真術の基本的なコツを学び、無音で写真が撮れるアプリを教えていただき、写真編集のテクニックを学び、自撮りの練習をしました。そして学んだことを次の日から実践し始め、ブログ用の写真が撮り溜めれるようになっていきました。

You can see the photos I take on my blog and Facebook. They are something of my daily life and what I love. Sharing what peeks my interests help me show the world that I see. 私の撮る写真はブログやFacebookでご覧になれます。大抵は私の日常と、私の大好きなものたち。私の興味を引くものを捉えることで、私の見ている世界を表現する手助けになってくれているのかな、と思います。

When I take photos, some cases I have something to say about them, other times I don’t. Although I do take photos of the events I want to blog about, in many cases the theme of the post comes after when I actually start typing. 写真を撮る時、それについて何か言いたいことがある時もあれば、何もない時もあります。もちろんブログに書きたいなと思ったイベントの写真を撮ることもありますが、大抵は実際に記事を書き始めた時に記事のテーマが思い浮かんでくることが殆どです。

2. Review pictures and edit ones I want to share
写真を見て、載せたいものを編集する

When I have 5-10 minutes at hand, I flip through the pictures in my camera roll and delete what I don’t like, edit the lighting and color effects of those I like and save. There are some iPhone apps with great features what I use is below. ちょっとした隙間時間がある時に、カメラロールに入っている写真をパラパラ見て、気に入らないものは削除し、好きなものは光や色合いを調整して保存しておきます。とても簡単に編集できるアプリがたくさん出ていて、私が持っているのが下記の二つ。
Foodies: Great filtering features フィルター機能がとても便利
LINE Camera: It gives me silent photo taking function 無音撮影に重宝

My iPhone’s camera roll is synced with my Mac, so I simply edit the photos and save them on my iPhone. When articles are ready to upload in Step 7, matching photos are ready on Photos App on my Mac. また、私のiPhoneのカメラロールはマックと同期するようになっているので、私のすることは単に携帯上で写真を編集して保存するだけ。ステップ7で記事をアップする際には、マックのフォトアプリに準備万端で入っていると言うわけです。

3. Think about and jot down blog ideas and thoughts
書きたい話題や考えを書き留める

Blog ideas. That is one of the biggest challenges I have in blogging. Here are what I do to collect my ideas and organize. ブログ記事のアイデア。これがブログを続けるにあたり一万難しいことの一つ。自分のアイデアを溜めて整理する私なりの方法はこれです。

– Whenever I think about a topic I want to share about, I take a picture of that scene. It later on reminds me of the topic and the ideas when I see the picture.
– Whenever there are events to share, I take a picture or I write a tentative title in my draft
– Whenever people ask me for advice or opinions, I keep them in mind and write down the questions and my answers in my draft
– Whenever I open up my draft, I check the list of my tentative titles, questions, ideas, opinions etc. and add anything left
– Whenever I cannot think of ideas, look through my photo stocks and brainstorm
– 話題を思いつく度に、その場面の写真を撮る。写真がのちにその話題や話したかったことを思い出させてくれます
– 共有したいなと思ったイベントがある度に、写真を撮るか仮題を下書きに書く
– アドバイスや意見を求められる度に、その質問や私の答えを覚えておいて下書きに書く
– 下書きを開いく度に、仮題・質問・アイデア・意見のリストを確認して、書きそびれたものを追加する
– 書く内容が思いつかない時は、撮りためた写真を見返してブレストする

The key is to jot down ALL the ideas as soon as you think of them. KEEP the inspirations otherwise they are long gone! Also, I made it a habit of checking my idea list and keep updating. Sometimes, some lose their freshness and that is fine. The only thing that is crucial here is to catch the inspiration as they come up and do not let them go! ポイントは、思いついたらできるだけ早く全てのアイデアをとにかく書くこと。思いついたものは書き留めなければすぐにどこか遠くに消えてしまいます。また、アイデアリストは常に確認し追加する癖をつけました。もちろん時々は、書き留めたものも時間が経ってしまい使わなくなることも。でもそれでも構いません。ここで最重要事項はインスピレーションは沸いたら捕まえて離さないこと!

