【Thoughts about Hugs |ハグについて考えた】

こんにちは!世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です♪

In Japanese culture, greetings are easy. We bow or wave with smiles. No biggie. When one culture meets the other, it is a little more complicated. 日本文化なら挨拶はシンプル。お辞儀をするか、笑顔で手を振するかで、そんなに複雑にはならないですよね。しかし、二つの文化が混じったとき、もう少し複雑になってくるのです。

こんなお昼食べながら考えてみた(^^

Although I got used to hugs in Vancouver, it still does have its difficulties. First of all, you don’t know you which side you should tilt your head to. Most of the times, you figure out in the split second and adjust. Sometimes you and the other person start tilting in one direction and then quickly adjusting to the other side together and bang! It is a comedy. バンクーバーで私はハグに慣れたのですが、それでも難しい点がいくつかあるんです。まず、どちらに頭を傾ければいいのかわからない。ほとんどの場合、相手の出方を瞬時に判断して調整するのですが、時々相手と同じ方向に傾けてしまって、お互い慌てて反対方向に傾けて、ごっつんと(^^; コメディーにしかならない(笑)

Then, there is a pressure concern. In Canada, my host families and friends used to give me good heartfelt bear hugs. I remember at my first arrival to Vancouver a little short of two decades ago, my host father gave me a big hug and it was a big culture shock. lol Of course, I got used to it fairly quickly and didn’t have to freeze every time.  それから強さの問題もあります。カナダではホストファミリーも友人も温かみのあるぎゅっとしたハグをしてくれていました。約20年位前、始めてバンクーバーに行った時のホストファザーのむぎゅう!というハグにカルチャーショックを受けたのを覚えています。もちろん、それにもすぐ慣れ、毎回凍らなくても良くなりました。

However, as I got to know Francophones, I realized their hugs were lighter usually with putting hands lightly on the other person’s arms and with cheeks touching possibly with air kisses. These are also common in many parts of Europe, I believe. しかし、フランス系カナダ人と知り合うと、ハグがもっとふわっと軽いことに気づきます。相手の両腕に両手をそっと添え、頬と頬を合わせて、場合によってはエアキス。ヨーロッパの多くの場所ではこんな感じの挨拶が多いかなと思います。

Now kisses; not romantic kisses, greeting kisses, where two cheeks meet. If you are from non kissing/hugging country, nobody actually tells you how to do this, so you need to get used to it by being in the situation (which can be a little surprising) and figuring out what the heck is happening. You don’t actually kiss that much, simply two cheeks meet with or without the sound of a kiss. It is also tricky because there can be one, two or three kisses. You think you finish with two and end up “escaping” from the third. さて、このキス、ロマンチックなキスではなくて、頬と頬を合わせる挨拶のキスです。キスやハグの挨拶がない文化で育った場合、この挨拶キスを習う機会ってなかなかないのです。なので、そんな状況に身を置き(最初はびっくりします(^^;)一体何がどうなっているのか解明しつつ、慣れていくしかないのです。因みにキスといっても、そんなにキスはしません。単に自分の頬を相手の頬に合わせるか、時々キスの音を立てるだけ。難しいのは、キスが片方の頬だけの時もあるし、右左と両方の時もあるし、右左右と3回になることもあるのです。(左右のどちらが先かは、その時と場合によります)そして2回かなと思って身を引いたら、相手からの最後の1回に透かしを食らわせてしまうなんてことも。

Lastly, things get hilariously complicated in Tokyo because people I know are from various backgrounds and have been in various places and we don’t know what to do. I just met a Japanese lady today who lives in Spain, and the greeting was in Japanese with a lighter hug and two kisses. Who knew? With a Japanese person who has lived in the US for few years, we might give each other a bear hug. Sometimes, some Japanese friends give me hugs with arms wrapping but there still is a space in between possibly due to Japanese shyness? That, I consider a Japanese greeting hug. さて、この挨拶事情、東京にいるとめちゃくちゃ複雑になります(^^; 私は様々な文化背景出身の友人知人や、海外の多くの都市に滞在経験がある知人友人が多いのですが、お互い何をどうすればいいのかわからなくなってしまうのです。今日スペイン在住の日本人の友人に会ったのですが、挨拶は日本語で「お久しぶりです〜」といいつつ、ハグと両頬キッス。アメリカに数年住んだことがある別の日本人の友人とは、北米流のぎゅっとハグ。ときどき日本人の友人でハグをしてくれる人の中には、腕を回してのハグなんだけど、でも微妙に体は密着しない・・・のはシャイな日本文化かな?きっと日本式ハグと私は名付けています。

On the contrary, non Japanese people in Tokyo might not hug at all because they are in Japan, aware of our culture and I am Japanese…… 逆に東京にいる外国人の方は、日本に住んでいるし、日本文化の理解があるし、私が日本人なので、ハグがないことも・・・

So the conclusion? We try to assess the situation and act accordingly in the very limited few seconds of the meeting! Don’t you think it is a lot of pressure to get it right?!?! 結局にどうするのかって?出会った瞬間の数秒で瞬時に状況判断し、行動に移すんです!結構大変なプレッシャーだと思うんですけど、どうでしょう???

***********************
greetings:あいさつ
bow:お辞儀する
wave:手を振る
No biggie.:No big deals.の省略形で「大きな問題ではないですね」と言う意味です
one … meets the other:〜がもう一つの〜に出会うと
complicated:複雑な

although:にもかかわらず
got used to…:〜に慣れた
hugs:ハグ
still:それでもまだ
difficulties:難しさ
first of all:まず第一に
should:べき
tilt your head:頭を傾ける
most of the times:ほとんどの場合
figure out:理解する、察する
in the split second:ほんの一瞬で
adjust:調節する
the other person:相手の人
in one direction:一つの方向に
bang:ごつん!

then:それから
there is…:〜があります
pressure:圧力、強さ
concern:懸念。問題
heartfelt :心の通った、温かみのある
bear hugs:ぎゅっとしたハグ
a little short of…:〜弱
two decades:20年、decadeは10年です
big hug:ぎゅっとしたハグ
of course:もちろん
fairly quickly:結構早く
didn’t have to…:〜しなくてよくなった
freeze:固まる

however:しかし
as…:〜につれて
I got to know:知り合う
Francophones:フランス系カナダ人
realized:気がついた
lighter:より軽い
cheeks:頬
possibly…:〜かも
common:よくある

now:さて、
two cheeks meet:二つの頬が出会う、頰と頬がくっつく
nobody :誰も〜しない
actually :実際に
tells you :あなたに教えてくれる
so :だから
surprising:びっくりする
figuring out:解明する
the heck:一体全体
tricky:難しい
end up …:〜ということになる
escaping:逃げる

lastly:そして最後に
hilariously complicated:面白いほど複雑な
various backgrounds:様々な文化背景出身
have been in various places:あちこちに住んだことがある
Who knew?:誰が知っていたの?
give each other a bear hug:お互いをハグする
with arms wrapping:腕を回して
space in between:間に空間がある
due to…:〜のせい
Japanese shyness:日本のシャイさ
consider…:〜と考える

on the contrary:逆に
might not hug at all:全然ハグしないかも
aware of…:〜について知っている

conclusion:結果
assess the situation:状況判断する
act accordingly:それに従って振舞う
seconds:秒

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中