あなたの心の故郷はどこですか?

こんにちは。世界を旅するコミュニケーター、英語コーチの藍子です。
いつもブログを読んでくださってどうもありがとう(^^

今日は、心のふるさとのお話。
みなさんにとって、心のふるさとってどこですか?
「あぁ〜帰ってきたな」と胸がジーンとする場所はありますか。

私にとって心のふるさとは、
大学時代から8年過ごしたカナダのバンクーバーです。

vancouver_ib

バンクーバーに初めて行ったのは高校2年生のとき。
ホームステイプログラムで1ヶ月滞在したのですが、
その時、カナダでは自分がとても無邪気で素直で
とても自然体でいられたのを覚えています。

もちろん普通の高校生でしたので英語もまだまだ、
ホストファミリーとも片言にジェスチャーで乗り切った滞在でしたが
それでも、あの時あの街でとても元気で、最高に楽しかったのです。

その後、英語の猛勉強をし、無事大学留学。
やはり初めに感じた「This is my home.」の感覚は、
向こうに住んでいた時も、そして今でも変わりません。

去年2016年も、高校生の時に出会ったホストファミリーに会いに
そして、魂の洗濯をしにバンクーバーへ行ってきました。

久しぶりに降り立った去年の夏。
空港に降り立ってから税関に向かう空港の通路から
バンクーバーの山並みが一望できるのですが、
それが目に入った途端「あぁ〜また帰ってきた」と目頭が熱くなりました。

それは8年も過ごした思い出があるからと言うのももちろんありますが、
それ以上に、もっと深い心の奥底から、
「ここは私のhome=還るべき場所だ」という温かい感情が
じ〜んと湧き上がってくるんですね。

みなさんのそんな場所はどこですか。

私は小さい頃から、なんか日本って生きにくいなって感じていたのです。
私のプロフィールにもそのメッセージが書いてあるので、
まだ読んだことがない方はそちらを先に読んでくださいね。
世界を旅するコミュニケーター・英語コーチ藍子からのメッセージ

もちろんそれには、本音と建前の社会や、
慣習や伝統が根付いた社会、出る杭は打たれるような文化など
いろいろ理由があるのだと思います。
そして、もちろん時代も社会も、変わりつつもありますし、
それらが一概に悪いわけでもありません。
大人になった今は、だいぶ調整もできるようになりましたし(^^;

ただ、そんな息苦しさから私を解放してくれたのが、
バンクーバーだったと私は思っています。

自分を解放できる自然体で居られる居場所って、
私はとても大切だと思うのですね。
常にそこにいなくてもいいのです。
外に出ていてたまに帰ってくるのでもいいと思います。

でもそのような自分を支えてくれる場所があるということは
やっぱり素敵な事だと思うのです。

もしまだその場所が見つけられていないというあなた、
私が昔からなんとなくカナダが気になっていたように
(そういえば、中学1年の地理のレポートでカナダについて
書いていました!今、唐突に思い出しました(笑))
きっと心の奥底では、あなたも知っていると思います。
あなたの心のふるさとがどこなのか。

英語をやりたいなと思ったり、最近妙に海外行きたいなと思う方、
なんかあの街気になるな、わからないけれど行ってみたい場所がある、
そんな地域や国、街がある方、
その心の声を大切にしてあげてください。

きっと、そこにはあなたにとっても大切なものがあるんです。
それは一生ものの友達かもしれないし、
第2の家族かもしれない、
あなたの心のふるさとかもしれない。

まだ心のふるさとに出会っていない人へ。
あなたにも、この地球のどこかに必ずあります。
あなたを待っている場所があります。

そんな心のふるさとに
早く出会えることを願って(^^

Thanks for reading.
藍子

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中