4. Write drafts in English
英語で下書きを書く

For my writing, I use OneNote. I have one notebook and everything is kept there. My note looks like this; there are 2-3 finished articles at the top ready to be uploaded to my blog and Facebook, below them are the half drafted articles waiting to be finished, towards the end are my ideas and tentative titles from the previous step. 執筆用にOneNoteのアプリを利用しています。OneNoteに一つのノートを用意しておいて、その中に全てが保存されています。するとノートの内容はこんな感じ:まず一番上に、2、3記事書き終わった投稿があり、ブログとFacebookへの投稿を待っています。その下には書きかけの記事、出来上がりを待っています。下の方には、ステップ3で書き出したアイデアや仮題が並んでいます。

I tried many systems before such as preparing various folders and notes for ready-for-uploads , English drafts, with or without Japanese translations, idea lists, categories… but then it got too complicated and I was using my time organizing the drafts than actually writing them! It beats the whole point. 今まで色々な仕組みを考えてきました。様々なフォルダを用意して、アップロード用、下書き用、日本語訳が付いているもの、付いていないもの、アイデアリストにカテゴリ、、、でも複雑になりすぎて実際に執筆をする時間より、ファイルやフォルダ整理に時間が取られて完全に本末転倒。

So, these days I settle down with one note. I write all the ideas and drafts here. When I finish uploading to both my blog and Facebook, I delete them. The ones below come up and remind me to finish writing them. ということで、最近はひとつのノートに書くことに。全てのアイデアと執筆記事はここにまとまります。ブログとFacebookの両方に投稿し終わったら、削除。下にあった書きかけの記事が上がってきて、今度はこれを書いてねと急かされます。

5. Add vocabulary grammatical tips while proofread
語彙と文法ノートを作りつつ文章チェック

My writing is done in English. Although I am a native Japanese speaker and English is the second language for me, it is easier to write in English than in Japanese. I don’t know why.
いつもブログ記事はまず英語で書いています。私は日本語が母語で、英語が第二言語なのにも関わらず、日本語で書くより英語で書くほうが楽。なんででしょうね。

As some my clients read my blogs for their learning purposes, I add vocabulary and grammatical tips at the bottom of my posts. While I prepare that section, I proof read my English writing. I admit I am not good at proofreading at all, but I still try.
ブログを読んでくださっている方の中には私のクライエントさんもいらっしゃるので、勉強のために読んでいるという方に向けて、投稿の最後には単語表と簡単な文法ノートを追記しています。その単語欄を作る時に、英文チェックも行います。文章チェックが大の苦手で、見逃しがちな私ですが、それでも一応頑張ってます(^^;

6. Add Japanese translation
日本語訳を足す

Then, I add Japanese translation to the English articles. This is another step of proofreading and final adjustment of my articles. それから、英語の記事に日本語訳を加えます。ここでも文章チェックと、最終調整を行います。

7. Upload them to blog and set the pictures
ブログに投稿し写真を挿入

When I have few blog articles ready, I upload them to my blog, add pictures, and set them to be published at a designated time. I update my blog on a daily basis and I try to have 2-7 articles in que at any time. いくつか記事が溜まったらブログに投稿して写真を挿入し、決まった日時にアップされるよう時間設定をします。ブログは毎日更新しているので、常に2−7記事は投稿予約がなされているように心がけています。

As for the photos, every few days usually when I upload, I check Photos App on my Mac and I download the edited photos to my desktop. I resize them all at once and keep them on my desktop. 写真は、数日毎、大抵記事を投稿するタイミングで、マックん写真アプリで写真を確認し、デスクトップに一時保存し、写真のサイズを変更しておきます。

