Poo Poo Kanji Drill is a Good Idea!|うんこ漢字ドリルいいと思う!

こんにちは!
世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です。

Yes, I know. There is no mistake. The P word. Poo Poo Kanji Drill is a series of children’s study drills where they learn Chinese characters called Kanji. Such drills have existed for a long time and I used to use them in elementary school too. Normally, it is a boring exercise book filled with Chinese characters and their example sentences. You can imagine how exciting it can be. 打ち間違えではないです。う○こです。「うんこ漢字ドリル」とは子ども達用の漢字ドリルのシリーズ。この手のドリルは長いあいだ使われてきて、私も小学校で使っていました。普通は、漢字と例文で埋め尽くされたつまらない学習ドリル。聞くだけでつまらなそう?

Why poo poo? Good question! (<– my occupational hazard as a teacher) One very imaginative publisher had an idea of making drills fun to learn for children. Poo Poo Kanji Drills are what they came up with. Essentially, they manage to fit the word "poo" in EVERY example sentences for characters children need to learn in 6 years, more than 3000 sentences in total. さて、なんでうんこなのでしょう?いい質問です!(←私の講師としての職業病です)とあるとても想像力豊かな出版社が、このドリルを子ども達が学ぶのに面白くしようと考えたのです。それで生まれたのがこのうんこ漢字ドリル。簡単に言うと、6年間で学ばなければいけない漢字の3000文強の例文全てに「うんこ」という言葉を売れることに成功したのだそうです。

Moreover, the sentences are incredibly funny and creative. They beat your expectations and make you laugh so hard. No wonder why children are literally laughing while studying. Apparently, some feedback from the parents include "My children wake up in the morning and first thing they do is to read and practice Kanji." and "My child now goes to his desk without being told to study." しかも、その例文がものすごく面白くてクリエイティブ。予想を裏切る例文展開でかなりウケます。勉強しながら子ども達が文字通り笑い転げるのもうなづける。親御さんからの感想には「子どもが朝起きてまずすることが漢字ドリルを読んで解くこと」「勉強せよと言われなくても子どもが勉強机に向かうようになった」のだそう。

電車広告その2

From a scientific point of view, there are many researches done and papers released on the relationship of humor, laughter, or joy and learning. Even without any of those studies, you can readily imagine if you are interested in, willing to open, and having great fun with the learning materials, your brain is more ready to absorb new information than otherwise. 科学的な観点から見ても、ユーモアや笑い、喜びと学びの関係について論じた論文や研究がたくさんなされています。そして、そんな研究を読まなくても、もし教材に興味を持ち、喜んでページをめくり楽しめるのであれば、気が進まないときと比べて、脳はその情報を吸収する気満々だと想像がつきませんか?

So I think this is a fantastic idea! I only saw few examples on those ads but I would love to read those drills myself and get good laughs! とっても素晴らしいアイデアだと思うのです。広告を通して例文幾つか読んだだけすら、このドリルの続き(?)を読んで、大笑いしたいと思う今日この頃です。

***************
poo poo:うんこ(赤ちゃん言葉)
Chinese characters:漢字(元々中国のものなので「Chienese 中国の+character文字」と言います)
such:そのような
have existed:ずっと存在している
used to…:かつて〜していた
elementary school:小学校
boring :ツマラナイ
exercise book:練習帳、ワークブック
filled with:埋め尽くされている
You can imagine how exciting it can be.:どれくらいそれがわくわくする物に成りうるのか想像できるでしょう。(つまらなそうでしょという皮肉です。そして、ここで「どれくらいつまらないか「想像 imagine」できるでしょう。」という文章と、次の段落の「a very imaginative publisher とても想像力豊かな」で同じ単語を使うことで、どれくらいつまらないか想像していたのと同じ想像力を駆使したら、こんな面白い物ができた、という遊びを掛けています)

occupational hazard:職業病
as a teacher:講師としての
imaginative:想像力豊かな
publisher :出版社
came up with…:〜を思いついた
essentially:エッセンスは、簡単に言うと、とどのつまり
manage to…:何とかして〜し遂げた
fit:当てはめる、入れ込む
sentence:文

moreover:さらに
incredibly:信じられないくらい
beat your expectations:あなたの期待・予測を上回る
make you laugh:あなたを笑わせる
No wonder why…:なんで〜なのか疑問がない=〜ということは明らか
literally:文字通り
while studying:勉強しているあいだ(「while …ing」で「〜しているあいだ」)
apparently:〜らしいです
parents:親
include:含む
without being told:言われることなしに(「be told」で言われる受け身になっています。)

from a ….. point of view:〜の観点から
researches:研究
papers:論文
on…:〜について
relationship of…:〜の関係
humor:ユーモア(「h」なので発音は「ヒューモア」です)
laughter:笑い
joy:喜び
even without…:〜なしですら、〜がなくても
readily:簡単に(「easily」と同じ意味。もっとかしこまった単語)
willing to…:進んで〜する
learning materials:教材
brain:脳
is ready to…:〜する準備ができている
absorb:吸収する
than otherwise:そうじゃない時と比べて

fantastic:素晴らしい
ads:広告(元の単語はadvertisements)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中