【藍子さん、レッスンしながら英語でコーチングしているでしょ?】

こんにちは(^^
世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です。

表題のコレ↓
「藍子さん、レッスンしながらコーチングしているでしょ?」
先日生徒さんにさらっと聞かれたことです。

してるかもね(^^
してないかもね(^^

どっちなんですかっ!?って突っ込まれそうです(^^;

している時もあります。
していない時もあります。

あんまりおおっぴらに「英語レッスンをしながらコーチングしてます!」とは
宣伝していませんが、クライエントさんが必要だなと思ったら、

ちょいちょいとつついて壁を取り去ったり、

気づきが得られるように質問してみたり、

えいっとクライエントさんの視野を広げてみたり、

別の角度からものを見せてみたり、

確信や自信が持てるようにしてみたり、

そのときに必要とされている言葉をお伝えしたり、

1時間終わった時に、何かスッキリしたり、悩みが解決していたり、
次の日が楽しみになったり、元気が出ていたり、
そうなるようにちょっと工夫しています。

もしそれをコーチングと呼ぶのであれば
コーチングなのかもしれません(^^

よく言われるのは、コーチングとはあなたの中にある答えを引き出すこと。

私もクライエントさんお悩みや状況に対して、
「正しい答え」をお渡ししているわけではないのです。

そもそも、英語には正しい文法や単語があるけれども、
人生における悩みや課題、考え事の答えなんて、星の数ほどあって、
あなたにぴったりの答えを私が持っているとは限らないんですね。

それでも私の英語・日本語レッスンから、語学レッスン以上のものを
お受け取りになられて、何かがすっきりして帰ってくださる方が多いようで
なんでかなとちょっと考えてみました。

まず、英語レッスンって毎週1回1時間の方が多いのですが、
毎週1時間じっくりで話すって結構な時間数なんですよね。

あ、もちろん皆さん英語で会話しているので、
今お話ししているコーチングも英語でコーチング受けていることになります(^^

そして、毎週毎週会って近況や他愛のない話、仕事の話などしているのですが、
時間が経つにつれ、英語も上達しより深い話ができるようになりますね。

すると、そのうち
「そういえばこの前のあれが・・・」
「前話したやつ、こうなった」
「ちょっと最近問題があってね。」
「今、こんなこと考えているんだ」など
毎週一対一であっているからこそできる話ができるようになるのです。

そして、私は家族でも友人でも同僚でもない、第3者。
ほどほどの距離感があって、でも、毎週、じっくり話をしている人。
だからこそ、話せることがあるのではないかと思います。

また、レッスンではクライエントさんに英語の発話練習をしていただくため、
私は基本、聞き手に回ります。もちろんリスニングのために話したり、
会話を弾ませるため、単語や表現を教えるために私が話したり、クライエントさんが
風邪で喉を痛めていたらリスニングの比重を増やすなどはしていますよ。

でも、まずはクライエントさんの話を聞くのが私の役目。
そこから、英語で自己表現ができるようにしていただいています。

そうして毎週クライエントさんの話を聞いていると、
皆さん、その時々でちょっと気になっていることとか
悩んでいることとか、お話してくださるのですね。

私がすることは、それに対して質問したり、
ちょっと別の方向からお話してみたり。
本当にそれだけなんです(^^

そうすると、皆さんそこからそれぞれに必要な
情報や気づきを得て、持って帰ってくださるのですね。
それが、次のステップに進むためのちょっとした鍵や解決策、
ヒントだったり新しい視点だったりするようなのです。

きっと、それをコーチングを受けているように
感じてくださる方もいるのでしょう。

どうしてそうなっているのか(^^
なんででしょうね(^^
ふふふ♪

私もよくわかりません(笑)

昔コーチングを勉強していたこともあるのでそのおかげかな。

まだ30代前半ですが、私なりに日本と海外で、ビジネスでプライベートで
いろんな波乱万丈を経てきているので、そのおかげかな。

ひとりひとりと、じっくり向き合うこの仕事を
ずっとしてきているからかな。

ものすごく幅広い層や職業の方々の人生を垣間見る機会を頂いていて
そこから私自身たくさん学ばせて頂いているいるからかしら。

でも、私がひとつ思っていることがあります。

それは、どんなお話でも、そのクライエントさんがそのお話を
その時そのタイミングでしてくださっているのには
なんらかの意味があると思うのです。

全然意識していないかもしれないけれども、
「How are you?」「How are things?」という
漠然とした質問に出てくる答えって、
やっぱり頭にふと浮かんだ理由があるのです。

