You Want to Improve Your English Writing?|英語のライティングスキルを伸ばすために

今日は!
世界を旅するコミュニケーター、藍子です。
今日はライティング、英作文にお勧めの本をご紹介します(^^

This is a post essentially recommending the book of legacy, The Elements of Style, by ___, for my dear English learners. 🙂 I know if you are reading this part in English, you might not be “studying English” per ce but I know tons of native speakers, not you, who could benefit from this too! lol

英語のライティングスキル伸ばしたいなと思っている方のために書籍ご紹介します(^^ カナダ留学時代、大学で小論やレポートを書くのにどうしても必要だった英作文。ただ単に英語が書けるだけでは足りず、論理的な記述方法や、句読点等の正しい打ち方、自分なりのライティングスタイルを確立するのに助けてくれた英作文の名著です。

The Elements of Style
http://amzn.to/2qt7aPt

この本、洋書です。そして、古い本で少々フォーマットが古臭く、文が硬いかも。でも薄くて、本当に必要なことだけに要点を絞って紹介してくれています。英作文でよく間違えられる単語や言い回しなども紹介されていて、とってもお勧め。ある程度は英語が書けるけど、もっときちんとした英文が書けるようになりたいという方にお勧めです。

この本、実は英語を外国語として勉強している人のための本ではなく、英語を母語とする方々が学校で使うような本。イギリスやアメリカでライティングの基礎といえばこの本と言われるような本です。

正直、英語の教材って溢れかえっているし、その人のレベルや目的によって合う教材って違うので、今までは書籍のお勧めもあまりしてこなかったのです。しかし、「藍子さんが実際に使ってよかったよと言う本、知りたい!」という声をたくさんいただき、少しずつご紹介してみようかなと。個人的にお勧めもしていますので、クライエントさんは聞いてくださいね(^^

Thanks for reading!

Dinner with a girl friend of mine|女友達とディナー♪

こんにちは(^^
世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です。

Went to a nice Japanese restaurant in Nakameguro with a good girl friend of mine. We met last year through Facebook and also my blog but we are like long term friends. We both had lived in North America for a while and it is kind of nice that we can laugh about one of the very luxurious buildings in the proximity which resembles a family style hotel chain in NA. I know it is silly but something that makes your day.  中目黒の素敵な和食のお店に、女友達と晩ご飯に行ってきました。彼女と出会ったのは去年、フェイスブックと私のブログを通してなのですが、いつの間にか長年の友人のよう。お互い北米にしばらく住んでいたことがあって、近くの超高級マンションのひとつが北米のファミリースタイルのホテルチェーンそっくりだという話で笑えるのがなんだかいい。特別なことじゃないんです。でもそういうのが日々の中の幸せだったりしませんか?

Of course, the food was excellent: a very nice Japanese food with lots of vegetables. We all need veggies. もちろんご飯もおいしかった♪野菜をふんだんに使った和食。みんな野菜食べなきゃね(^^

By the way, I always wonder, why don’t we differentiate “a girlfriend” as in a female friend and “a girlfriend” as in a boyfriend-girlfriend situation in English… but then again, the word “Kanojo” in Japanese means both “a girlfriend (vs a boyfriend)” and “she” so… I am not sure which is more complicated. ところで、いつも疑問に思っていたのですが、なんで英語では女友達の「girlfriend」と彼氏彼女の状況で使う「girlfriend」と区別しないのでしょうね・・・ま、でも、日本語の「彼女」は英語の「girlfriend (ボーイフレンドの反対)」と「she」の意味があるか・・・どっちの方がややこしいか、わからなくなってきた(笑)

