私のカナダ留学に影響を与えた本3冊

こんにちは〜
世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です(^^
いかがお過ごしですか?

先週あたり、春の大掃除だ!とおもい本棚の整理をしていました。
もう読んでしまった本、読まないなぁ〜と思った本、
時期がすぎた本、なんとなく波長が合わなくなった本などを
手放すため、整理♪整理♪

その中で、古〜い本3冊。

もう何十年も読んでいないけれども大切な本がこちらの3冊。
どの本も私の留学することへの大きな力になってくれた本です(^^

その中でも決定的に、私の人生に影響を与えたと思えるのが、
中村佐恵美さんの『ハリウッド女優になったOL奮闘記』

OLとして仕事をして彼氏もいて順風満帆な日本の生活にどこか疑問を感じ
やっぱりハリウッド女優になりたいと意を決し、単身アメリカへ。
英語を身につけ演劇を学び、ハリウッド女優として
活躍するようになった中村さんのお話です。

私がこの本に出会ったのは本当に偶然。週刊誌の広告に出ていて、
「絶対読みたい!」と思い、地元の小さな本屋さんで注文をして、
自分の将来の地図のように自分を重ねて読んでいました。
中学生の頃だったのではないでしょうか。

もちろん華の海外生活〜♪と順調なことばかりではなくて、
大変なことも、苦労することも、たくさん。
そんななか多くを経験し、友人を得て、自分の道を進み
彼女の憧れた生活をしている姿に憧れていました。

その続きである第2巻、『そして輝いて!』
これも女優として不安定な生活や映画業界という
ちょっぴり特殊でな世界で、友人たちの手を借り、彼女なりの居場所を見つけ、
幸せそうに楽しそうに暮らす彼女の体験記。

本を通してそんな彼女を見ることが
「良いなぁ〜♪私もそんな留学&海外生活したい〜♪」
と留学への原動力になったのは言うまでもありません。

そして鴻上尚史さんの『ロンドンデイズ』。実はこの本も留学本(笑)
これは、高校生になってから読んだ本のはず。

あ、昔は演劇にはまっていたのです(^^;
好奇心旺盛でかつ飽き性なので、「過去に興味があったこと」は
積み重ねると富士山より高いのでは・・・(^^;
その演劇の話もいつか機会があれば(笑)

明日は、この『ロンドンデイズ』の続きから。
ではまたね!

Thanks for reading! 😉
Aiko

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中