Why desktop? Because I am lazy and it is just easy that way. Also as soon as I upload them to my blog and FB, I delete them. (The originals are kept on iCloud.) It is just like putting an envelope you have to mail on the dining room table. They are in front of me and help me get down to work to clear them. なんでデスクトップなのか?私は面倒くさがり屋なので、目の前にあったら簡単。そしてブログとFacebookにアップロードしたらデスクトップからは削除してしまうので大丈夫です。(写真の原本はiCloud上に保存されています)ちょうど、部屋のダイニングルームテーブルの上にその日出さなければいけない郵便を置いておくようなもの。目の前にあったらさっさと片付けようとするのです。

8. Upload it to FB after it is up on the blog
ブログに投稿後、Facebookへ投稿

Once the articles are uploaded to my FB as well, I delete the article from my OneNote and the pictures from my desktop. That’s the end! Phew, that feels good indeed. 私のFBにも投稿し終わった後、私はその記事をOneNoteからも削除してしまいます。これで完了!ポチッと削除する時の感覚は爽快ですね。

■ MAKE TIME & JUST CONTINUE ■
■ 時間を確保し書き続けること ■

Over the year, I had had times where I couldn’t write. The key action for me to snap out of it was to just make time to sit down with my OneNote. 過去1年、書けなくなってしまった時も多々ありました。そんな状況から抜け出すための私なりの行動は、とにかく時間をとって、座って、OneNoteを開くこと。

I am not good at routine and waking up at 6 am everyday and using 1 hour for my blog isn’t an option. I need changes and various activities in my life to stimulate my brain. So I promised myself to take time at a nice café because I love cafes, disconnect from the Internet and close all the apps except for my OneNote to remove all the distractions. Then I write. ルーティーンワークが苦手な私は、例えば毎朝6時に起きて1時間をブログに費やすといった規則的なことはできないのです。日々なにかしらの変化があり、色々な活動が脳に刺激を与えてくれる毎日が好きな性格です。そこで、カフェが大好きなことを利用して素敵なカフェで過ごす時間を取り、インターネットをオフにして、OneNote以外のアプリを立ち上げずに、集中できる時間を取ると決めました。そうして書いています。

Depending on my mood, I tackle different steps of the above which creates changes in my daily blogging activities. I need changes. One day I focus on writing; next day, I upload. If I am not in a mood, I edit photos and get them ready. This means I have a half dozen of articles partially written and pending, and that help my blogging activities stay versatile enough. その日の気分により、上記のタスクからやりたいことを選んで取り組みます。そうすることで、日々のブログ執筆活動に変化をつけています。単調にならないことが大切。とある日は書くことに集中し、別の日はアップロードだけ行う。書くことに気分が乗らなかったら、写真の編集と下準備をする。こうすると、執筆中の記事が常に5〜7本くらい並び、ブログ活動そのもに変化が出ます。

I am not a natural writer, I did not have urges to write when I started, yet I managed to blog for a year. I believe the key is to continue and find your own style and system. This is my blogging style and I hope you find yours soon! 私は生まれつき書くのが好きな人というわけではありません。ブログを始めた時も書きたい衝動があって始めたのではありませんでしたが、それでも1年ほどブログを続けることができました。コツは、とにかく続けること。そして、続けながらあなたなりのブログスタイルを見出すこと。私が発見したブログスタイル派こんな感じ。あなたも早くあなたにぴったりのブログ執筆方法が見つけられますように!

I know it’s a long post. Thanks for reading! 今回は、とっても長くなっちゃいました。読んでくれてありがとう!

Happy blogging!
ブログ楽しんでね!