*************
good girl friend:良き女友達
a friend of mine:友達のうちの一人(人数を気にする言語の英語。「I met my friend.」というと「友達がたった一人しかいなくて、その子に会ってきた」という印象になるので、「I met a friend of mine.」というと「友達は複数いるんだけれども、そのうちの一人に会ってきた」という表現になる。別に友達が何人いるかは話題に上っていないのだかが、後者が普通になっているので、前者はやっぱりちょっと違和感なんだって。)
met:(meetの過去形)会った
through Facebook:Facebookを通して(ドライブスルーのスルー)
are like:〜のようだ(are/is/am のような be動詞と一緒にlikeを使った場合は、「好き」という意味はなくなって、「〜のようだ」という意味になります)
long term friends:長い付き合いの友人(複数形)
both:両方とも、二人とも
had lived in:(過去完了形・経験)〜に住んだことがある
North America:北米
for a while:しばらくの間
kind of nice:ちょっと素敵
laugh:笑う
luxurious:ラグジュアリーな、高級な
in the proximity:近所の、近くの
resemble:似ている
NA:北米(省略)
silly:おばかな、つまらない、たいしたことない
(It is) something that makes your day.:makes your dayは、直訳が「あなたの日を作る」で意訳が「あなたの日を特別なものにしてくれる」

of course:もちろん
vegetables:(複数形)野菜
veggies:(複数形)上記の野菜の単語の省略形

by the way:ところで
always:常に、いつも
wonder:疑問に思っていた
why don’t we :なんで〜しないのかしら?
differentiate:区別をする
girlfriend :女友達、彼女
as in :〜という意味の
female friend:女の友達
but then again:でも、しかし、
the word “Kanojo”:「彼女」という言葉
means:意味する
I am not sure:よくわからない
which:どちらが
complicated:複雑な、ややこしい

Done with My Grammar Book!|フランス語文法書読破!

こんにちは!
世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です♪

今日も暑いね!

You know this thick grammar reference book? Yes, that’s the one I have been tackling for the past week and I have finished reading it! Yeay! No, no. Memorization was not within my scope this time. I do not make a claim that I master them all either, but I have finished reading it from the beginning to the end. :) この分厚い文法書、そう私がここ一週間取り組んでいたもの。読み終わりました!やったね♪いえいえ、暗記は今回の視野には入っていませんし、全部をマスターしましたなんて言うつもりもありません。でも最初から最後まで読破しました(^^

この本、2センチ強あるのです〜

When I learn something, I like to get the big picture first, understand how things are, assess what I need to do and then fill in the details. Going through this massive sentences and vocabularies surely got me used to reading French, recognizing verb conjugation vaguely, figuring out word orders and understanding most commonly used words and expressions. 何かを学ぶ時、私は大雑把に概要をつかむのが好きなのです。いったい何がどうなっているのかを理解して、何をする必要があるのかを確認し、それから詳細を詰めて行く。この大量の文章と語彙をこなすことは、確実にフランス語を読んだり、動詞の活用をなんとなくでも見分けたり、語順が理解したり、よく使われる語彙や表現を理解したりする練習になりました。

毎日読むこと約1週間。

Phew. That was a little overdose of grammatical knowledge! So, next….. There are few options for the next course of action: quickly reviewing all again, learning all the sentences by heart, memorizing conjugations, or going back to mastering my pronunciation. はぁ〜疲れた。文法知識詰め込みすぎた(笑)ということで、次・・・次のステップに幾つか選択肢があるのです。もう一度全部を見直してみる、例文をとにかく完全にわかるようにする、活用を暗記する、それか発音に一旦戻って完璧にする。

