日本脱出計画その4:海外に長期滞在してみる(ワーキングホリデー編)

こんにちは、世界を旅するコミュニケーター・英語コーチの藍子です。

海外で暮らして働いてみたいという方、
年齢制限があるのですが、ワーキングホリデーはいかがでしょう?
自分の好きな街と好きな環境で住んで働くことができます。

beach-1246646_1920

30代未満の方はワーキングホリデーが使える国もあります。
オーストラリアは35歳までワーキングホリデー可能だそうです。

ワーキングホリデーとは、
他国の文化を知って、語学を学び、働いてみたいという
若者を支援するためのシステム。

いくつかの国と日本が協定を組んでいて、
ワーキングホリデーというシステムを使うと、
1年分のビザが自動的に降りて、その間に勉強と仕事ができるという
とっても素敵なシステムなのです。

普通海外で仕事をするには、
仕事を見つけて会社を通してビザを申請するという手続きが必要なので、
真っ向から行くとハードルが高いのです。

一方、ワーキングホリデーの場合は、仕事見つける前にビザがもらえちゃう。
しかも、仕事はなんでもいいし、ビザがあるから仕事見つけるのも簡単。

そんな期間限定で若者向けに「海外暮らしお試しビザ」を
発行してくれるのがワーキングホリデーというシステムです。

年齢や、年間のワーキングホリデービザの発行部数が決められていたりと
いろいろ制限があるので、詳しくは各国大使館にお問い合わせを(^^))

私は、大学留学して、現地で仕事を見つけて
ビザ申請という流れを経たので
ワーキングホリデーを使用することはありませんでしたが、
カナダにいた時は、ワーキングホリデーを使って
滞在している人もたくさんいらっしゃいました。

バンクーバーで、2、3ヶ月語学学校に通い、
その後は、その人の興味や経験をもとに、
和食レストランで働いたり、ツアーガイドをしたり、
日本人経営の美容室で働いたり、職種は様々。
英語が得意な人は、日系企業でなくもっと英語な環境で働く人も。

そして、バンクーバーはウィスラーというスキーリゾートが近いのですが、
ウィスラーで冬季は特にリゾートの仕事につく人も多かったです。

特に冬はリフトの年間パスが付いてくるので、
スキースノボー好きの人は年間パスをもらい、
ホテルやゲレンデでアルバイトをしつつという方も
たくさんいらっしゃいました。

簡単に住んで仕事をしてみることができるワーキングホリデー。
実はそこから会社にスポンサーになってもらって
普通の就労ビザに切り替えたり、
彼氏彼女を作って結婚して永住権得たりという方もいるので、
期間限定と言いつつ、先はあることも♪

もし興味があったら是非調べてみてくださいね(^^

では、次回は、プチ移住、2拠点に住んでみるお話しを。
See you tomorrow!
藍子

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中