Aiko
藍子

(この記事長いので、単語リストは割愛させていただきます)

Lunch in Omote Sando|表参道で哲学をしてみる

こんにちは(^^
世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です。
今日はちょっと長くなっちゃったよ〜(^^;

I had a pleasure of visiting an exquisite Japanese restaurant with a good acquaintance of mine the other day. Although it was on Omotesando Street and the entrance was wide open, it was somewhat hidden and hard to notice that there was a restaurant. It reminded me of a gallery or a private museum than a restaurant. 先日、よくしていただいている知人と素敵な和食レストランへ行ってきました。表参道沿いにあって入り口も大きく開いているのに、ちょっと隠れ家的でそこにレストランがあるとはわからない入り口。レストランと言うより、ギャラリーや私立の美術館のようでした。

店内はこんな感じ
お店からの眺め♪

During the meal, we got to talk about architectures, designs, businesses, creation processes etc. in relationship with the difference between Japan and the west. Then, the topic shifted to perspectives. Western architecture has the center of focus with a perspective and often symmetry, whereas Japanese architecture tends to have a asymmetry design and the center of focus, if any, is somewhat off balance. Western paintings has a clear perspective which is the foundation of western art, yet Japanese picture scrolls seem to continue forever without one specific perspective.  お食事の間、日本と西洋の文化の差に絡めて建築やデザイン、ビジネス、創造のプロセスの話などをしていて、視点の話に。西洋建築では視点と焦点がはっきりしていて左右対称なのに対し、日本の建築は非対称でもし焦点があったとしても微妙にずらしてある。西洋絵画も明確な視点がありそれが美術の基礎になっているのだけれども、日本の絵巻物などを見ると特定の視点があるわけでもなく永遠と続くように見える。

Then I realized. Languages too. In western languages, it is necessary to say the subjects such as “I” or “you.” Even if it is ambiguous, we still use “it” or “one.” On the contrary Japanese does not use subjects in most cases as they are understood by the context, or so explained in grammar books. These subjects are the perspectives. そこまで聞いて思ったのですね。言語も同じだと。西洋の言語では「I」や「you」などの主語を必ず述べなければいけなくて、曖昧な時ですら「it」や「one」を使って、とりあえずでも主語を置きます。一方、日本語は多くの場合主語を言わないのです。これは文脈から理解されるから。そう文法書には説明がなされています。この主語が視点そのものなんですね。

Now I question. Is it really that we Japanese imply subjects which are understood in the context or we simply don’t use them? In the metaphysical field, we often say that there is no “I” nor “you,” and the other person as well as the whole world are a mere reflection of you; they are you in essence. If Japanese language manages to capture and express the essence of the state of this universe, isn’t it an amazing language we have? ここまで考えて思いました。日本語って、本当に文脈から理解されうる主語が示唆されているのか、それとも主語そのものがないのででは?形而上学の世界では、「私」も「あなた」も実は存在していなくて、相手の人やそれこそこの世界そのものは単に私たち個人の投影なんだと。つまり、周りにいる人たちはみんな私なんですね。もし、日本語という言語、この宇宙の状態の本質を見事に捉えて表現している言語だとしたら、ものすごい言語を私たちは日々使っているのではないでしょうか。

“Je pense donc je suis.” (I think, therefore I am.) is the word by Descartes in French and of course it has “je, I.” It seems it only talks about Descartes himself, but what if this were to be in Japanese without any subjects. Does that mean “the universe thinks, therefore it exists?” 「我思う、故に我あり」とはデカルトの言葉で、もちろんフランス語では「我」に相当する「je」英語では「I」が使われています。この文は一見デカルト自身について話しているように見えますが、もしこれが日本語で書かれた文章で、主語がなかったら?「宇宙は考えて、故に存在する」に成るのかしら?

****************
pleasure:喜び
exquisite:素敵な、素晴らしい
acquaintance:知人
although…:〜にもかかわらず
somewhat:いくらか
hidden:隠れている
notice:気がつく
reminded me of…:〜を思い起こさせる

during…:〜中
meal:食事
got to talk about…:〜の話になった
architectures:建築
creation processes:創造のプロセス
in relationship with…:〜にからめて
shifted to…:〜に方向性がシフトした
perspectives:視点
the center of focus:焦点
symmetry / asymmetry:対象、非対称
Whereas…:〜である一方
tends to…:〜の傾向がある
somewhat off balance:いくらかバランズが外してある
paintings:絵画
foundation:基礎
yet:しかし、一方
Japanese picture scrolls:日本の絵巻物
seem to…:〜のようだ
continue :続く
forever:永遠に
without one specific perspective:一つの特定の視点

it is necessary to:〜する必要がある
subjects:主語
such as:〜のような(例をあげる時に使います)
even if:〜だとしても
ambiguous:曖昧
still:それでもまだ
on the contrary:反対に
in most cases:ほとんどの場合
as:〜なので
context:文脈
explained:説明される