Hmmmmm…… possibly pronunciation….. う〜ん、発音かなぁ・・・

******************
you know:知ってるよね(話し始めに使えます)
thick:分厚い
grammar:文法
reference book:参照するための本(普通のbookは最初から最後まで読むものであるのに対し、refernce bookは必要な時に引いて使う辞書のようなものを指します)
tackling:スポーツ用語として使われるタックル。動詞の意味は「取り組む」
memorization:暗記
within my scope:私の射程内(scopeが視野、withinが「〜のなか・以内」withとinが一緒になった単語です)
make a claim that…:〜と主張する(「claim」は「主張」「主張する」という意味。お客様の「主張」が「苦情・クレーム」になっている時もありますが、この単語そのものが「苦情」という意味ではありません)
master:マスターする、習得する

get the big picture:大まかな構図を頭に入れる、概要を掴む
how things are:物事がどのようになっているのか
assess:探る、調べる
fill in:(空欄を)埋める
details:詳細
going through:(本やページに)目を通す
massive:大量の
sentences:文章
vocabularies:語彙
surely:確かに
get me used to:私に慣れさせた
recognize:認識する、判別する
verb conjugation:動詞の活用
vaguely:曖昧ながらも
figure out:理解する、わかる
word orders:語順
understand:理解する
most commonly used:最も広く使われている
expressions:表現、言い回し

phew:ふぅ〜
overdose:過剰摂取
grammatical knowledge:文法知識
options:選択肢
course of action:行動計画、次にやること
review:見直す
learning… by heart:完全に自分のものにする
pronunciation:発音
hmmm:う〜ん
possibly…:〜かも

What drinks do you like?|飲み物は何がお好き?

こんにちは〜
世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です。

What drinks do you like? Usually I don’t drink alcohol nor much caffeine. I know I would make a horrible companion. However, it is more that I cannot drink. A shot of alcohol will get me drunk and make me very sleepy as my body starts to shut down, and too much caffeine will put me way too hyper. If I have regular coffee on a normal day, this is what happens: I start speaking a lot faster. I start walking around like a mice. I cannot write properly as my hands start shaking and my brain tries to spell faster than my hands. Essentially, dangerous. 飲み物は何がお好きですか?私は普段お酒もカフェインも飲まないのです。そう、あまり良い連れとは言えないんですよね(^^; どちらかというと飲めないのです。ある刻子はおちょこ一杯分くらいで酔ってしまい、体の機能が低下するので眠くなる(笑)そしてカフェインは飲みすぎると今度はテンションが高くなりすぎる(笑)普通の日にコーヒーを飲んでしまうと、こんなことになります・・・まず話すのがめっちゃくちゃ早くなります。そしてハツカネズミのように歩き回り始めます。それから手が震えて文字が書けない上に、手が文字を書くスピードよりも早く脳がつづりを書こうとするので、きちんと字が書けません。要するに、危険です・・・(@@

So, what do I drink? If I go to a restaurant, I love drinking sparkling water in a wine class like this. At a café, I normally order tea and take out the tea bag right away so that it is very light. If I don’t have to order something, I like drinking water or hot water. Hot water? It is good for your health and it is actually tasty if you have good quality water. ;) じゃ、いつも何を飲むのかって?レストランに行った時は、スパークリングウォーター♪こんな風に炭酸水をワイングラスに入れて飲むのが大好き。カフェだったら、通常はお茶を頼みます。そして、薄〜くするため、お茶っぱはさっさと出してしまいます(笑)もし、何も注文しなくて良いなら、お水かお白湯。え、お白湯?体にいいし、良質の水を使えば実は結構味も美味しいんですよ〜(^^

*******************
usually:通常
alcohol:お酒
nor:orと同じなんだけれども、文章が否定文(分というにdon’tがありますね)の時は、norを使います。
caffeine:カフェイン
horrible:ひどい
companion:連れ
however:しかし
it is more that:どちらかというと
a shot of:〜を1ショット分。1ショットはおちょこ一杯分くらい
get me …:私を〜の状態にする
drunk:酔う
as…:〜なので
way too hyper:hyperはテンションが高い、テンションが超高すぎ
happen:起こる
a lot faster:より早く(fasterのようにerが付いている比較級には、veryがつけられないので、代わりに a lot / far / much / war のどれか4つで「とても」という意味を付け足します)
like:〜のように
mice:ねずみ、ハツカネズミ
properly:きちんと
Shaking:震える
tries to…:(try to 三人称単数のsが付いている)〜しようとする
spell:綴る
essentially:ようするに
dangerous:危険な

so:だから
sparkling water:炭酸水
normally:普通は
order:注文する
take out:取り出す
right away:すぐに
so that:〜であるように
light:薄い
don’t have to:〜しなくても良い
hot water:お白湯、お湯
actually:実は
tasty:味の良い
quality:質