それはもちろんクライエントさんは意識していないと思いますし、
私も意図して聞いているわけではありません。

でも、だからこそたまたま話題に上ったことって
偶然は必然とでもいうような意味があると思うんですね。

だから、もしそれが悩みだったり、相談だったり
ちょっとした問題だったりした時には、
なにか私がお伝えできることがあるのではないかなと、
心して受け取って、お答えするようにしています。

もしかしたら、その時そのクライエントさんにとって、
そのお話をすることに意味があるのかもしれないし、
私がその話を聞くことに意味があるのかもしれない。
または、私が投げかける質問かもしれないし、
私の返す言葉に何かあるのかもしれない。

もしかしたら何もないのかもしれないけれども、
でもこの宇宙、理由のないことは起こらないんですよね(^^

全ては必然で起こる。

それはひとつひとつの会話も同じ。

というわけで、私にとって英語レッスンも日本語レッスンも、
単なるレッスンを超えた意味を持っているんです。

もちろん、ちゃんと言語習得という目標を達成できるように
一回一回、全力を尽くしています。

そしてそれに以上に、もし私に何かできることがあるのであれば
目の前に座ってくださっているクライエントさんの力になれるのであれば
それには真っ直ぐな気持ちで向き合いたいと思っているのです。

久しぶりに、ちょっと真剣なお話
長くなってしまいました(^^

読んでくださってありがとう(^^

レッスンでお会いしましょう。

藍子

Breakfast at a Hotel|ホテルでの朝ごはん

こんにちは!世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です。

Good morning! It has been quite hectic few weeks and now it is calming down. Just to treat myself, I am having a breakfast at a nice hotel before meeting a client. Hotel breakfast reminds me of the time I did training and consulting for hotels in Vancouver, Canada. My old sweet memories. Hope you have a wonderful day!

おはようございます(^^ だいぶ予定のつまった週でして、そろそろやっとちょっと一息つけそうかな。少しゆったりとした時間を自分に、と思ってクライエントさんとの約束の前にホテルで朝食をいただくことに。ホテルの朝食って、カナダのバンクーバーでホテルの研修やコンサルティングの仕事をしていた頃を思い出すのです。私の古き良き思い出。皆様今日も素敵な1日を!

***************
quite:結構
hectic:忙しい
calm down:落ち着いてくる
to treat myself:自分自身へのご褒美で
remind me of:私に〜を思い出させる
training:研修
consulting:コンサルティング

Bamboo Shoot and My Art Career |筍と私の芸術への道

こんにちは!
世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です。

先日のケファミルクの続きの投稿(^^;
ケファミルクのお話〜

ねじれた木〜

To recover from the kefir damage, I stopped by at a park. This tree is interestingly twisted. It reminded me of my sculpture in an art class. I wanted to express springing energy of nature like this and ended up carving a bamboo shoot with which something went wrong. The day I gave up on my art career! ケファミルクからの回復を図るため、公園に行ってした。この木ねじれてて面白い。昔美術の授業で作った彫刻を思い出す。ちょうどこんな感じの芽吹く自然のエネルギーを表現したくって、できあがったのがねじれた出来損ないのタケノコ。芸術への道を諦めた若かりし頃です。

ぽかぽかの春の日♪
いい天気ですね〜

************

to recover:回復するために
kefir:ケファ(発酵乳の一種)
stopped by:寄り道した
interestingly:面白く、興味深く
twist:ねじれる
remind me of:私に〜を思い出させる
sculpture:彫刻
express:表現する
springing:湧き出る
like this:このような
ended up:結局〜になった
carve:彫る
bamboo shoot:たけのこ
something went wrong:何かがおかしな方向へ行った

Joel Robuchon♪|ジョエルロブション♪

こんにちは〜
世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です。
How are you doing today???

ジョエルロブション発見!