I question:疑問を持つ。
Is it really that:本当に〜なの?
imply:示唆する
metaphysical field:形而上学の分野では
as well as:〜と同様に
the whole world:この世界すべて
a mere reflection:mereは単なる、単なる投影
in essence:本質は
manages to:なんとかして〜する
capture:つかむ
express:表現する
state:状態

therefore:ゆえに
seems:〜のように見える
Descartes himself:デカルテ自身
what if:もし〜だったらどうなんだろう?
universe:宇宙
exists:存在する

Gekkikai Entrepreneurial Ladies Night|月輝会の夜

今日は!
世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です♪

Last Thursday was the Gekkikai – Entrepreneurial Ladies Association – night. This gathering has significant meanings because everything here seems to happen at the perfect timing for me. I learn so much from attending these events, listening to presentations and meeting the members.  先週の木曜日は、輝く女性の会、月輝会の日でした。この集まりって、私にとってはちょっと特別な意味を持つ会なんです。なぜなら、ここでは色々なことが私にとって完璧なタイミングで起こるみたいなので。この会に参加させていただいて、プレゼンを聞き、メンバーの方々とお話をさせていただくことで多くのことを学ばせていただいています。

ワイン飲めるの1センチくらいの私(笑)

That night, the presenter, Ms. Mari Tenmei, shared the journey of her life and her expertise on body maintenance. At one point, she noted one of the most important things she learned is to take an action, see and decide what you want to do and make the move. この夜、お話をしてくださったのは天明真里氏、彼女の人生の軌跡と専門である体のバランスのことなどシェアしてくださいました。プレゼンの中で、彼女の学びの中で最も大切なことの一つが行動をすること、そして本当にやりたいことを見出し決断し、行動に移すことだとおっしゃってくださいました。

お勉強会

One might be scared to make changes. We tend to worry about things even though none of them actually happened yet in reality. I remembered the time when I tried paragliding few years back. The scariest part was when I stood at the edge of a cliff with harnesses and a parachute tied to my back, waiting for the wind. Once I was in the air, the fear got blown away and the joy of the new experience set in. So embrace the fear and move one step forward. You never know what you find. 実際変化を起こすのって怖いと感じるかもしれません。現実にまだ起きていないことでさえ、私たちは心配する傾向がありますよね。数年前パラグライディングに挑戦した時のことを思い出します。一番怖いのは、背中にハーネスとパラシュートを背負い、崖の縁に立って風を待っているその時。一度空中に飛び立ってしまえば、恐怖はどこか遠くに飛んでいき、代わりに新しい体験のわくわくがいっぱいに広がるのです。だから怖いのも抱きしめて、一歩前に出てみること。まだ見ぬ世界が待っているかもしれませんね。

************
entrepreneurial:起業家の
association:集まり、協会
gathering:集会、集まり
significant meanings:大きな意味、重要な意味
seems to:〜のようだ
attending:参加する

presenter:発表者、ブレゼンする人
the journey of her life:彼女の人生の軌跡
expertise:専門性
body maintenance:体のメンテ
at one point:ある時点で
noted:〜と言った、〜と述べた
take an action:行動を起こすこと

one:人は(一般的に「私たちは」みたいな意味でも使えます)
be scared:怖がる、恐れる
make changes:変化を起こす
tend to:〜する傾向がある
even though:〜にもかかわらず
actually:実際に
in reality:現実に
paragliding:パラグライディング
few years back:数年前(few years agoと同じです)
the scariest:一番怖い
edge:端、
cliff:崖
harnesses:ハーネス
tied to my back:背中に結び付けられた状態で
once:一度〜すると
in the air:空中に浮く
fear:恐れ、恐怖
got blown away:遠くに吹き飛ばされる
set in:(新しい状況)が始まる、になる
embrace:抱きしめる
find:見つける