Thinking of Something Fun|楽しいこと考え中〜(笑)

こんにちは!
世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です♪

Can you see I am thinking of something fun? It is getting warmer. Summer is getting closer. I am thinking about something fun. Something I would love to do. Something that would change the course of my life. Something that will open a lot more doors in front of me. It really excites me! It is now still in its inception so I can’t tell you yet, but and I am pondering upon the idea… I will know soon or later and you will know it too! ;) 何か楽しいことガン替え中なんです、わかるかな?暖かくなってきているし、夏も近づいてきているし、面白いこと考えているんです。私がとってもやりたいなと思っていること。私の人生の軌道が変わるかなということ。私の目の前のドアをもっとたくさん開けられるそうなこと。考えるだけでワクワクする♪今はまだ考え始めの段階なのでお伝えできないけれど、でもアイデアを温めております。近々答えが出るかな、そしたらまたお伝えしますね♪

**************
am thinking of:(現在進行形)考えているんです(think は of や about が使えます)
something fun:何か面白いこと
is getting warmer:暖かくなってきている(進行形のgetと比較級warm+erで「より〜になりつつある」)
closer:近い(発音は「クロース」、「close」で「閉まる」は「クローズ」)
something:〜なこと
would:(もし〜したら)・・・であろう(という推測)
the course of my life:私の人生の軌道
in front of me:私の目の前
excite me:私をワクワクさせる
still:まだ
in its inception:始めの段階
so:だから
tell:教える、伝える
not … yet:まだ〜ない
am pondering upon:〜について考えている(thinkに似ています)
soon or later:近々
;):ウィンク

Need selfie practice…|自撮りの練習しようかな・・・

こんにちは、世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です。
今日は、ちょっと思った自撮りの話・・・

なんか自撮りってうまくいかないぞ〜

Last winter, I started practicing iPhotography. I learned some very basics such as making sure not to tilt my phone (oh really!?), to focus on the subject (which I thought was automatic!), to use the grid (how convenient lol) and to apply the golden 1:3 rules etc. I think I am getting better little by little but definitely I am not good at selfie! It takes so many shots to get one that is bearable. Hahaha I think I need a bit of practice… Does anyone have any tips???  去年の冬、iPhone写真の練習を始めた私。超基礎を幾つか、例えば電話が傾かないようにとか(自分だと気がつかないのです)、被写体にちゃんと焦点を当てるとか(自動かと思ってたのに!)、グリッド線を使うとか(便利よね〜これ)、1:3の黄金比を使うなど学びました。ちょっとずつ上手になってきてるかなとは思うのですが、どう考えても自撮りが下手!一枚のなんとか見るに耐えられる写真を撮るのに、何ショット必要なことか(笑)ちょっと練習したほうがよさそうです。誰かヒント&コツあったら教えてくださいな〜(^^

************
last winter:去年の冬
started practicing:(startは過去形)練習し始めた(practice -ingで〜し始める)
iPhotography:iPhone写真
learned:(過去形)学んだ
basics:基礎
such as…:〜のような(例をあげるときに使います)
making sure not to…:〜しないようにする
tilt:傾ける
focus on :焦点を置く
subject :被写体
grid :グリッド(撮影画面に出てくる、縦横の線)
how convenient:なんて便利なの!
lol:(笑)
apply :適用する、使う
the golden 1:3 rules:1:3の黄金比
etc. :など
am getting better:より上手になってきている(進行形)
little by little:すこしずつ
definitely:確実に
am not good at…:〜が上手じゃない
selfie:自撮り
Takes…:〜がかかる、〜を必要とする
bearable:耐えることができる、見ることができる
a bit of:少しの
practice:練習
tips:ヒント、コツ