I was going to stop by at a cafe to upload some blogs and this poster caught my eyes at Le Cafe de Joel Robuchon! I love his bread. As a rule, when you have something savory, you need something sweet. So I got one of this pie with lamb in the poster and a brioche based sweet bread. I love pies, brioches, anything tasty. Ah, ecstatic!ちょうど京都のブログが溜まっているので、どこかのカフェに寄ろうかなぁ〜と思っていたら、新宿のLe Cafe deJoel Robuchonでこんな広告発見♪やっぱりJoel Robuchonは美味しいよ。塩っ気のもの食べたら、甘いものが食べたくなるのは常なので、一緒にブリオッシュのパンも購入〜。パイも大好き、ブリオッシュも大好き、美味しいもの大好き、幸せ〜♪

大好物のブリオッシュ♪

Ah, yes. I did buy the pie in this poster but it looked so good that I completely forgot to take pictures before I ate… This photo? Ito ok a shot on the way out. ;)あ、肝心の広告にあったパンも買ったんだけど、あまりにも美味しそうで写真撮る前に食べちゃった(笑)ので、お店の外から写真を取り直す私です・・・

ラムのパイ♪のポスター(笑)

*********
was going to…:〜するつもりだった
stop by at…:~に立ち寄る
upload:(記事を)あげる、アップロードする
caught my eyes:(catchの過去形)目に止まった(直訳:私の目を捕まえた)
as a rule:お約束通り、(直訳:規則として)
have:食べる
something savory:何か塩っ気のあるもの
something sweet:何か甘いもの
lamb:ラム肉
brioche:ブリオッシュ
ecstatic:とっても幸せ!
did buy:確かに買ったよ!(通常buyの過去形「買った」は「bought」ですが「did buy」は強調表現になります)
so good that…:とってもよかったので〜でした
completely:完全に
forgot:(forgetの過去形)忘れていた
ate:(eatの過去形)食べた
took a shot:(takeの過去形)ぱしゃり(と写真をとりました)
on the way out:帰りがけに

イメージを使って英語を身近に学ぼう!

こんにちは!
世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です。

【4月24日配信のニュースレターをご紹介します(^^】

先日クライエントさんからご質問をいただきました。それを
共有しつつ、今日は画像を使って英語のイメージをより具体的に
掴む方法をお伝えしますね。

===========================
  最初にこの文章を読んでみてください(^^
===========================

飲食業界でお勤めの彼女、英語の練習に専門分野でもある
ケーキの表現を学んでいます。
このようにクライエントさんそれぞれにぴったりの教材を
使って学んでいくので、楽しいですよ。
とあるケーキの説明が下記でした。

=================
This lemon meringue pie is the French version made from freshly squeezed lemons and crème fraiche which is then baked and topped off with a fluffy meringue.
=================
参照)https://www.koekela.nl/en/product/citroen-meringue-groot/

なんとなくイメージは沸きましたでしょうか?
全然専門外の方もいらっしゃると思うので、
単語と訳を書いておきますね。

=================
単語:
meringue:メレンゲ(卵白でできたお菓子)
freshly squeezed:しぼりたての
crème fraiche:クレームフレーシュ(脂肪分28%のサワークリームの一種)
topped off with:上に乗っている
fluffy:ふわふわの
=================

=================
訳:
This lemon meringue pie
このレモンメレンゲパイは

is the French version
フレンチ版(のパイ)です

made from freshly squeezed lemons and crème fraiche
しぼりたてのレモンとクリームフレーシュでできていて

which is then baked and
それから焼かれて

topped off with a fluffy meringue.
ふわふわのメレンゲが上に乗って(いる)
=================

=================
一文にすると:
このレモンメレンゲパイは、しぼりたてのレモンとクリームフレーシュでできていて、それから焼かれて、ふわふわのメレンゲが上に乗っているフレンチ版のパイです。
=================

===========================
  英語を読んでイメージが湧きますか???
===========================

さて彼女の質問がこの「topped off with」の部分。
単語はそれぞれわかるんだけれども、具体的なイメージがわかない・・・。

日本語にすると、「上にちょんと乗せる」とか「ふわっと乗せる」と言う
感じなのですが、どんな状況で使うかなかなかわからないですよね。

そんな時に便利なのがGoogleの画像検索です(^^b
https://www.google.co.jp/imghp?hl=ja

===========================
  Google 画像検索の便利な使い方
===========================

1.
まずはGoogleの検索欄に英語のフレーズを入れます。

この時に半角の “ ” で囲むようにしましょう。
ちなみに “ ” は英語の「」です。

“ ”は「これと全く同じ文字列を探してね」という意味になるので、
このフレーズにぴったりの画像が出てきます。

2.
次に、検索枠のすぐ下、画像では「image」と書いてありますが、
日本語のGoogleをお使いの場合は「画像」と書いてあります。

これをクリック!すると、”topped off with”をキーワードにした
検索結果が写真で出てきます。
ここまではみなさん見たことがあるかな。

3.
次に、気になる画像をクリックしてみましょう。
すると下に大きい画像とその写真についている文章で
検索したキーワードが入っている文の抜粋が出てきます。

これは上にフォアグラがのっている写真。そして英語の説明が
Tenderloin topped off with foie gras.