So Happy Meeting with Clients|クライエントさんと会うのって幸せなのです(^^

こんにちは!
世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です♪

One of my daily activities is meeting with my clients for lessons and coaching sessions both in person or on Skype. Some clients take lessons on a regular basis, like weekly or biweekly, and others take them irregularly. Sometimes, I get to meet them after a long interval like few months or even few years apart both for lessons or for social reasons. Sometimes I have a pleasure of visiting them overseas and also a pleasure of having them come to Japan. 私の日々の活動の一つはクライエントさんと、レッスニャコーチングセッションのために会うこと。対面の場合もスカイプの場合もあります。毎週、隔週など定期的な方もいらっしゃれば、不定期な方もいらっしゃいます。時々、数ヶ月から数年という長い間隔が空いてから、レッスンや友人としての再会もあります。私が海外にいる元クライエントさんを訪ねることもあれば、逆に日本や東京に帰国される際に会うことも。

The other day, there was a client resuming lessons after a 6 month break and it was so nice to see him again. We caught up with each other’s lives and I was very happy to know that he had a good experience overseas. 先日、6ヶ月ほどのお休み期間のあと、レッスンを再開されたクライエントさんと久しぶりにお会いしてきました。こうしてまた会えるのって嬉しいものですね。お互いの人生でこんなことあったよという話をし、お休み中海外で良い経験をされたようでそれも嬉しかった。

One of my mentors in Canada once told me that when you teach you leave a part of you with that person. I see it this way: when I meet someone, it is like creating a page that is shared in the book of their lives and mine. At one point in their lives, there is a chapter in which they learn languages and I show up as a character in their books. In my book, many chapters are filled and overflowing with exciting meetings with my clients and their life stories, and I fancy the idea that each page has a link to all those I care. 私がカナダにいたことのメンターの一人がこんなことを言っていました。「教えるということは自分の一部をその人の中に残すことなんだ」と。私の考えはこうです。誰かで出会うことって、私の人生が綴られた本と相手の本の中に共有のページを持つようなものだって。彼らの人生の中のある時点で、言語を学ぼう!と思い立つ章があって、そのページに私が一登場人物として登場するのです。一方私の本は、そんな章がたくさんあってそのページはクライエントさんとのワクワクする出会いと彼らの人生の物語でいっぱい。そして、それぞれのページが私が大好きな人たちとつながっている、私はそんな考え方に心が踊るのです。

******************
daily activities:日々の活動
in person:対面で
Some… others…. :〜という人もいれば、〜という人もいる
on a regular basis:定期的に
irregularly:不定期に
a long interval:長いお休みのあと
even few years:時に数年後
apart:期間が経った後で
social reasons:社交で(「社会的な理由で」が直訳ですが、ビジネスではなく「友達として」会うと言う意味です)

resume:再開する
caught up with:catch up withの過去形、追いつく、お互いの近況報告をする
each other’s lives:お互いの人生について(「lives」は「life、人生」の複数形)
have a pleasure of …ing:直訳、〜する喜びを持つ。意訳、〜してもらって嬉しい。

once:かつて〜しました
told me:tellの過去形、教えてくれた(「tell」は「話す、言う」という意味の他に「教える」という意味があります)
leave:後に残す
it is like:それは〜のようだ
shared:共有された
chapter:章
As…:〜として
character:登場人物
are filled and overflowing with:「filled with…」は「〜で満たされている」、「overflowing with…」は「〜で溢れかえっている」
I fancy the idea:「fancy」はイギリス英語で動詞として使うとカジュアルに「〜が好き」という意味。「idea」は「考え方」という意味。「考え方が好き」
I care:動詞の「care」は「世話をする」以外にも「大好きで気にかける」という意味。時に「I love you.」の代わりに「I care for you.」と言うこともできます。