Support your going overseas :)|海外進出サポート中♪

こんにちは!
世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です。

フルーツティーいただきました♪

One of the projects I had started this year is helping artists, business persons and those with interesting projects to go overseas. Of course, I am happy to help those who are outside of Japan coming here as well. :) 今年始めたプロジェクトの一つが、日本のアーティストさんや、ビジネスをしている方々、他にも面白いプロジェクトをお持ちの方の海外進出をサポートすること。もちろん、同様に海外の方が日本に来るお手伝いもしております。

真剣な私(笑)

Few days ago, I had a meeting with a client as well as a friend of mine, Ms. Koka Maeda, and a very experienced consultant. She is a remarkable Japanese calligraphy artist and we were planning her going overseas. Exciting!!! (See, how serious I look in the photo? giggling) I had been talking to few friends of mine overseas. It is going to be interesting. 🙂 🙂 :) 数日前、クライエントさんで友人の前田紅華さんと、経験豊富なコンサルタントの方とのミーティングがありました。彼女素晴らしい書家さんで、現在彼女の海外進出を計画中。わくわくしますね!(写真の私、真剣でしょ(笑))海外の知人友人何人かと話もしていて、ふふふ〜これからが楽しみです!

****************
project:プロジェクト(英語のプロジェクトには、仕事に限らず取り組みという意味でも幅広く使われます)
had started:開始した
those with:〜を持っている人々
go overseas:海外へ行く、海外進出
of course:もちろん
those who:〜な人々
as well:同様に

few days ago:数日前
experienced:経験豊かな
remarkable:素晴らしい、賞賛に値する
Japanese calligraphy:書道
exciting:わくわくする
I look:私が〜のように見える
giggling:クスクス笑う
let’s see:let us seeの略(この ‘s は is じゃないですよ(^^)見てみましょう

藍子流言語習得方法♪ 基礎編

こんにちは!
世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です。

先実更新した、藍子流言語習得方法♪ 発音編に続き、基礎編です!

藍子流言語習得方法♪ 発音編を、まだ読んでいない方はこちら↓
http://wp.me/p8cdli-gV

私の言語習得の目標は
「話せるようになること」

大人の言語学習に大切なことがあるんです。
それは、すぐに成果が感じられること。
私たち大人はせっかちで、
自分の目標に近づいていないように感じると
嫌になってしまうんですね(^^;

なので、「話せるようになりたい」のであれば
「とりあえず話せるようになること」が喜びになります。
そして、その喜びがやる気につながります。

2016年9月にフランス語の発音を勉強した後
次のフランス語熱は同年11月(笑)

11月は、とりあえず話し始められるように、
文字情報なしでフランス語の基礎の基を勉強しました。

ここでポイントなのは、
教科書や本などの視覚情報を入れずに、
CDの音声情報で学んだこと。

英単語を言われてわからなかったけど、見たらわかった!
リスニングは苦手だけども、言われた文章を見ればわかる!

こんなことないですか?

これは、視覚情報から先に学んでしまったからなのです。
教科書も、本も、紙媒体も文字も、悪くはないのですよ!

でも順序が逆!!!

本来、音が先。そして文字。

効果的な言語習得方法という意味では、
音声学習が先。文字情報が後。これ、私の信念&教育方針です。
ただ、私の元に英語を学びにいらっしゃる方は、
もちろん学校などで文字学習から始めた方ばかりなので、
なかなか音声から始めました!という方はいないのですが・・・(苦笑)

先に音声情報から学んだ法が、リスニングのスピーキングも
早くできるようになるし、先に音声で学んだ言語を
見て勉強した方が学びも早いのです。
ご存知でしたか?