Topped off withのイメージが湧きやすいですね。

こんな感じで、画像を幾つか見てみてください3〜5枚ほど見れば、
どういう使い方をするのか言葉のイメージが湧くようになります。

百聞は一見に如かず。

画像とともにフレーズを見たほうがより脳に吸収されやすく、
より生きた英語が身につきます。

無料のツール使うしかない!
ぜひお試しください〜(^^

===========================
  まとめ
===========================

Google画像検索って、携帯さえあればいつも簡単にチェックできるもの。
英語は文字列として学ぶのではなく、映像や画像も一緒に検索すると
より知識として定着するもの。

Enjoy Googling!
Aiko

自然のススメ♪飯能天覧山、多峯主山、入間川へのソロハイキング詳細レポ♪当日編

こんにちは!
世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です♪

ということで、飯能ソロハイク当日です〜

飯能駅出発〜♪

 
当日の予定は10時飯能駅を出発で14時ごろ戻ってくる半日ハイク。
さすが飯能はちょっと山の方、着いたら北風冷たっ!!!(笑)
登り始めるまでちょっと市街地を歩くのですが、
寒くて、ネックウォーマーと手袋装着。
 
ネックウォーマーはカナダで友人がプレゼントしてくれたもの。
伸ばせば顔の下半分もぬくぬくになる超優れものです。
手袋はMont Bellのゴーテックス本当に風通さないのね〜
すごいねぇ〜(@@
 
そして、市街地を歩きながら思いました。市街地って迷うよね(笑)
飯能駅出ていきなり、歩き出した方向間違っちゃったよ。
あ、いえいえ、5メートルくらい行って、ん?と思って
戻りましたが、いきなりGoogle Map大活躍です。
 
山では地形図とコンパスと思っていたけど、
飯能駅前でコンパス確認する気にはなれず・・・(笑)
旅のお供、Google様様です〜
 
ということでGoogleのお力添えもあり、無事登山道到着。
はい、ここからはちゃんと山の地図見ます。
一応「山中でGPSが届かないことを想定」してやってみたかったので。
あくまでも想定です。そんな山中に一人で行く気はありません(笑)

ということで、歩き始め〜(^^
さすが平日、人がいないわ。でも緑の中ってやっぱり気持ちがいいね♪
と思って登りだしたのですがね、この登山道、登り始めから急!
本当にこれ〜?なにこれ〜???大変〜〜〜!!!
 
そして、きゅ〜な坂登りながら、思いました。
うん、私自然好きだけど、急な山登るの好きじゃないかも(笑)
いやぁ、ここまで来て何をと言われればそうなのですが、
だって大変なんだもん!中腹に行くまでに次回はフラットな
トレッキングルートを探そうと決意。
尾瀬で湿原を歩く、とかいいかも♪

そんな適当なことを考えていたら、中腹にいきなり出た。
あ〜疲れた。チョコ食べよ(笑)
気を取り直して歩き始めたらそのあとは、緩急ありの普通の登山道。
よかった、よかった。あの最初はなんだったのでしょう?
そんなこんなてくてく登っていくと、山頂に着いてしまいました!
天覧山山頂、到着〜♪思ったより簡単だったかも♪
(と、この頃には、きゅ〜な坂のことは忘れています)
 
山頂には5、6名の方々がバードウォッチングをしているご様子。
「こんにちは」と声をかけてみると、優しそうなおじさまが
鷹を見ているんだよと、いろいろ教えてくださいました。
 
ちょうど渡り鳥のくる季節で、皆さんで飯能を通過する瞬間を
待っているのだそう。天候によって見にくいこととか、
どんな鳥がいるのかとか、たくさん教えて頂きました(^^
 
しばらくお話ししていたら風が冷たくなってきたので、
皆様にお礼を行って体が冷える前に行動開始です。

天覧山、もう少し芽吹いていたらもっときれいだったかも?

次の目的地は多峯主山。地形図をみると比較的なだらかなはず。
歩いてみるとやっぱりなだらかで気持ちの良いハイクでした。
途中時折通り過ぎるハイカーの皆様に挨拶したり、
道無き所からいきなり出てきたおばさまがたにびっくりしたり、
写真撮ったり、水飲んだり、チョコ食べたり。

トトロの道みたい♪

そうそう、登山の時、見ず知らずの登山者に「こんにちは〜」と
声をかけるのは日本独特だよね!と外国人の知人が言っていたっけ。
そういえばカナダでも特になにも言わなかったかも。
あ、別にそんなに登っていたわけではないのですが(^^;

登山道で「こんにちは〜」は日本文化らしい(笑

そして、クマ鈴も日本の文化のよう。
そっかカナダに住んでいる時、リゾートの方ではクマ出たし、
ウィスラーにいく途中の高速道路からクマ見えたりしてたけど
日本で見ないなぁ。見ないけど、みんな鈴つけてるなぁ。

そんなこと考えて40分ほど歩いていたら、無事多峯主山山頂到着〜♪
うん、飯能の町一望できていいね。と思って写真を撮ったものの
あれ〜、自撮りすると文字がおかしいぞ(笑)

自撮りすると、そっか、文字逆になっちゃうのね・・・

ということで、私なしでもう一枚。

ということで、あたらめて多峰主山(とおのすやま)山頂〜

 
山頂の感想。さっむっ!!!!!
晴れていい日だけども、山頂は北風の突風です(笑)

山頂からの景色。本当いい天気だったけど、風強かった!

ここでお昼と思っていたので、岩を風よけにしておにぎり♪
日向はぬくぬくなんですよ〜(^^
梅干しのおにぎり。ちなみに、この梅干し、私がつけました♪
3年ものの梅干しかな。でもこれが実は最後だったの〜(><
今年また漬けられるかな。どうかな。

やっぱり登山はおにぎり♪

 
そんなこんなしていると、下からなにやら黄色い声が。
ん〜???と思ったら、別のルートから幼稚園生がわらわら登ってきました!
総勢20名くらい。山頂が「わぁ〜すごぉぉい!」
「せんせぇ〜きれいだよぉ〜」「やっほぉ!!!」と賑やかに。
 
他にのんびりしていた私たち登山者10人くらい
可愛らしい「やっほぉ」に微笑む〜
いいねぇ〜、子どもたち。かわいい♪
 
お昼休憩を経て下山開始。
別のルートを通って、南にある入間川の方へ向かいます(^^
 
そうそう、本当は山頂でコンパスとか試したかったのですが、
風が強かったので歩きながら。地図の行きたい方向にコンパスをセットし、
実際に地図から目を話すと、ちゃんとコンパスがこうやって
道示してくれるのです。すごいね〜よくできています(^^

これこれ、コンパス♪ちゃんと合わせるとね、こうやっていく方向を指してくれるのです。すごいね!

そして途中神社があったのでお参りして。
 
きのこの写真を撮って。あ、私きのこ好きです(^^)

きのこ〜らぶ♪

岩肌発見♪私、岩も好き(笑)

やっぱり崖が気になる私(笑)

変化があって面白いねぇ〜。

緩やかに下って、川へ向かいます。

無事予定時刻通り、下山完了車道にでました。
で、そのまま道を渡って入間川に行くはずが、また迷った(- – ;
山道迷わないのに、市街地で迷う私〜
川に出る道が見つからず、うろうろ。
よし!こんな時はGoogle先生に聞こう〜(笑)
探していた道はもう少し先でした(笑)

無事道発見!そして川綺麗!感激♪
飛石のような道を渡って反対側へ♪

山二つ登った後は河原へ〜
河原で自撮り〜
河原好き♪

本当はこの先そのまま土手を登って一般道を歩く予定だったのですが、
対岸にトレッキングマップを見つけまして、
私の行きたい道と平行に沿っているではありませんか。

本当に天気のいい日!川のせせらぎが心地いい

そしたら、川沿いの方が楽しそう♪
幸い、整備もしっかりしているみたいだし、
ちょくちょく土手を登って元のルートに戻る道もあるし、
昨日晴れだったし、水も澄んでいるからとりあえず鉄砲水などはなさそう。
という判断の元ルート変更です♪

うん、水のあるところはいいですね〜

川はこんな感じ♪
道も整備してあって、ところどころよいしょっと登るところもあり、
おおぉ〜、こんな平坦なトレッキングが私好みです♪

河原と空。
河原と言いつつ、ちょっとこんなところもトレッキング
これはね、魚の写真を撮ったのですが、、、どこだ?(笑)

そして、水綺麗〜。川いいねぇ〜。
暖かくなったらみんなでバーベキューしたいなぁ〜(^^

最終地点の飯能河原。夏はよくバーベキューをしてますね!