世界で何ヶ国語も話すPolygrot(多言語話者)の皆さんは、
この仕組みを体得している方が多いのです。
でも、彼らは必ずしも教えているわけではないので、
なかなか「音声先!」という事実は表には出てこないような気がします。

さて、フランス語の発音を一通り学んだ私は、
実際話すレッスンをしたかったのです。
しかし、一般的に「何語を教えています」という方は
「何語が話せます」というだけの方も多いのです・・・
つまり、皆さん教え方が視覚情報に頼りすぎ。

教え方が上手な人でも、
従来の教科書を用いた教育方法を用いていて
視覚情報が話すことの障害になっているということに
気づいていない先生方も多いんです。

もったいない。

私はどうしても話せるようになりたかったので、
とりあえず話し始めるだけの基本的な文法や概要は
口頭のみで教えて欲しかった!

ということで選んだのがCDの教材でした。
そして音声教材って、音声であれば良いというわけではありません。
説明が音声で流れてくれば良いというものでもないし、
覚えなければいけない文が訳と一緒に流れればいいというものでもない。

ただ単に聞いていればいい!というわけでもなく(^^;

ちゃんと、その言語を脳に学ばせる方法があって、
「フレーズや単語を紹介する」教え方ではなく、
「その単語を実際に頭で組み立てて話し始めさせる」教え方があるのです。
学んだその瞬間から、話し始めることができる教え方。

世界では俳優さんや政治家、外交官など一流の人が学んでいる方法。
言語に限らず、アリストテレスの時代から使われてきた学びの手法で、
今でもハーバード大学などでも使われている手法です。
私はその手法で5時間ほどフランス語の基礎を学びました。

残念ながらこの教材日本人向けには作られていないのです(^^;
つまり、英語ネイティブの方が、他の言語を学ぶためのもの。

でもね、英語をこの手法でできないの?と思っている方、ご安心ください。

私のレッスンでもコーチングでも、同じ手法を取り入れています。
教科書がなくても辞書がなくても話しはじめることができます(^^

私が5時間でフランス語を話し始めることができたので、
皆さんにも英語を話し始めることができますよ(^^

ということで、2016年9月に発音を勉強し、
11月に5時間ほど基礎の基を勉強。
次はまた時期が空いて1月(笑)
あ、私気まぐれなもので・・・(^^;

また次回何をしたのかご紹介しますね!

Thanks for reading.
Hope you have a wonderful day. 🙂
Aiko

Another Graduation. :)|もう一人卒業です(^^

こんにちは。世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です。
今日はちょっぴり切ないけど嬉しいお話(^^

今日はカフェのテラスでブログ書いてます(^^

This Monday, one of my students graduated from me. Of course I am happy but I am a little sad too. 🙂 We met earlier this year and her reason for taking lessons was because she was to go to Vancouver, Canada, for a while to study English. The lessons with me was a preparation for her study trip. Her communication skills, listening ability and speaking speed improved over the several months. It is so nice to see the changes. 今週の月曜日、また一人生徒さんが卒業されました(^^ もちろん嬉しいことなんですが、でもちょっと寂しいな。出会いは今年のはじめ、彼女のレッスンを始めた理由はカナダのバンクーバーにしばらく留学するから。その留学準備のためでした。彼女のコミュニケションスキルも、リスニング力も話すスピードも、ここ数ヶ月でだいぶ変わったな。この変化が見られたことはとっても嬉しい♪

I enjoyed the lessons with her as always but the time flies! This week, she is leaving to Canada. I wished her all the best in her life in Vancouver however short and we promised to meet up in Vancouver! I am looking so forward to it. どのレッスンもそうなのですが、彼女レッスンももちろん楽しみにしていた私。時が発つのは早いです。今週彼女はカナダへ発ちます。短くてもバンクーバーでの生活を満喫してね、そう言って送り出しました。そして、バンクーバーで会おうねと約束!とっても楽しみです(^^