途中で元のルートに戻り、飯能河原を渡って、
さっき歩いた市街地に到着です♪
到着予定時刻5分前。おおおぉ、素晴らしい!

そんなこんなで、藍子のソロ半日ハイク楽しかったなぁ♪
また、行きたいなぁ。今度はカナダでやろうかなぁ。
それとも、東京近郊でみんなでトレッキング行こうか。
 
それいいかも?どうどう、皆さん、英語でトレッキング、する???
 
それでは(^^
Thanks for reading!
 
Aiko

自然のススメ♪飯能天覧山、多峯主山、入間川へのソロハイキング詳細レポ♪準備編

こんにちは!
世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です。
今回は世界ではなくて、飯能へ行って参りました(^^
 
先日の日英対訳型ブログ【Went On A Solo Hike|ハイキング行ってきました♪】にも書いた一人山歩き。
写真とともに道のりを公開します〜(^^
 
まずは、準備から。
きっかけはちょっと前に参加した三浦海岸ハイキング。
(三浦海岸ハイキングのブログはこちら)
それで自然の中に身を置いて歩いて楽しむことにはまりました(^^
 
その後、カナダでもこれからの旅先でもトレッキングを実施しようと
とりあえず、本と調べたことはこちら。

この本では、服装や持っていくものなどをざっと調べるのに使いました。
写真もついてて山ガールの手引きみたいになっています。
 
■女子の山登り入門 小林千穂著

 
それから、しっかり勉強するために読んだのはこちら。

■今そこにある山の危険 岩崎元郎著

 
私は別に雪山に登るつもりも、危険な登山をするつもりもなく、
興味があるのは特に訓練や日々の鍛錬がなくても健康体であれば
さらっと行って、歩いて、半日から1日楽しんで帰ってこれる
そんな低山ハイキングやフラットなトレッキング。

それでも自然は自然。危険を知っているかどうかは大切だと思ったのです。
題名と感覚で選んだ本でしたが、この人よく知っているなぁと
感心して読んでいたら第一人者だったようで、貴重なご意見をいただきました。

それから、ルート選びに使ったのがこの本。
何もわからないので、練習には絶対に危なくないどこかの裏山的な所、
遠足で子供達も登っているような場所で、標識もあり
というちょ〜簡単ルートの選択に使いました。

■東京近郊の入門山ハイク JTBパブリッシング

 
そして、この本。
これはコンパスの使い方と地図の見方を学ぶため。
漫画なので読みやすく、とりあえず今いる現在地から地図を見て
コンパスでどちらに進めばいいのかがわかるように学習。

■地図を読むと山はもっとおもしろい! 鈴木みき著

 
ついでに、YouTubeなどでも幾つか動画を確認しました。
 
ということで準備です。
 
これらの本を参考に、まずは登山計画書を作成。
登山計画書は、山に登る際に管轄の警察署に提出するもの。
メンバーの名前や連絡先、緊急連絡先、ルートなどの登山計画、
装備などを書いて、万が一の捜索の際に使用されます。
 
皆さんも登山に行く場合には作って提出しましょうね。
ネットで提出できる場合もありますし、駅にポストがあったり、
交番で提出したりできるそう。私はネットで提出しました。
 
そして、テンプレートはこのサイトからいただきました。

■ワンダーフォーゲル編集部ブログ
http://www.yamakei.co.jp/wandervogel-editors/2015/post_94.html
 
本を参考にルートを作り、登山地図も参考に所要時間を計算。
ゆっくりしたり、コンパスの練習をしたり、写真撮ったりする時間を含め、
地図に書いてある時間の1.5倍で計算しました。
 
私の登山計画書はこんな感じ。

簡単な山なのに、めちゃくちゃ詳細に書いてあるのは練習用です(^^
短いルートで正しく詳細にかければ、それを大まかにすることは簡単。
長いルートでもできるわけだしね(^^
 
そして、装備準備。あまりお金かけたくなかったのですが、
実家に聞いてみたら、いろいろ揃っているもの!
頭につけるヘッドランプなんてものも実家にありました(笑)
さすが実家。聞いてみるものですね。
 
ということで、いざ出発です〜どうなるのかな。
当日のレポートはまた明日!
 
Thank you for reading!
Aiko