外はきもち〜よね〜♪

******************
graduated from:〜から卒業する
earlier this year:今年のはじめ
reason for:〜の理由
for a while:しばらく
to study:勉強するために
preparation for:〜の準備で
ability:能力
improved:(improveの過去形)上達した
over the several months:何ヶ月かにかけて
several:いくつかの、5〜7くらい

as always:いつも通り
the time flies:時間が経つのは早い
Is leaving to Canada:カナダへと発つ予定(進行形 is -ing は近い未来の予定にも使えます)
wished:(wishの過去形)願った
all the best:健闘を祈るの健闘、幸運など、すべての良いこと
however short:短いながらも
promised:(promiseの過去形)約束した
meet up:落ち合う
am looking so forward to:soはとっても、とっても楽しみにしている

Could I be a geek?|私もしかしてオタクだったりする?

こんにちは〜
世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です♪

カフェは外の見える席で♪

So as you know, I am learning French now very seriously. I have been reading my second French grammar book for two days now. On the contrary to the first one which was thin and easy, this one is really a detailed grammar book: something you probably use as a reference. It is about 3 cm (1 inch) in thickness. However, I am reading from chapter one as if I am reading a novel! Hahaha.  先日宣言した通り、今フランス語に本腰入れているわけなのですが、現在2冊目の文法書を熟読中。二日目です。最初の本が薄くて簡単だった一方、これは本当に詳細な文法書で、きっと読み物としてではなく参照するための本として使う方も多いのでは。3センチ弱位あります。それなのに、まるで小説を読んでいるかのように第1章から読んでいる私(笑)

この本結構厚いのです(^^;

I also realized yesterday that it is such a joy reading this book. Grammar essentially shows how the native speakers see the world and form their logic, so this is like I am looking at the world from French eyes. Also, the author is very knowledgeable even to be able to make comparison to English grammars. His comments and insights are sheer joy to read. So, I am carrying this book everywhere with me and savoring word by word. そして昨日気がついた、私この本を読むのものすごく楽しい(笑)文法って、突き詰めるとその言語を話す人たちがこの世界をどのように見ていてどのように論理を組み立てているのかなんですよ。だからこの本を読むことでフランス色のメガネを借りて世界を見ているようなもの。そして、この著者の方がとても博識で、英語とフランス語の文法の差にまで言及してくださるんです。彼の添え書きや見識もただただ読んでいて面白い。と言うことで、この分厚い文法書をそこここに持ち歩き、一字一句楽しんでいる私です。

中身は・・・本当に文法書♪ 楽しい(笑)

Now, a question came to my mind “Could I be a geek…?”
そして、思った。これってやっぱりオタクなのではないかしら?

************

as you know:知っているように
seriously:真剣に
grammar:文法の
on the contrary to:〜とは逆に
the first one:始めの(この「one」「の」は文脈から「book」です)
thin:薄い
detailed:詳細な
probably:多分
reference:参考文献、参照
inch:インチ(アメリカなどで使われている長さの単位、日本にもテレビや自転車に残っていますね)
in thickness:厚さ
however,:しかし
chapter one:第1章
as if:まるで〜かのように
novel:小説

also:そして、
realized:悟った(過去形)
such a joy:なんて楽しいの!
essentially:エッセンスでは
show:示している
form their logic:思考をする(直訳:理論を形成する)
from French eyes:フランス人らしい視点から(直訳:フランス人の目から)
author:著者
knowledgeable :知識が豊富な、博識な
even:〜さえも
be able to:〜ができる
make comparison :比較する(直訳:比較を作る)
insights:見識(複数形)
sheer joy:純粋な喜び
carrying:持ち運んでいる(進行形)
everywhere:何処へでも
savoring:味わう
word by word:一字一句

a question came to my mind:質問が浮かんでくる(直訳:質問が私の心にくる)
Could I…?:〜ということってありうるかしら?
geek:オタク